2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 4/20:JAPAN SWIM 2008 観戦記 | トップページ | 4/26:アウェーでも美女に完勝! »

4/25:寝台特急富士号西へ!

◆横浜→東京→→→:はれ

 今週もぐったりの1週間だったが、どうにか金曜日までたどりついた。幸い、今日は、おだやかな1日だったので、予定通りに17時に退社して東京駅へ。
 明日の負けられない決戦に向けて、乗り込むのは、なんと寝台特急富士号。最後まで残った東海道夜行列車だが、もうこれが最後の機会になるかもしれない。おなじみの24系だか14系だかのブルーの車体は、よく見るとボロボロであり、車内販売もなければ、ロビーカーもないし、シャワーもないという。飲まず食わずで決戦に向かうわけにはいかない。何しろ16時間の乗車なので、明日の朝食も必要になる。叙々苑の焼肉弁当、キットカット、チップスター、アサヒスーパードライ、サントリー烏龍茶、キリンレモン、オレンジジュース、おにぎり2つ、夕刊フジ、DIME、鉄道ジャーナル、そして、千疋屋総本店の新作ダブルオレンジ杏仁を購入してようやく万全の態勢が整う。乗車券と特急券、寝台料金をあわせると、飛行機の正規料金と同じくらいであるのだけれど、事前のお買い物だけど、かなりの物入りである。10番線から、定刻18時3分の発車。
 北へ向かう寝台特急とちがって、東海道を西下する場合、品川、川崎、横浜と通勤で慣れた路線を行く。日頃、ぐったり通勤している風景を、個室の窓からぼんやり眺めるのはよいものだ。
 18時27分に横浜駅到着。ゴルフバッグをかついで斉須さんが登場。GWの始まりともいえる金曜日で、富士号、はやぶさ号は満員とのことで、発売初日に斉須さんがゲットした我らの個室もかなり離れている。今までならロビーカーでゆっくり懇談するところであるが、やむをえないので、斉須さんの個室にてビアとウーロンサワーで乾杯してお弁当をいただく。
 25年くらい前に、斉須さんと遠征していた頃ならば、食堂車もあったし、車内の探検や、停車駅でダッシュして、ジュースを買ったり、スタンプを押したりとかいろいろあったのだが、探検するほどの車内でもないし、各駅の停車時間も短いので、やることがない。
 お受験問題、地方競馬オーナーズの印鑑証明問題、鉄道博物館への参戦は、なかなか夫人の了承が得られない問題、モトトレイン問題など検討して、早めに個室へ引き上げて早々に就寝。まもなく静岡到着。目的地の中津までは、まだあと13時間半。

D080425aD080425b

« 4/20:JAPAN SWIM 2008 観戦記 | トップページ | 4/26:アウェーでも美女に完勝! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/25:寝台特急富士号西へ!:

« 4/20:JAPAN SWIM 2008 観戦記 | トップページ | 4/26:アウェーでも美女に完勝! »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録