2020年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 5/24:ワッショイ!ワッショイ! | トップページ | 5/26:春満開の花海道・Part2 »

5/25:春満開の花海道・Part1

◆札幌→旭川→朱鞠内湖→風連→滝上→紋別:くもり時々あめ

 6時起床。朝風呂。朝食ヴァイキングの営業が7時からとのことで、時間がないので断念。札駅へ向かい、ニッカンと道スポでファイターズ大勝を振り返りながらかに寿司をいただき、スーパーカムイ3号にて出発。外は今にも泣き出しそうな天気。札幌は、朝から雨になりそうだが、道北、道東は、もう少しもちそうなので、雨から逃げる形で東へ向かい、時間との勝負。
 車内で熟睡して、9時20分に旭川到着。トヨタレンタカーヴィッツ号で出発。札幌で借りてもよかったのだけれど、先は長いし、道央道を走ってもおもしろくないので、旭川まではスーパーカムイの世話になった次第。
 旭川北ICから道央道に乗り、北へ向かう。日本最北の高速を終点の士別剣淵ICで降りて、朱鞠内湖へ。何があるのかよくわからないのだけれど、なんとなく以前から、一度行ってみたいと思っていたところで、たしか、日本の最低気温の記録がこのあたりで達成されている。北の大地では数少ない未踏の地域であって、今回ようやく念願がかなったが、別に何もなかった。「Hokkaido Walker」によれば、湖畔の桜も見ごろとのことだったが、ほとんど終了。

D080525aD080525b
D080525cD080525d
D080525eD080525f

 東へ向かい、今度は、風連望湖台自然公園へ。「Hokkaido Walker」によれば、スズランが見ごろとのことだったが、ここも別に何もなかった。国道239号へ出て、東へ急ぐ。
 「道の駅にしおこっぺ花夢」に隣接するフラワーパーク花夢をひやかして、うどんで腹ごしらえをする頃には、薄日も差してきて、これなら今日いっぱいもつかと思われたのだが、道々137号線に入るとにわかに空が曇りなり、あっという間に運転するのも難儀な豪雨に。これでは、とてもシバザクラどころではない。あと15キロまで来てこれでは、あまりにもあんまりである。

D080525gD080525h

 かすかな希望は、小さいとはいえ峠をひとつ越えることで、札久留峠を越えて、滝上が近づいてくると、空が再び明るくなってきた。久しぶりの滝上公園。奇跡的にほとんど雨は上がり、満開のシバザクラを堪能できた。ここ数年は、東藻琴ばかり訪れていたけれど、滝上のシバザクラも落ち着きがあってよい。
 名残惜しいけれど、明日もあるので、本日のところは、早めに引き上げて、本日のお宿の紋別セントラルホテルへ。220キロのドライブは順調で、ちょうどオークスの発走に間にあったが、大敗。桜花賞、オークスの儲けをすっかり吐き出しつつある。遺憾。昼寝。
 セントラルホテルの1Fには、光明石温泉がある。いわゆるニセモノの温泉だと思うけれど、まぁ、大浴場で疲れを癒して、夕食は、カニつくし。特別美味というわけではないが、ビアとカニしゃぶをいただき、もがちゅーさん単独参戦の東京ドームの結果も気にしつつ、柳本ジャパン最終戦をテレビ観戦。早々に就寝の見込み。

D080525i
D080525j
D080525k
D080525l_2D080525mD080525n
D080525oD080525p

« 5/24:ワッショイ!ワッショイ! | トップページ | 5/26:春満開の花海道・Part2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/25:春満開の花海道・Part1:

« 5/24:ワッショイ!ワッショイ! | トップページ | 5/26:春満開の花海道・Part2 »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録