« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/29

6/29:世界のシュンスケ・ナカムラと世界のユキオ・オカベと姪っ子来る。

◆横浜:あめ時々くもり

D080629a

 寝たろうが過ぎたので、さすがに深夜まで眠れず、9時に起床。昼前に、母と妹と姪っ子がやってくる。2ヶ月ぶりの姪っ子は7ヶ月ということで、だいぶらしくなってきた。母と妹は、到着するなり、
「もがちゅーさんと斉須さんの弟子は同一人物か?」
 と聞いてくる。いかにも同一人物であると説明すると、「ほら、やっぱり!」とか、「えぇ~」とか盛り上がっている。ふたりでずいぶん議論していたらしい。昨年の花火オフで会っているのだが、そのときは、「斉須さんの弟子です。」と自己紹介されたので、妹は、”もがちゅー”と同一人物だとは思わなかったとのこと。それにしても、親子で何を議論しているんだか。
 前回好評だったら、マリノスタウン内の「IVI」さんにてランチ。雨の中、目の前のマリノスの練習場に人だかりがしているので、何事かと聞くと、ナイナイの番組の収録で中村俊輔が来ているという。ちょっとのぞいてみたい気もするが、母曰く、
「あの、ぼーっとした顔の人でしょ。あれは、ダメだ。」
 とのことで終了。しかし、俊輔がダメなら日本人選手は全員ダメではないかと思う。
 だっこもロクにできないおじちゃんにできることといえば、お金を落とすくらいしかないので、トイザらスに参戦して、プレゼントを購入。さらにネット通販でベビーカーを購入させられる。となれば、宝塚記念で取り返すしかないわけであるが、みなとみらい駅地下コンコースで、JRA主催の宝塚記念のパブリックビューイングが開催、世界のユキオ・オカベが来浜しているという。こちらは、母親も一目置く存在であり、4人で参戦。しかしながら、アルナスラインは見せ場もなく、サクラメガワンダーも4着までで終了。
 おみやげにシウマイ弁当を購入して帰る3人を見送るとぐったり。「ザ・マジック・アワー」を見に行く元気もなく、マッサージを求めて雨の中、万葉倶楽部まで歩くのもしんどい。枝豆の残りをゆでて、ビアを飲んで、しょうが焼き弁当を食べて早々に就寝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/28

6/28:寝たろう

◆横浜:くもり

D080628a

 忙しかった6月も昨晩のイベントで一段落。最後は、60名近くが参加しての盛大な打ち上げ。メインイベントの豪華商品の当たるクイズ大会を小生が司会することになり心配されたが、○×クイズでそれなりに盛り上がって、いよいよ残りあと4人というところで、なぜか突然PCが終了。問題も正解も映すことができず、ジャンケン大会になってしまった。2002年購入の初代レッツノート、今では遠征専用機になっているが、北の大地には、何十回も、そして、フランスにもドバイにも台湾にもお伴した名機である。今朝になって、電源は入るようになったが、キーボードがまったく反応せず。アーメン。ナムー。
 元気があれば、軽井沢でお買い物とか、せめて東京へ出て、副都心線参戦とか検討していたのであるが、8時に起床するも、ぐったりして、まったく動けず。ローソンで日経とニッカンと朝食。BSで松坂9勝目を見ながら2度寝。再びローソンへ行き、予約していた「WE LOVE HOKKAIDO」ユニをゲット。
 午後は、クーラーを弱めにかけて、もう何十回も読み返した「遠い太鼓」を読みながら、昼寝。気がつくとなんと19時半。母から、妹と姪っ子が、実家で昼寝ばかりしていて、「ふたりとも寝たろうです。」とのメールが届くが、小生も全く同じだ。
 突然、天ぷらが食べたい気分になったのだけれど、サザンの原坊の実家のあるところの関内の「天吉」あたりまで行く元気もなく、ランドマークプラザの「天国」へ。ここのは、べちゃっとしていて正直あまり美味しいとはいえない。せっかく、外へ出たので、まだ見ていない「ザ・マジック・アワー」でも見るかと思いつくが、上映時間がわからない。「YokohamaWalker」を購入するが、書いてない。シネコンは頻繁に入れ替えるので情報誌が対応できないようだ。ぴあが売り上げ不振になるのもなんとなくわかる。いつもなら、ワールドポーターズのワーナーマイカルへ行くのだが、少しでも距離の近い、109シネマズへ参戦したのが失敗。すでに最終回の上映が始まっていて断念。土曜の最終回が20時からとは遺憾。ワーナーマイカルなら21時45分だから十分間に合っていたのだが。
 環境問題の押し売りには、何度も文句を書いてきたけれど、とうとう、コンビニの深夜営業がターゲットにされたようだ。さすがに、反論も出てはいるけれど、もはや魔女狩りの世界に入りつつある。何度も言っているけれど、今さらブッシュマンには戻れないのだから、大前提は、エネルギーの節約ではなくて、持続可能なエネルギーの開発に置いていただきたい。そのうえで各自がおしゃれとして、省エネを実行するのは悪いことではない。結局、「欲しがりません勝つまでは」が好きな国民性ということになるのだろうか。しかし、戦争に勝つならまだ我慢する価値があるかもしれないけれど、「欲しがりません-6%を達成するまでは」では、シャレにもならない。-6%なんていうのは、所詮、国際政治の力関係の中から出てきた数字で何の根拠もないし、達成したところで、アメリカや中国やインドがガンガンCo2排出していたら何の意味もない。
 まぁ、今日は1日寝たろうだったので、クーラーを少しつけてしまったけれど、地球にはやさしい1日だったかもしれない。競馬予想TV見て就寝の予定。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/06/25

6/25:オールスターメムバー選出

◆横浜・東京:くもり

D080625a

 名古屋4DAYSが終わり、久々に出社。机の上には、電話メモや請求書が散乱しているが、本日は、さっそく別件のうちあわせ。こちらも悩ましい問題ではあるが、一応の結論が出た。あとは、金曜日にまた別のイベントがあるので、これを乗り切れば、懸案がほぼ一段落。早くファーム富田さんあたりでのんびりしたいものである。
 一定の開放感を得て、20時すぎに退社。週刊ベースボールの特集は、「われらが助っ人」。別冊付録で、「保存版日本プロ野球歴代外国人選手写真名鑑」ということで楽しみにしていたのだが、アーノルド、アイケルバーガー、アイルランド・・・とたしかに懐かしいものの、ただの選手名鑑なので、記事としては、それほど読むところがなかった。新川崎までには読み終えてしまう。
 仕方がないので、横浜駅にてsuicaペンギンを購入。さらにみなとみらい駅で、BRIO「セカンドハウスのトレンド情報2008」と、OZマガジン「アートな旅へ」を購入して帰宅しから、オールスターのメムバーを検討。先日、横浜スタジアムでも投票したのだけれど、球場の投票用紙では、ノミネート以外の選手は1人しか選べないので、今いち。我らが小宮山を中継ぎに選出するのが精一杯だったので、再検討。
 以前も書いたけれど、ファン投票でつまらないのは、ノミネート選手が開幕前後の状況で設定するために、この時期には、故障者や不振者ばかりになってしまう点と、投手で中継ぎと抑えを独立させてしまったこと。先発だろうが抑えだろうが、スーパースターが競演するのがオールスターゲームの魅力であって、一時期の藤川などをのぞけば、スーパースターがセットアッパーをつとめていることは少ないのだから、独立したノミネートは不要である。人気のセ、実力のパだった昔、山田、東尾、鈴木の3人で、セ・リーグを完封すると約束して実際に完封したことがあったらしいのだが、それでこそ夢の球宴である。今年なら、パ・リーグは、杉内→涌井→成瀬→岩隈→ダルビッシュで1試合を完成。これは豪華だ。一方のセ・リーグの先発は人材難。いっそのことJFK+岩瀬+クルーンで対抗したらおもしろそうだ。
 23時。SONGSの中村雅俊を見るか、グータンヌーボを見るか。我が家には録画機というものがないので、実に悩ましい。

D080625b

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/23

6/23:山本家本店参戦

◆名古屋:くもり時々はれ

D080623a

 6時45分起床。本日はモリバコーヒーさんにてモーニングプレートをいただく。乗りなれた桜通線も月曜の朝ともなるとさすがに混んでいるが、東京の地下鉄に比べれば楽チンである。
 昨日までの準備を終えて、今日が本当の意味での初日だが、まずまず順調にお仕事も終わり、本日が名古屋最後の夜。となれば、もちろん、味噌煮込みうどんをいただかなくてはならない。遺憾ながら、北の大地を筆頭に、なかなかよさが理解されないのであるが、同行のKさんは、味噌煮込みうどんフリークである。山本屋さんにも、山本家本店と山本屋総本家があって、いわゆる、千疋屋総本店と京橋千疋屋さんみたいなものであり、キタムラとK2みたいなものと思われる。どちらかというと、山本屋総本家の方が本流なのかとも思うが、名駅地下街エスカ店が便利なので、山本家本店へ参戦。正直、東京駅地下街の玉丁さんの1500円くらいので十分なので、2310円は高すぎるのであるが、無事にお仕事も終わったことだし、ビアで乾杯してゆっくりいただく。
 20時すぎに終了すると、地下街は早くも人がまばら。名古屋4DAYS、3日目にして、まだ月曜日ということでちょっと呆然。残念ながらQさま!!には本日も間に合わず。早々に就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/22

6/22:世界の山ちゃん参戦

◆名古屋:くもり時々あめ

 なんかよくわからないけど、ボーリングに関する夢でびっしょり汗をかいて夜中に目が覚めてしまう。二度寝して7時45分起床。ダイワロイネットホテルは、レストランがないかわりに、同じビルにモリバコーヒーとなか卯が同居していて、朝食をとれるようになっている。なか卯のホテル専用メニューをいただき、これまた同じビル内のローソンでニッカンと日経を購入していったんお部屋に。ニッカン一面は、川上憲伸だ。
 スーツで喝!を見て仕事へ行くというのは、なんとも違和感があるが、どうにか17時すぎに終了。本番は明日からだが、ボスも名古屋入りして、今日が一番たくさんのメムバーが揃うので打ち上げというか、キックオフが行われる。いったんホテルに戻り、シャワーを浴びてから栄へ。世界の山ちゃん本店に参戦である。本店といっても、むしろ他のお店よりも狭いくらいであるが、7人で手羽先12人前ほかをいただき、明日に備えて早めにお開き。
 グリン10敗。交流戦V2ならず。リーグ戦再開まで少し間が空くため、楽天は岩隈→マーくんの豪華リレーだったが、ファイターズは、噂されたダルビッシュのスクランブル待機はなし。もちろん目先の5000万のために無理する必要はないのだけれど、余裕ちゃんでいると、後であの1勝がと後悔することになりやすいにもたしかである。結局、ソフトバンクが交流戦優勝。交流戦優勝チームは、その後浮上する傾向があるだけに、ホークスに優勝をさらわれたのはちょっと遺憾。Gにでもくれてやった方がよかったかもしれない。スポーツニュースを見る気にもなれず、フロントでローズアイスジェルの枕をお借りして早々に就寝。

D080622aD080622b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/21

6/21:蓬莱軒参戦

◆横浜→名古屋:くもり時々あめ

 にゃごや出張もいよいよ大詰め。今日から3泊4日で、2日連続の休日出勤。本日は、明日からの準備だけなので、昼前のN700系にて西下。きしめんをいただき、午後から現場のチェック。途中、嵐になるが、無事に終了して、ダイワロイネットホテルさんにチェックイン。今回は、3泊ということで、ホテル選びも重要。9平米のアパの大浴場をとるか、18平米でオープンしたばかりのダイワロイネットさんか迷って後者を選択。旅の窓口で全項目☆5つのお部屋はやはり快適。9平米のアパにはもう泊まれないかもしれない。
 休みなしなので、せめてにゃごやの夜を堪能すべく、あつた蓬莱軒さんでひつまぶしをいただくことにする。本店は遠いので、矢場町の松坂屋本店内の支店へ参戦するが、エレベーターを降りた瞬間にものすごい行列。デパートの食堂街ではちょっとありえない列の長さで大げさでなく100名くらいいる。45分くらい待って、あと30人くらいまで来たところで、小生おひとり様ということで、30人抜きで入場を許される。
 2006V旅行以来のひつまぶし、待っただけのかいあって、さすがに美味である。満足して、地下鉄で名駅に戻る途中に、ファイターズ勝利、そして、敗色濃厚だったベイがライオンズに追いつき、延長で2アウトランナーなしから、村田サヨナラホームランで勝利、さらに、杉内の前に敗色大濃厚だったGが、9回2死から大道の起死回生の一発で同点に追いつく。すばらしい展開である。
 部屋に戻り、NHKでG戦の延長戦。延長12回にホークス勝ち越しを確認してしまったので、東海テレビに切り替えて、人志松本のすべらない話を見ていると、Gがまさかのサヨナラ勝ちだという。すばらしい!これで、残り1試合でファイターズに交流戦自力優勝が復活。マジック1。ダルビッシュの中継ぎ投入も噂されるが楽しみである。
 世界弾丸トラベラーを見て就寝。それにしても、にゃごやって、美女が少ないですね・・・

D080621aD080621b

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/06/16

6/16:子どものケータイ所持規制を望む親の怪

◆横浜・東京:はれ時々くもり

 月曜日の日経というのは、前日が休みなので、いつもと少し違うのだけれど、「MONDAY NIKKEI」もそれなりにおもしろくて、クイックサーベイなども愛読している。本日のテーマは、「『子どものケータイ所持に規制を』親の73%」。先日来、書こうと思っていたテーマだけれど、一般のアンケートならともかく、親の73%が賛成とはいよいよ理解できない。
 もっとも、「国による規制に賛成」は28%で、「地域単位の規制、機能の限定など何らからの規制は必要」というのが45%。地域単位というのは、自治体のことなのかもあいまいだし、機能の限定は、メーカーが限定したものを親が選べばよいともとれるから、アンケートの選択肢の設定がよくないとはいえる。しかし、「できれば規制しない方がいい」、「規制には絶対反対」の合計が23%にしかならないのはあまりにも寂しい。
 自分が親じゃないから、このテの話にはあまりコメントしないようにしていたけれど、小生だって、子どもだったわけで、親の教育を受けてきた。今回のアンケートは、「小中学生の携帯電話の保有を規制すべきか?」である。小中学生の携帯をどうするかなんて、親が決めればそれで終わりである。それ以上でもそれ以下でもない。
 お年玉をためたところで、子どもだけでは、入手はできないだろうし、何らかの裏技でゲットしたとしても、いずれバレるに決まっているのだから、NGと判断したらとりあげればいい。メールもネットもいずれは読み書きそろばんレベルに必要になるのだから有害サイトアクセスのリスクがあっても早く慣れた方がよいと思えば与えればよい。通話機能限定で与えたければそうすればよい。自分が使いこなしていないから不安になるのだろうが、迷ったら与えないのもひとつの選択だ。みんなが持っていると与えないといじめられるとか考える親も多いのかもしれないが、ケータイを持たせようが持たせまいが、いじめられる子はいじめられる。いずれにしても国の規制を求める意味が理解できない。
 一部のテレビ番組が有害だからといって、国が規制しなくても親が見せたくなければ見せなければよいのと同じ。斉須さんの家には、ある時期までテレビがなかった。もちろんテレビを買うお金がないわけではなく、テレビの話題についていけないから多少は肩身を狭い思いをしたかもしれないが、それで斉須さんがいじめられたわけでもないし、ある時期をすぎたらいつのまにかテレビを見るようになり、一転してかなりの大型テレビが置かれていたような気がする。
 小生はといえば、小学校6年生のときにNECのPC-8001をおねだりしていじくりまわして、高校のときには、斉須さんとPC-VANやNIFTYでメールしていた。当時、有害フォーラムが存在していたのかどうかはわからない。そして、まぁ、そうしたことが今の仕事にも役にたっているし、こうして日記を書いているわけでもあるし、将来、何かの役にたつかもという判断は親が責任を持って決めてくれたことである。我が家のルールといえば、小学校低学年のときは、特別な日以外は9時には寝るとか、食事のときは、テレビを見せないとか、外食のときに、親がお酒を飲んでも子どもはジュースをたのまないで水で我慢とか、まぁその程度のものだったけれど、そうしたルールが、成長するにつれて、少しずつ緩和されていく過程で、親は子の成長を認め、子ともも一人前と扱われる代わりに責任も自覚していくということだったと思う。
 子どもにケータイを持たすべきかどうかも判断できない親ばかりになれば、そのうち、子どもが「軍隊に入りたい」と言われたときにも判断できないから、いっそのこと徴兵制にしてくれなんていうことになるのではないか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008/06/15

6/15:イースタンリーグ参戦

◆札幌→横浜:はれのちくもり

 7時30分起床。リッチモンドさんの広いベッドとテンピュール枕は、いつも熟睡できるのだけれど、今日は、部屋が乾燥していて何度か目が覚めてしまった。応援プランの特典でドアノブのところに届けられているニッカンを持参して和定食の朝食をいただいてから喝!を見る。10時前にはチェックアウトして、札駅に荷物を預けて、札幌ドームへ。今日も予想以上によいお天気で昨日までほど寒くもなく爽やかだ。

D080615a

◇2008/6/15 ○F4-0S(イースタン・札幌)

 おやじナイトシリーズ2日目のスワローズ戦は、ナイターのため参戦できないのだけれど、その代わりに同日おやこ開催のイースタンリーグを観戦。これはこれでなかなかよい企画だと思うが、年パスの人は、無料で入れてくれてもよいのにと思わなくもない。そして、北の大地に久しぶりにお披露目のはずの中田くんが昨日の滝川で故障。あまりにもあんまりで、興行的にも痛いだろう。
 ここ数年で1軍が若返りに成功したうえに、今年はさらに故障者続出の穴を埋めているため、イースタンの層は薄くなり、特に投手陣が完全に崩壊。須永あたりが徹底的に打ち込まれ、八木も復調にはほど遠く、昨日も吉川がめった打ち。ベイスターズばりに最下位を独走しているが、まぁ、ファームの場合は、順位はあまり問題ではない。ここ数年の強化の方向自体は間違っていなそうなので、若い選手をひとりでもふたりでも1軍に送り出してもらえればよい。もちろんその筆頭は中田くんであり、陽くんであろう。
 しかしながら、今日のところは、ファイターズ先発は、武田勝。8月くらいまで絶望かと思っていたが、思ったより早い実戦復帰。交流戦の間は、休みが多く、多田野のがむばりもあってローテーションがなんとかまわせたので、このあたりから復帰してもらえばタイミングとしてはベスト。5回を無失点とさすがに格の違いを見せたが、まだかなり球速が遅いし、いいあたりが正面をついたり、好守に助けられたりしていた面もあるので、もう少し時間はかかるかもしれない。
 武田勝の仕上がり具合の確認ということなのかスタメンマスクは、なんとさとぼう。こんなところでお会いできるとは衝撃的である。さらに8番ショートで金子誠。場内一の大声援を受けて、先制タイムリーを含む2安打で、守備も軽快。高口もよくがむばったとはいえ、そろそろ金子の出番も近い。
 中田不在でも、工藤、村田、陽、金子洋平と続く上位打線は、やはり実績上位。今季0勝7敗のライオンズ2軍相手にコツコツと得点を重ね、勝の後をうけた菊池、伊藤、金森もぴしゃりと抑えて快勝。中田くんは、8回裏の最後の攻撃のところで1塁コーチ役でお披露目。一方のライオンズは、あまりよいところがなかったが、6番種田のガニマタ打法が健在。あまり見慣れていないであろう北の大地の方々からは、失笑が漏れる。。。
 昨日からお疲れということもあって、かん姉妹欠場とのことだったが、お昼すぎから参戦の連絡。しかるに、後半、試合の進行が早くなり、到着したときにはすでに8回ということで試合終了後に外で合流して札駅にてランチオフ。お店の選択で姉妹が険悪となる場面があり、足して2で割って間にある創作料理のお店に入場。店内には姉妹のお気に入りであるところの葉加瀬さんや加古さんの曲が流れているので姉妹の機嫌もなおり何よりだが、今度はまったりしてお子ちゃまは眠くなってきたようである。まぁ、お疲れのところ、連日美女におつきあいいただけるとはありがたいことである。
 それほど盛大でないお見送りをして解散。スカイマーク欠航の影響を受けて、当初予定の便より遅くなってしまったので、例によってJRタワー内プラウブランさんへ入場。マッサージが混みあっていて、17時から40分間腰をほぐして、17時55分の快速エアポートというのはかなり慌しかったが、なんとかクリアして千歳へ。スカイマークも無事に定刻に羽田へ到着。1軍の敗戦を確認して早々に就寝。

D080615bD080615c
D080615d

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/14

6/14:ミラクル!おやじナイト☆

◆登別→札幌:くもり時々はれ

 7時45分起床。朝食とニッカンを先に済ませてからゆっくり朝風呂。8時半を過ぎると大浴場はほとんど無人。ゆっくり堪能してから、ラウンジにて、台湾式のマンゴーかき氷をいただき9時半チェックアウト。
 昨日に続いて雨の予報だったのだが、予想外に回復して太陽ものぞいているので、美女と行くモエレ沼公園ランチオフが緊急開催。輪厚PAで時間調整して、大通12時30分集合。例によってメッキーが登場しないで心配されたが、途中でかんちゃんもピックアップして、無事にモエレ沼公園へ。

D080614a

 美しい公園を眺められるレストランだが、我らは、あまりウェルカムではないようで、お席が空いているのに、なかなか入場が許されず、どうにか14時15分に入場。途中、もたもたしていると、早く食べるように促される場面もあり衝撃を受けるが、2625円のコースにしては、十分美味で文句はない。ぐんぐんさん問題などについて検討しながら楽しく美味しくいただく。

D080614bD080614c
D080614dD080614e

 ランチを終えるとなんと16時。噴水のお時間が迫ってきた。辛口でおなじみのきっぱりF嬢も絶賛していたモエレ沼公園の噴水ということで、楽しみにしていたのだが、始めに盛大に舞い上がったあとは、だらだらと続く。なんと40分もかかることがわかり、いったん退場して、オニオンスープをいただき、終了間際に戦線に復帰。フィナーレは盛大との情報だったが、あっさりと終了。やや遺憾。

D080614f

 お天気は予想外によかったのだけれど、寒気が抜けたわけではないので、あまりにも寒い。おやじナイトの開幕も近づいてきたので退場。モエレ沼まできたら、かんちゃんに運転させないわけにはいかないので、一同祈るような気持ちの中でヴィッツ号出発。なにしろ、まず、アクセルとブレーキの位置、ギアのDの位置を確認しながらの出発だから命がけである。ヨタヨタよ本線に出たかと思うと、けっこうスピードが出るし、進路も安定しない。実際は、せいぜい2、3分のことだったのだろうとは思うけれど、一同ぐったり。札駅でヴィッツ号を返却して、ドームへ。高田監督の始球式には間に合わなかった。

D080614g

◇2008/6/14:○F2x-1 S(札幌)

 ファイターズ先発は人格者であり、このところ安定感抜群のスウィーニー。本日も立ち上がりノーヒットピッチングを続けるが、今日も貧打のファイターズ、スワローズ川島亮は、ひとりのランナーも許さず。
 5回裏、先頭の稲葉が2ベースもチャンスをつぶすと、おやじたちが続々と入場してきてヤングマン。しかし、その直後に、先頭の宮本のヒットから、1点を献上。このままやられそうな予感もある。
 7回裏、代打稲田がヒットで出ると、バント失敗の賢介もヒット、稲葉タイムリーで同点。しかし、なおノーアウト1,2塁でスレッジ併殺で終了。予断を許さない展開。
 9回、ファイターズが武田久を送ると、スワローズは、押本。防御率0.33と驚異的な活躍だが、ファイターズファンから見れば、オッシーならやらかしてくれるのではないかと思う。しかし、あっさり終了して延長戦へ。
 おやじナイトということで、イニングの合間のオルガンも’80年代仕様。プリプリの「ダイヤモンド」が流れたかと思うと、10回裏は、「MyRevolution」。そして、2イニング目のオッシーなら何とかしてくれると思うが、さすがに高田元GM、そのあたりは心得ていて、抑えの切り札の林さんを投入。
 稲葉が今日3本目のヒットで出塁するが、スレッジでは送れない。こういうとき、ベイスターズあたりなら、ワイルドピッチかなにかで自滅してくれるのだがなぁ・・・と思っていたら、平凡なフライが、レフト、ショート、サードの間にポトリ。川島慶三が邪魔した感じである。ノーアウト1,2塁。
 100%バントの場面で、150キロのクローザーからバントを決めるのは大変だが、小谷野がきっちりと決めると、なぜか1塁もセーフ!ノーアウト満塁。盛大に「北の国から」だ。
 しかしながら、代打小田三振、代打工藤内野ゴロホーム封殺。2死満塁で紺田。あいかわらずあまり打てそうな雰囲気はないのだが、なんとパスボールで終了。プシュー☆
 昨年もこんな試合があったような気がするけれど、やはり、阪神と中日以外のセ・リーグは、ちょっとレベルが低すぎるような気がしないでもない。

 長い1日も勝利でしめくくれば、疲れも忘れてしまう。東豊線の札駅からリッチモンドホテルさんは実に便利。本日は、ファイターズ応援プランということで、何が特別かというと、翌朝にニッカンが部屋に届けられるという。さらには、プロやきうチップスがサービス。ただし、残念ながら、カードはベイ吉村だった。目の前に味の時計台さんがあるのもすばらしい。ビアとニンニク餃子としょうゆラーメンをいただき、世界弾丸トラベラーをみて就寝。

D080614hD080614i
D080614j

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/13

6/13:社台ツアー

◆横浜→千歳→早来→追分→千歳→登別:くもり時々あめ

 昨夜もタクシー帰りで2時就寝だが、5時45分起床。横浜は梅雨の中休みでよく晴れて、暑くなるというが、梅雨のない北の大地は、雨で寒くなるという。これでは、旅立ちの気分が盛り上がってこない。YCATの売店でニッカンを購入しようとするが見当たらず。サンスポを購入するが、これでは、ますます旅立ちの気分が盛り上がってこない。
 第2ターミナルの売店でもニッカンが見当たらないので、いくらなんでもおかしいと思うと、一面が、インディ・ジョーンズの全面広告になっていて気づかなかったためとわかる。理解不能。
 平日にもかかわらずオーバーブックになっているANA53便にて出発。北の大地に行くのにもっともよく利用する便だが、ゲートも53番で、ポケモンジェットというのもいつも通り。
 本日は、社台サラブレッドクラブ&サンデーサラブレッドクラブ「北海道牧場見学ツアー」に参戦。そう、2年前に、あの忌まわしいデジカメストン事件の起きたツアーである。あのときも大雨で、普段着慣れない雨合羽のポケットからデジカメがストンと落ちてしまったのだが、今日もなんとか雨はあがったもののあいにくのお天気で、購買意欲も盛り上がってこない。HBUのツアーもあわせると、だいたい、毎年6月に1回は北の大地にきているけれど、他の月に比べて、雨の日が多いし、妙に寒い日にぶちあたることが多い。
 ノーザンホースパークで海鮮丼をいただき、午後は、ノーザンファームYearingさんの牡馬。エアグルーヴの仔(40口で一口450万!)をはじめとして、そうそうたる顔ぶれ。フジキセキ*ムーンライトダンスの牡馬がとてもよく見える。調教師も池江師だからまったく文句はないが、いかんせん高い。悩ましい。
 1日ツアーは、7つの牧場を回るから実に慌しいのだが、夕方になって、社台ファームへ到着する頃から、一段と寒くなり、とうとう最後はどしゃ降りになってしまった。寝不足だし、風邪引きそうなので、軽く見てからすぐにバスへ引き上げるので、購買意欲が盛り上がってこない。前半のノーザンファームに比べると、社台ファームは不利である。とうとう最後の臼井厩舎は、寝過ごしてしまったようで何も見られず。
 17時半に千歳空港へ戻ってきて解散。2年前と同じくトヨタレンタカーヴィッツ号にて半年ぶりに滝本インへ。フロントで、いきなり、
「いつもありがとうございます。お名前だけご記入ください。」
 と言われてびっくり。20年通い続けて、とうとう常連として認知されたようである。まぁ、フロント係は、毎回違う人なので、安心はできないが、うれしいことではある。
 さっそく入浴。平日なのでガラガラ。世界の滝本でも金曜日でもこんなにガラガラとはちょっと心配ではある。足裏マッサージ40分。これも2年前と同じ。いったん部屋に戻り、NHKのメグの特集を見てから、第2回入浴、ラーメンをいただいて就寝の予定。

D080613aD080613b
D080613cD080613d

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/06/11

6/11:グータンヌーボを見て就寝

◆横浜・東京:くもり

 8時に出社して、日経。社説で、小生のかねてからの持論である北の大地のサマータイム実施についてふれられている。先日、役人のタクシー接待の問題は、それ以前に早帰りしてタクシー利用を減らせと書いた翌日にも、同じようなことが社説に書かれていたが、こういうのは、ついついうれしくなってしまう。
 19時半頃に退社。参議院で、福田康夫首相の問責決議がめでたく可決されたようなので、久々にニュースウオッチ9でも見ようかと思うと、いきなり、秋葉原の通り魔事件の被害者のお葬式のシーンが延々と流れる。かねがね思っているのだけれど、不特定多数の人が無作為に被害にあった事件で、被害者を取材する意味ってまったくないと思う。ワイドショーはともかく、NHKの全国ニュースで不幸にして今回亡くなった方のお葬式を中継したり、遺族の声を流したり、知人が、「いい人でした」とか言うのを放送してどうしようというのだろうか。被害者が犯人と何らかのつながりがある場合と異なり、あくまで偶然被害にあってしまったケースでは、事件の本質とは基本的には関係ないはずで、被害者が子供だろうが、大人だろうが、アキバに出入りしているオタクっぽい人だろうが、たまたま秋葉原を通りかかった人だろうが、将来を嘱望されていた青年だろうが、ちょっとぐれているフリーターだろうが、ある意味どうでもよいことである。あぁいう報道をすることで、たとえば、被害者の遺族の方の無念さが少しでもはれるとかいうのであれば、それもよいけれど、普通に考えれば、そうとも思えない。そっとしておいて欲しいのではないだろうか。それとも、お葬式の映像を流さないと視聴者は、犯人のやったことの重大さが再確認できないということなのだろうか。
 ラミレスの一発でダル終了では、あまりにもあんまりで、プロ野球ニュースを見るきにもならず、仕方がないので、スーパードライを飲みながら、カップヌードルカレーをいただきながら、「12人の優しい日本人」の特典映像を見て時間をつぶして、なんとか23時まで起きていて、グータンヌーボを見て就寝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/10

6/10:夕暮れの枝豆

◆横浜・東京:はれ

D080610a

 梅雨の間の晴れ。4時前に帰宅して8時過ぎに出社。3時間しか寝てないのでさすがに眠いが、幸い、午前中は、自分が手を動かすのではなくて、他のメンバーも仕事のチェック。なんとかすませて、夜勤明けということで、16時に退社。しかし、えらそうに徹夜と言ってみたものの、結局、ただの深夜残業で、昨日が17時出社の27時退社、今日が8時出社の16時退社。平均するとほとんど定時で働いているのと変わらないことになる。
 スカイビルにて散髪を済ませて、そごうにてお買い物。昨年の今頃は、ホイコーロー問題が炎上していたが、あれから1年、まがりなりにも進歩があったわけで、本日は、枝豆をゆでて、バルコニーでビアといただく。塩もみすると言われてもよくわからないので、適当に塩をまぶして、熱湯でゆでて、また塩をかける。ちょっと固かったけど、まずまず。アジの干物、納豆ご飯、カットサラダに梅にんにくの漬物に、九条ねぎに、デザートは、山梨産のさくらんぼ。たまに自炊するとやたら高いものについているような気がするが、まぁ体にはよさそうだ。
 社台カタログ到着。以前は、指折り数えて待っていたものだが、これだけ馬が走らないとカタログ選びにも気合が入らない。もう5回くらい見た「12人の優しい日本人」をまた見て、早々に就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

6/9:真夜中のSeiko-Box

◆横浜・東京:くもり時々あめ

D080609a

 今週から、いよいよ忙しくなるのだが、締め切りもせまっており時間がもったいないので、本日は、昼夜2交代制にして作業を進めることになる。しかしながら、夜番に名乗り出る人が誰もいないので、小生とF嬢で徹夜ということになり、ポロシャツを着て夕方から時差出社。
 飲み物などの買出しも済ませて、21時すぎから、前任者の引継ぎを受けて、22時すぎから作業開始。コツを飲み込んでしまえば、基本的には単純作業で待ち時間も多いので、普段まったく使わないiPodを持参。調子が出てきたところで、ヘッドホンを着用。長丁場ということで、美里でもよいのだが、松田聖子の古い歌をロングランでかけることにして、セットしようとしたところで、突っ込みが入る。
「何聞くんですか、松田聖子とかですか?」
「どうして、わかったの???」
「本当に、松田聖子だったとは・・・」
「・・・」
 CD4枚組のSeiko-Boxは、’80年の「裸足の季節」からスタート。だいたい1時間作業すると、時代が1年進む。22時から作業を初めて、日付が変わる頃は、「渚のバルコニー」(’82年)。徹夜確実のはずが、予想外に順調に作業は進み、「Rock'nRouge」(’84年)にたどりつく頃には、先が見えてきて、無事に「ボーイの季節」(’85年)とともに3時すぎに業務終了。タクシーにて帰宅。残念ながら、車内でビールが出てきたりはしなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

6/8:浜スタ快勝!

◆京都→横浜:くもり時々はれ

 5時20分起床。雨模様。日経とニッカンとサンスポでニッポン勝利(サッカーじゃない)を確認して、6時14分発のN700系のぞみ100号にて出発。岐阜羽島をすぎるあたりからは熟睡。わずか1時間54分で新横浜到着。
 平日の出張組などは、新横浜で相当乗り降りがあるのだけれど、日曜の早朝の新幹線ということで、ディズニーランドや都内をめざす人が多いようで、新横浜で降りる人はまばら。そんな中に、ファイターズ青ユニのおばさんを発見。北の大地~名古屋~横浜と転戦しているようですばらしい。
 8時半には帰宅。関西にいたはずなのに、自宅で何事もなかったかのように喝!を見ているというのも不思議な気分である。二度寝して12時過ぎに出発。

◇2008/6/8:○F 9-3 B(横浜)

 本日は、この春からお隣のマンションの住人となった小学校からの同級生のS氏と横浜スタジアム参戦。S氏のご好意により3塁側前方、前から数列のすばらしいお席が確保された。ランドマークプラザで、シウマイやらサンドイッチやらを購入して、早めに球場入り。雨が心配されたが、なんとか大丈夫そうだ。
 正直、今のベイに負けるというのはちょっと考えにくい。不安があるとすれば、ベイがあまりにも負け続けすぎているので、そろそろひとつくらい勝ちそうなこと、やきう小僧こと藤井がまだ1勝とあまりに勝ち運がないこと、もがちゅー氏の参戦がうわさされることくらいだが、那須野先発なら、なんとかなりそうだ。
 初回、いきなり内川に一発。絶好調でなんと3割9分9厘。今日で規定打席に到達するらしい。しかし、2回にすぐに稲葉10号でお返し。ここから、スレッジ死球、小谷野の送りバントをエラー。さらに三木四球でノーアウト満塁。鶴岡では併殺も怖いところだが、ここでワイルドピッチで勝ち越し。まったくの那須野のひとり相撲でさすが最下位を独走する野球である。みんながあきれ果てたその直後、S氏が、「ここは、初球スクイズ!」と言ったら、そのとおりに鶴岡がきっちりきめて貴重な3点目。さすが、元軟式野球部の控え捕手ということで、氏は、やきうに造詣が深いが、まったく無警戒のベイもどうしようもない。藤井タイムリーで4点目。
 2回裏、2死でチャンスで那須野に打順が回るがそのまま打席に入り終了。まぁ、連日、先発が早々に終了しているので代えづらいのだろうが、せっかく続投させてもらった3回に、首都圏限定チャンステーマに乗せて、三木タイムリー、鶴岡タイムリー、紺田タイムリーで8点目が入り完全に終了。それにしても、三木、鶴岡、紺田のタイムリーとはねぇ・・・
 楽勝ペース。天気が回復して雨の心配もなくなり、浜スタ名物のみかん氷をいただきながらのんびり観戦。藤井は5回3失点98球で降板も待望の2勝目がついた。一方、ベイの前途は多難と言わざるをえない。あいかわらず、TBSの場内の演出は冴えがないし、日曜日のデーゲームだというのに内野はガラガラ。昨日の名古屋は、満員御礼だったのだから、ファイターズのせいではない。

 長い試合だが、お互いに家が近いのでラク。関内まで歩いて、うなぎの老舗「わかな」さんで、うな丼をいただき、歩いてみなとみらいまで戻り解散。一休みしてから電動アシスト付自転車で万葉倶楽部へ参戦して、汗を流して、バレーボールを見て、日記を書いて、大福コースで癒す。明日からは、忙しくなる見込みだが、まずは気持ちよく仕事に入れそうだ。

D080608aD080608b
D080608cD080608d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/07

6/7:にゃごやドーム参戦

◆横浜→名古屋→京都:くもり時々はれ

 8時30分起床。朝食を我慢して、10時すぎに出発。新横浜駅。立派な駅ビルができたのはわかっていたけれど、いつも乗り換えばかりなので、あらためてじっくりと参戦。ビックカメラをひやかしてから、千疋屋総本店にてダブルオレンジ杏仁を購入してから、のぞみ号で出発。モバイルsuicaタッチでの新幹線乗車もだいぶ慣れてきた。
 JR東海のtoicaもsuicaでスイスイ。大曽根駅から歩いて日本シリーズの完全試合以来のナゴヤドームへ。

◇2008/6/7:●F 1-4 D(名古屋)

 ナゴヤドーム、パノラマA席は、ホームベースの後方5階。遠いのはまぁよいのだけれど、柱が邪魔になってスウィーニーが見えない。
 元気のないドラゴンズだが、今日は川上。盛大にやる場面は想像できないし、星野ジャパンの柱のひとりである彼がメッタ打ちされる場面は、あまり想像したくないのもたしか。初回、1死1、3塁のチャンスに稲葉が併殺。一方のファイターズは、このところ、安定感抜群のスウィーニー。今日も立ち上がりから、外角低めに手堅いコントロール。
 4回、無死1塁で賢介。後方のお客さんからは、バントは手堅すぎるのでは?との声も聞こえてくるが、今日はおそらく1点勝負なのでこれでよいと思う。稲葉タイムリーで1点先制。
 その裏、高口のエラーで満塁のピンチだが、これをしのぐ。前回の川上のときもそうだったけれど、今日も勝つとしたら1-0しかなさそうだ。 しかしながら、6回裏、わずかなコントロールの乱れから、とうとうウッズに一発。さらに和田に一発。無念。
 7回のチャンスに代打攻勢も川上渾身の投球にあと一本が出ず。7回裏は、星野。1点差ならまだわからないので、建山、宮西といきたいところだけれど、全試合勝ちにいくわけにもいかないのだろう。案の定、8回に星野終了。中村ノリ350号。カウントを悪くしてミエミエの一発。テレビでもガンちゃんが怒ったらしいけれど、正直、話にならない。まぁ、鎌ヶ谷に退場していただくための代償を割り切るしかない。9回、岩瀬も完璧な投球で終了。先日、めずらしく終了したようだけれど、星野ジャパンのクローザーとしてがむばって欲しいものである。

 まだ陽も高く、早々に退場すれば、何ごともなく帰宅できるのだけれど、諸般の事情により、のぞみ号にて西下。京都にて一献。そうこうしている間に、ニッポン五輪出場決定!正直、今日は負けで、明日決めるのかと思っていたけれども、格上アルゼンチンにも勝利とは立派。テレビでリアルタイムで見たかったけれど、最終セット、12-8から逆にマッチポイントをとられるなど、心臓に悪かったかもしれない。植田監督が死体のように床にペタっと貼りついてしまったのが死闘を物語っている。どうがむばっても5-6位の柳本ジャパンに比べて、植田ジャパンは、まだ伸びしろがあるかもしれない。いずれにしても五輪の楽しみがひとつ増えてよかった。

D080607aD080607b
D080607cD080607d

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/06

6/6:続・がむばれニッポン2008

◆横浜・東京:はれ時々くもり

 午後から横浜へ外出。お仕事は順調に終わり、ボス、Yぞう、キッシー、W嬢らと一席。軽く飲んでもまだ空は明るい。19時半頃帰宅。イタリア戦があまりにも不愉快だったので、その後見ないようにしていたバレーボールだが、アジアチャンピオンを決める大一番ということで、久々にテレビの前に陣取る。
 やればできるじゃないか!まったく話にならなかった8年前、世界の強豪に善戦しつつも何かが足りなかった4年前、そして、ついに世界の舞台で戦えるまでになってきたのではないか。女子と違うのは、選手交代のバリエーションがあること。セッターを2人使えるし、山本、石島、越川のエース3枚もあれば、今日のようにセンターが機能すれば、荻野を投入して守りを固める作戦もとれる。第3セット、23-18からジュースになってしまうあたり、イタリア戦同様のもろさはあるから、まだ安心はできないけれど、計算上は、16年ぶりの五輪出場に大きく前進。
 それにしても、バルセロナの代表の荻野が今でも現役として活躍しているのは、驚異的である。たいしたもんだと思い、ウィキペディアで調べてびっくり。1970年1月8日生まれとは・・・同じ誕生日でもワンブロックジョギングするだけで終了する、どっかの誰かさんとはえらい違いだねぇ。。。うみゅう。参った。。。
 ファイターズも快勝していい感じ。眠いけれど、プロ野球ニュースとすぽるとを堪能することにしようと思う。一方、スピード社を試着した日本選手、消化試合のレースで、なんと5人がいきなり日本新。衝撃的である。ここまできたら、もう全員着るしかないだろうし、そうなれば、競泳のメダルもそれなりに期待できそうだ。

D080606aD080606b
D080606cD080606d

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/05

6/5:役人のタクシー代

◆横浜・東京:くもり時々あめ

 午後から外出。打ち合わせは順調に終わったが、外へ出ると、けっこうな雨。最寄り駅まで歩けないことはないのだけれど、同行者も2人いることだしタクシーに乗る。後部座席にてシートベルト着用。タクシーはあまり好きではないけれど、仕事のときは、必要に応じて利用する。鉄道事情などは、他人より詳しいので、電車が便利なら電車を使うが、タクシーが効果的と思えば使うときは使う。明らかに歩くべきところを体調不良などで乗る場合は、自腹にするときもある。そのへんのさじ加減は自分なりに決まっている。先日も、他部の人といっしょに乗ったときに、その人の上司は数百円のタクシー代にいちいち理由を求めてきたりするとのことだったので、そういう上司は話にならないと言って、小生が領収書をもらって、自分の部で精算した。
 湘南新宿ラインで直帰して、めずらしく7時のNHKニュースなど見ていると、財務省職員が、深夜のタクシーから金品を受け取ったとのことで、国家公務員倫理法違反の疑いがあるという。小生も年に1,2回は、深夜のタクシーで帰宅するけれど、大手町近辺から乗るときなどは、明らかに高級なタクシーが待機していて、サービスがよい。ビールか何か出てきたこともあったような気がする。まして中央官庁の役人なら常連客になるから、現金やクオカードを渡すこともあるのだろう。「李下に冠を正さず」だから仕方ないけれど、お役人に対して業務上の便宜をはかってもらうための賄賂ということではないだろうとは思う。
 むしろ、問題なのは、お役人が税金でタクシーを通勤に利用することの方ではないかと思う。「30代の主計局係長は約5年間、2000~3000円の現金やクオカードを年150回程度受け取っていた。」とのことだが、少なくとも5年で150回、タクシーで深夜帰宅していたということなのだろう。そんなことは、霞ヶ関では当たり前なのだろうけど、民間会社とは根本的に違う。時間と戦って利益を上げる企業では、部下のタクシー代をぐちゃぐちゃ言ってる時間は無駄になることが多いし、それを判断する基準もある程度計算できるが、役人の仕事というのは、深夜タクシー代を払ってまでその日のうちにやる必要が本当にあるのだろうか?たとえば日本の針路について何か立派なビジョンを作っているのかもしれないが、そういうことは、定時内、せいぜい、終電までの間でやっていただければよいことで、1日遅れたからといって、誰かに違約金をとられるものでもないだろう。実際、地方公務員の多くは、早々に退社してのんびりしているはずである。民間会社だって、管理部門の場合は、なるべく遠慮しているはずだ。外務省の一部などをのぞけば、普段の仕事は、本当は、別に翌日にやっても誰も困らないはずである。たとえば、役人の給料を5万円UPさせてあげるかわりに、どうしても必要と思うタクシー代も自腹で払えといったら、どのくらいの役人が5万円の中からタクシー代を払うのだろうか?
 いずれにしても、中央官庁の役人が毎日17時に退庁したら、それをきっかけにずいぶん風通しのよい国になりそうな気がする。そんなことを思いつつ今日も早々に就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/04

6/4:ぐったり

◆横浜・東京:くもりのちはれ

D080604aD080604b

 昨日は、500系のぞみにてにゃごや入りするもN700系にて日帰り。新横浜からの名古屋日帰りというのは、たいして疲れないのだけれど、東京のオフィスへ戻って業務を再開してから夜になって帰宅というのは、シンドイ。
 18時すぎ、C3POがやってきて、
「どうでしたか?!」
 と聞く。ん?そうだ、本日は、愛馬フレンチマリー号の2戦目。旭川競馬場でアタックチャレンジ競走の日であることをすっかり忘れていた。いくら忙しいとはいえ、愛馬の出走を忘れているとは遺憾。
 デビュー戦で、まさかの終了だったとはいえ、社台F生産馬がホッカイドウ競馬で連敗することは考えられない。さっそく地方競馬全国協会のサイトにアクセスすると、まさかの3着。まだほとんどの馬がデビューしていないこの時期、Uという方のように真っ先に勝ち名乗りをあげれば、夢は広がるが、この時期に2連敗するようでは、お先真っ暗である。あまりにもあんまり。
 本日は、日吉へ。なつかしい街である。開通したばかりの横浜市営地下鉄グリーンラインに乗って、日吉本町へ。350万都市横浜に地下鉄が2路線くらいあってももちろんかまわないのだけれど、7分30秒間隔でやってくる4両編成の車両はガラガラ。新しい路線なので、エレベーターやホームの柵なども完備しているけれど、いかにも採算は厳しそう。道路特定財源なども使われているのだろうが、横浜市民としては、住民税の行方も気がかりではある。今月下旬には、東急目黒線も日吉へ延長されるのだけれど、せっかくの方向別複々線を東横線、目黒線ともに田園調布-日吉間の各駅に止まるのは、あまりにも芸がない。中山から日吉、目黒経由三田線直通で大手町への通勤特急でも走れば、田園都市線の殺人ラッシュ緩和に多少は役にたつのだが、現状では、焼け石に水である。
 何もない日吉本町駅前で所用をすませて、日吉へ戻る。記憶もあいまいだけれど、学生時代に愛用していた天ぷら屋やとんかつ屋はもはや存在していないようだった。
 美女とぐったりばかりと言われそうだけれど、本日もぐったり。しかも、帰宅して待っているのは、まず、掲示板のゴミの掃除・・・せめてグータンに間に合うように帰ってみたものの、松田美由紀とギャル曽根というのは、いくらなんでも無茶である。あんまり。ファイターズ、ダルでながかーにやられるとは、あまりにもあんまり。ぐったりを通り越してげんなりである。 まぁ、こういうときは、先のことを考えても仕方がない。とりあえずは、週末、パオロンとシャオロンに会うのを楽しみにがむばってみるしかない。そして、その次は、おやじナイト!しかるに、スカイマークが機長不足で欠航便が出るというので調べてみたら、北の大地からの帰りの便が見事に該当していて終了。まったくもって話にならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/02

6/2:美女とプチ花火

◆横浜・東京:くもりのち雨

 週明けでしかも明日から出張のため会議がやたらと多い。なんとか17時45分に終了して、やじやじの質問を振り切って、18時15分に退社。今日の降水確率は、午前30%、午後50%、夜70%。レーダーアメダスの発達で、数時間先の雨の予報はほとんどはずれることがなくなってしまったので、希望がない。
 それでも、なんとか持ち応えて19時30分に帰宅。Yo子さん、Yo君、F嬢、歯医者ということになっているけど本当はヨガ帰りのW嬢、久しぶりに会ったら、L-D戦でライオンズを応援していたという遺憾なYa嬢も合流して、プチ花火オフ開催。
 幸い、花火は決行。8月の花火ほどではないが、まずまず健闘している。途中から雨が降り出したようなのだけれど、それほど煙ることもなく、40分近く堪能。網走の流氷ビール、アサヒ株主優待ビール、さらには昨年の花火オフから残っていて、惜しくも賞味期限を2日ほど過ぎてしまったたこ焼きなどをいただきながら堪能。バブルでGo!は誇張ではなくて本当の話だ問題を議論していると微妙な世代間格差が浮き彫りになったが、あまり深入りしないことにして23時に解散。

D080602a
D080602b
D080602c
D080602d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/01

6/1:開港祭

◆横浜:はれ

 昨日は昼間寝すぎたので、何度か目が覚めて、最終的には7時起床。バレーボールの大逆転負けのせいでさやかな目覚めとはいかないが、空は、久々に爽やかに晴れて半袖余裕。電動アシスト付自転車で関内のロイヤルホストまで遠征して朝食。オレンジジュース2杯。ニッカンでファイターズ勝利を確認するが、バレーボール終了も再確認してまた不快になる。
 久々に喝!を見るが、関口宏も、バレーボールの逆転負けが一晩寝ても不愉快だという。張さんに喝!を強要して、「機嫌が悪いからといって、喝!を強制しないでくれ」と切り返される。張さん絶好調。
 明日で横浜開港149周年。目の前の新港パークでは開港祭が行われているので、散歩がてらひやかす。パシフィコ横浜の中では、アフリカ展みたいのが行われているので、こちらもひやかして帰宅。
 12時10分、中京5Rに愛馬クリフクライマー号出走。前走は、まったくみどころがなかったが、大型良血馬の叩き2戦目ということで、人気にもなっているし、小生も期待している。後方追走だった前走から一変して逃げたのだが、4コーナー一杯で終了。過去最高価格の愛馬がこれでは、あまりにもあんまり。
 昼寝してから、ダービー。桜花賞以来、春の競馬は、好調が続いていたのだが、ここへきて怪しくなってきた。NHKマイルでお世話になったディープスカイを切ってしまったのだが、パドックをみてこれはやられたかもと思う。タケミカヅチ、アドマイヤコマンド、フローテーション、クリスタルウイングから大量購入。まったく見所なく大敗。あまりにもあんまり。
 仕方がないので、夕方から再び開港祭をひやかし、マンゴーフラッペなどいただく。ファイターズ同点に追いつくも延長戦。10回表、武田久が打たれて、その裏、4四死球の藤川劇場だが、いかんせんゆうじでは厳しい。あっさり終了。信二の怪我も心配。今日は、負けてばかり。あまりにもあんまり。たぶんバレーボールは、今日は勝つだろうけど、もう応援する気にもなれない。早々に就寝しようとすると、ついさっきまではれのちくもりだった明日の天気予報が、急にくもりのち雨に変わっている。あまりにもあんまり。

D080601aD080601b
D080601cD080601d

 ジャンクSPORTSを見て早々に就寝しようとしていると、いきなり花火が始まった。たしか明日のはずなのに、天気予報が悪いから、予定を変更したのかとあせるが、そんなことはなくて今日は、まぁ小手調べということのようで10分ほど。しかしながら、明日は、夜から雨の予報。果たして・・・

D080601e
D080601f
D080601h
D080601g


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »