« 11/4:tkの想い出 | トップページ | 11/9:そうだ 京都、行こう。2 »

2008/11/08

11/8:そうだ 京都、行こう。

◆横浜→京都:あめのちくもり

 6時起床。6時48分のみなとみらい線で出発して、7時19分発ののぞみ号で西下。おむすび弁当と日経とニッカン。ここまでは一昨日の名古屋出張とほぼ同じだが、名古屋を通過して、うとうとしているうちに京都へ。愛馬ファスキナーレ号が京都競馬場でデビュー。「そうだ 京都、行こう。」ということで、秋の京都へ久しぶりの参戦。
 近鉄から京阪に乗り換えて、淀駅。たぶん5年ぶりくらいの京都競馬場。雨の土曜日ということで閑散としていて指定席を楽々ゲット。AC電源付の快適なシートで観戦。

D081108aD081108b

 4R、「メイクデビュー京都」、2歳新馬戦のパドックにてダンナと合流。奥さまとお子ちゃま2人は初対面。ダンナの愛馬はこの後の5Rでデビューということで、家族4人でクルマを飛ばしてきたとのことである。
 さて、タイキシャトル産駒の愛馬ファスキナーレ号は、名手岩田騎乗で2番人気。調教の動きもよくおおいに期待したのであるが、好スタートからまずまずの位置につけるも、大外から先頭集団にとりついたところで最後の伸びを欠き4着。若干追い不足の感もあるし、悲観する内容ではないが、桜花賞馬の姉ほどのスケールを期待するのは酷なようである。

D081108cD081108d

 続く5Rには、ダンナの愛馬であるところのスマーティーダンスが出走。こちらは、母がダンスパートナーという良血であるが、調教の動きが冴えずあまり人気はない。4Rと5Rの合間の昼休みにプリキュアショーを子どもに見せてきたばかりということで、ファミリー競馬は大変なようであるが、こちらは、道中の行きっぷりも悪く、後方のまま。「出直しです」というメールを残して、早々に競馬場を後にされたようである。
 天気がよければ、秋の京都をエンジョイすることも検討していたのであるが、冷たい小雨模様なので、特A指定席にて久しぶりにゆっくり中央競馬をエンジョイすることにする。10年以上前までは、毎週末こういう生活だったのだけれど、いかんせん最近は、すっかりごぶさたなので、ひらめくものがない。せっかくなので徹底的に参戦するも、徹底的にやられてしまう。福島、東京、京都とメインも3連敗。記録的な大敗でとぼとぼと京都競馬場を後にする。
 秋の京都は、宿の確保も大変なのだが、なんとか直前に山科のブライトンシティさんをゲット。かつての定宿もやや老朽化した感はあるが、この時期に大浴場付のホテルを確保できただけでもよしとしなくてはいけない。山科は、地下鉄とJRが両方使えるので案外便利である。
 ひと休みしてから、地下鉄で蹴上へ。冷え込んでいるので厚着をして、ちょうど今日から始まった永観堂の夜のライトアップへ参戦。残念ながら紅葉にはまだ早いのだけれど、なかにはそれっぽくなっている木もあっていい感じである。さらにそのまま都ホテルの前を通過して東山方面へ歩いて、今度は、青蓮院と知恩院へ。こちらもライトアップが見事である。
 帰りは、祇園方向へ降りる。小生には、なかなか手ごわいエリアであるが、幸い、ふらっと入りやすそうな店が見つかったので、ビアとにしんとうどんをいただく。記録的大敗とはいえ、秋の古都のライトアップを堪能したのでまぁよしとしよう。大浴場で温まって、世界弾丸トラベラーを見て就寝しようと思ったら、日本シリーズ中継延長のせいで始まらない。仕方がないので、みなさんのブログなどをチェック。最後に、yayoiさんのブログで、「雪の節分」を確認して就寝しようとしたら、8ヶ月ぶりに更新されていて衝撃を受けたところで就寝する。

D081108g
D081108h
D081108i

|

« 11/4:tkの想い出 | トップページ | 11/9:そうだ 京都、行こう。2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/4:tkの想い出 | トップページ | 11/9:そうだ 京都、行こう。2 »