2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 12/1:中央リニアにかける夢 | トップページ | 12/5:時津洋オフ »

12/2:美女と美々卯のちぐったり

◆横浜・東京:くもり

 あまりつきあいのよくない小生も、12月となれば、宴会も少なくない。いい年してゲ○ばかりでは、北の大地での評価も暴落する一方なので、気をつけたいところであるが、本日は、大ボスと美女3人とオフ開催。立場上、小生が幹事ということになるのだが、忘年会シーズンにもかかわらず、昨日まで予約をうっかりしていた。こういうときは、まぁ、美々卯さんあたりが無難だろうということで、京橋の美々卯さんに参戦して個室でうどんすきをいただく。うどんすきの方は、まぁ5人で3人前もあればちょうどよいのだけれど、大ボスはもちろん、美女3名もよく飲むので、小生にはちょっと手に負えない。ビア、日本酒、焼酎、ウイスキー。
 21時すぎに終了して、やれやれ、ゲ○することもなくなんとか帰れそうだと思ったのもつかの間、美女2名が銀座線に消えたところで、大ボスとYo子さんと3人で、東京駅近くの幅1メートルもなさそうな細い路地へ。これまた小生の手に負えなそうなお店で一献。火曜日だというのに盛大ににぎわっていて、盛大に歌っている。いつもなら、まぁ、小生もおつきあい程度には歌うのだけれど、とても太刀打ちできるような状況ではない。年齢層は40~55くらいと思われるが、演歌はほとんどなく、大ボスは浅丘めぐみを歌い、Yo子さんは、高橋真梨子を歌い、まわりのおっさんたちは、矢沢とかプリプリとかモー娘とか、よく覚えていないけれど、とにかく徹底的にやっていた。リゲインのCMのような光景というか、まぁ、日本もまだまだ元気じゃないか!みたいな世界ともいえるのだけれど、どうにか開放されて、終電近い東海道線に乗れば、ガラガラで、日本はやっぱり元気じゃなさそうだ。いずれにしても、Yo君にも見せたかった光景ではある。この組み合わせは、2ヶ月前に携帯がストンしてしまったメムバーであるから要注意であったが、なんとか無事に帰宅。
 ウィリー・ハンセン&ジャン・フレネ著「細菌と人類」を読みながら就寝。

« 12/1:中央リニアにかける夢 | トップページ | 12/5:時津洋オフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

国立科学博物館で「菌類のふしぎ」という展示をやっているそうですよ。

なんか、不気味そうですぅ。。。

「もやしもん」フューチャリング?だそうで、かわいらしいぬいぐるみやグッズもあるようですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/1:中央リニアにかける夢 | トップページ | 12/5:時津洋オフ »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録