« 2/1:美女とジャムプ中止 | トップページ | 2/7:沖縄に行きたい »

2009/02/02

2/2:大麻はそんなに悪いのか?

◆横浜・東京:はれ

 朝、おはよう日本を見ると、浅間山が噴火と聞いて驚く。しかし、よくよく聞いてみると、そんなにめずらしいことでもないようだ。
 残業しているとヤッシーに捕まりそうなので、19時すぎに退社。横須賀線車内で、携帯のスポーツニュースをチェックしているとフェルプスに大麻疑惑。もっとも、「不適切な行為」と謝罪しただけで、真偽も明らかにされていないようだし、五輪期間中でなければ、ドーピングにもならないとのこと。タバコやアルコールほど害はないという意見もあって、国によってずいぶん位置づけが違うようである。
 詳しいことは、今後調べてからにしようと思うけれど、覚醒剤とごっちゃにした議論が多いようであるし、規制の根拠が、暴力団の資金源云々だとすれば、それもまた別の次元ではないかという気もする。
 少し論点は変わるけれど、飲酒運転の厳罰化についても、飲酒運転の結果起こした事故には厳罰を適用してもかまわないと思うけれど、機械で見地された微量の酒気帯びまで厳罰化するのはいかがなものかと思う。運転前に自分で正確なアルコール残量を計れないのだから、極端にいえば守りようがないのだ。ゴルフ場の昼間1杯のビールが後半の9ホールと入浴で抜け切らず、呼気に多少残ったとしても、事故との因果関係まで証明できるのだろうかと思う。
 ということで、若麒麟は、除名でなくて解雇。役人とはちがうんだし、相撲協会の退職金をもらったって小生は別にかまわない。文句言う資格があるとしたら、入場料払って熱心に観戦しているもがちゅーさんくらいのものである。それに、北の湖とちがって、今の理事長はまぁよくやっている気がするし、琴風(尾車親方)見てたら、悪い人には見えないしね。2階級降格もちょっとかわいそうなくらい。Qさま!見ていたら、そのまま報道ステーションになってしまって、 古舘伊知郎は、「厳重に処罰しないと大変なことになる」とか力んでいたけど、そこまでえらそうに言うのだったら、まずは、井上陽水、内田裕也、研ナオコ、錦野旦、美川憲一、勝新太郎、長渕剛らを一同に集めて面と向かって徹底的に糾弾してからにしてもらいたい。ちょっと怖くてできないよ。できないのならえらそうなこと言うべきではないのではないかと思う。とりあえず、もっと悪いことは他にいくらでもありそうだ。

大麻(Wikipedia)

 フレンチマリー号、大晦日以来の一戦。3歳1組の碧空特別。相手も大幅に弱くなった代わりに、1着賞金は、東京2歳優駿牝馬の1/5以下の300万。それでも勝てば、42型テレビ代のかなりの部分を回収できたのだが、断然の1番人気で差されて2着。これでは、エサ代を引いたら、北の大地への片道の航空券にもならない。
 遺憾なニュースも多い中、バルコニーのクリスマスローズがようやく開花。これは、ちょっとうれしい。

D090202a

|

« 2/1:美女とジャムプ中止 | トップページ | 2/7:沖縄に行きたい »

コメント

オランダでは合法的に吸えますからね。種類によって強さが違って、経験者曰く、強いのを吸うと空を飛ぶような気分になったり二日酔いみたいになるそうです。行ってみようかな。アメリカ人も大半は経験したことがあるんじゃないでしょうか。

投稿: guhnguhn | 2009/02/03 08:29

日本での大麻吸引は罪。よって吸う方々は確信犯。犯罪は犯罪。別に他の国?他の人?が吸っているから・・・だから日本人がおかしくなるし、最近の日本人の感覚が異常になんだよ。甘すぎ!!もっと引き締めてほしい。

投稿: 確信犯 | 2009/02/04 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/1:美女とジャムプ中止 | トップページ | 2/7:沖縄に行きたい »