« 3/9:古田の解説 | トップページ | 3/14:Suicaで行く北の大地@ホワイトデー »

2009/03/10

3/10:ポリープをとる

◆横浜:くもり時々はれ

 昨晩は、ラキソベロンを飲んで就寝して、未明に早くも3回くらいトイレにしゃがむ。一応6時30分に起床。いよいよニフレックさんである。粉を水で溶かすスポーツドリンクみたいなやつを2リットル作る。最初の1杯はゆっくりと。特にまずくはないが、もちろん美味しくもない。前にも同じようなことを書いたけれど、成人男子の標準が2リットルだったら、小生は1.5リットルくらいで十分なはず。副作用のリスクを説明するのも結構だけれど、その前に、体重に応じて多少は増減させることも考えるべきではないか。
 30分くらいで3杯目を飲んだあたりで、早くもトイレに。2時間かけて何とか全部飲みきるが、その間も15分おきくらいにトイレに。途中からは完全に水である。
 10時すぎには、ようやくトイレ通いも一段落してきてベッドで読書、昼前には、植木の手入れをしてから、入浴して、いよいよ病院へ。病院が家の隣というのは、大腸関係の検査の準備(トイレに通う)には、自宅ですべて終わらせてから安心して参戦できるという点で、とても便利とあらため実感する。
 検査着に着替えて入場。前回同様のお尻に穴の開いた紙のパンツ。台の上に仰向けになると、ロクに説明もないまま左手には注射。右手で血圧を測るのだが、機械が不調とかで何度もやりなおし。そのくらい事前に調整しておいて欲しいし、注射針刺しているときに、逆の手をはいえ、ばたばたしないで欲しいとも思う。
 お尻からカメラを突っ込まれて、いよいよ検査開始。自分でも見られたりするのかと期待していたが、全然そんなことはないし、それに、どんどん腸の奥の方にカメラが入っていくにあたって、ガスがたまるのか、何なのか、うまく表現できないが、けっこう痛いし苦しいのでそんな余裕もない。先生はどうやら女医さんのようで、別にかまわないのだけれど、どうも安心感を感じさせてくれないタイプ。なんとか耐えていると、奥から下の方へまた戻ってくる。バリウムのときは、肛門の違和感は、最初だけだったのだけれど、こちらは、カメラが動くたびに、肛門のところに管が出たり入ったりしているような違和感が続く。結局、レントゲンで写っていた小さなポリープ以外にはみつからず、予定通りにこれを切除。こちらは痛みはまったくなく、切られている感覚はない。
 終了すると、隣のベッドで15分ほど安静に。下腹部にけっこう違和感がありけっこうしんどいので、廊下や隣の控室の看護婦さんの私語なんかも妙に気に触る。
 会計を済ませて退場。さすがにけっこう費用がかかったので、帰りにコンビニのATMによるが、動揺しているのか暗証番号を間違えてしまう。やりなおすのも億劫なので、おかゆだけ買って早々に帰宅。
 3時間ほど読書して、ようやくすこし元気になってきたので、ヤクルトとおかゆとごはんですよをいただく。リビングの窓からは、実は、病院の病棟が見える。1泊くらい入院してきた方がラクだった気もしなくはないが、やっぱり自宅で42型をみたり、読書している方が気楽かもしれないとも思う。
 ところで、あとは、基本的には、安静にしていればよいとのことであるが、アルコールとお風呂と旅行は10日間控えろとの指示。よりによってアルコールとお風呂と旅行とはねぇ・・・

D090310a

|

« 3/9:古田の解説 | トップページ | 3/14:Suicaで行く北の大地@ホワイトデー »

コメント

大腸内視鏡検査、お疲れ様でした…
大腸カメラ体験仲間が増えて、うれしいです(笑)
私は1、2年に1回受けてるので検査自体は慣れましたが、あの下剤2リットルだけは何度飲んでもしんどいです。
でもせっかく辛い思いをしたのに、検査中の映像を見られなくて残念でしたね。
しかし、アルコールはともかく、なぜお風呂と旅行まで控えるんでしょうかね???ポリープ取ったから???

投稿: ないる | 2009/03/12 00:25

ポリープとったから、炎症や出血を警戒ということのようですが、会社を休めとは言わずに、10日間は旅行NGとはあんまりです。というわけで、禁酒は守りますが、札幌ドームへは参戦しますです。(^^)

投稿: しんちゃん | 2009/03/12 21:17

10日もお風呂NGなのですか?
あ、シャワーなら可ってことなのかな。

私も去年、胃が半年ぐらい痛くて、ついに胃カメラしたのですが、結局なんでもなかったんですよねー。
ただのストレスだったのかな。


最近は、父が他界したショックで、猫と1人暮らしをしている母がうつ気味で、心配です。
何回同じことを言っても忘れてしまったり。
まだ68ですが、歳をとると忘れっぽくなるのはこんなもんなのかなぁ。。
それとも、急に1人になったからかなぁ・・・、

などと、
私も少々精神的介護でグッタリ気味です。

春になったら、母の好きな草花の手入れの時期なので、今がふんばりどころです。

今日も電話を入れたら不在なので、
なんとか週1の社交ダンスに行けたようで、安心しました。。

投稿: umm | 2009/03/13 20:37

さすがにシャワーはOKですよ。小生のところも、父が亡くなったあと、母の体調がしばらく悪かったです。時間が解決すると思いますが、しばらくは、大変ですが、ummさんのフォローも大事かと思いますです。

投稿: しんちゃん | 2009/03/14 21:51

ご無沙汰しております。
進ちゃんにあたった先生は下手みたいだね。僕のときは、事前の説明も丁寧だし、モニターも自分で見れたし、違和感も少なかったので、まぁまぁ快適でしたよ。再来年くらいならまぁいいかなと思ってます。
ポリープ、ちょっと心配だね。

今家族旅行で伊東に来てますが、色々経緯があって何とサンハトヤです。以外と快適です。またハセシュンタロウ杯で会いましょう。

投稿: ハセ シュンタロウ | 2009/03/15 23:29

みなさん、自分で見られるみたいですよねぇ。。。どうも今イチでした。
サンハトヤですか。「伊東に行くならハトヤ♪」と言いますからね(^^)
ハセシュンタロウ杯、5/6空けております。よろぴくお願いします。

投稿: しんちゃん | 2009/03/16 06:19

そういうもんなんですね。
もうすぐ一周忌なんですけどね。。
正月までは調子よかったんですけどね。。


母は末っ子で、甘えんぼうだからなぁ・・。
最近、もう大丈夫かと思い、あまり電話してなかったので、さみしい病が出たのかもしれませぬ・・。


とりあえず、宅配弁当などを随時利用することにしました。
本人食欲ないから、食事作る気がしなく、買い物にも行く気がせず、食事量も少なく、
入院レベルすれすれだったのですが、入院してしまうと、毎日の散歩と猫とのふれあいがなくなってしまうのも、本人にはつらいと思って。

今日は、ちょっと元気な声してました。
でも、心配してほしいからか「我慢して食べてるよ~」などと言っていましたが、
その声は、先週より力強さあり(笑)。


私の方は、先週急きょ帰省して、地域包括支援センターの相談員さんと面談したり、親戚や近所の人と話したりで、
なんとか、気持も「やるっきゃない!」と持ち直してきました。
帰省の最後の日は、ひとりで近所の温泉に行って2時間ほどガス抜きしました(笑)。

投稿: umm | 2009/03/24 20:56

そうでした。ummさんの場合は、遠いから、ちょくちょく顔出すわけにはいかないですものね。我が家は、妹がちょくちょく相手をできましたからね。でも、一周忌が、けっこう区切りになりました。でも、心配している方がだんだん気を吸い取られてぐったりしてくることも多いので、自分へのご褒美も必要かと思いますです。

投稿: しんちゃん | 2009/03/28 10:38

>気を吸い取られてぐったりしてくる

たしかに、そうかもしれませんね。
それでちょっと3月と4月頭はぐったりしていたかも。。

今もまだ、親の調子はいまひとつですが、薬を飲んでいるので、そのうちよくなるといいんですけどね。


それとは別に、4月に転職してほぼデスクワークになったので、
どう運動不足を解消するかが、私の今の課題です。


採血したら、インスリン出過ぎとか。食後に運動しなさいと言われちゃいました。
このまま行くと先々は糖尿ですよと・・・、痩せてるのにガーン。。。

遺伝的体質なのかも父の兄弟がみなそういう感じで。

とりあえず、2駅分徒歩通勤を始めてみました。

投稿: umm | 2009/04/20 23:08

糖尿とは怖いですが、2駅分歩くとはすごいですね。小生もかなり運動不足ですが、朝、階段を7階まで上るだけで腹筋も終了したままです。遠征のときは、結構歩くのですけどね。

投稿: しんちゃん | 2009/04/22 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/9:古田の解説 | トップページ | 3/14:Suicaで行く北の大地@ホワイトデー »