« 4/26:貧乏神に雨男、ローズにやられ、雨雲居座る。 | トップページ | 4/29:世界卓球2009横浜 »

2009/04/28

4/28:開国博Y150開幕!

◆横浜・東京:はれ
 
 横浜開港150周年のメインイベント、横浜開国博Y150がいよいよ開幕。早々に帰宅して参戦することにする。久しぶりに乗った電動アシスト自転車がバテリー切れで出鼻をくじかれるが、会場までは、重たい自転車をこいで5分もあれば到着。便利である。
 9月末までの5ヶ月の開催ということで、全期間通しの入場券(1万円)を購入。使いまわしされないように、スピード写真で撮影した写真を貼付させられて、まずは、「Y150はじまりの森」に入場。おなじみの巨大クモがお出迎えだが、夜は動かないようなので、こちらは明日のお楽しみ。ENEOSナイトピックニックということで、夜の場内はなかなかいい雰囲気。夏場はさらによいのではないかと思う。

D090428a
D090428b

 フードコートでビアと冷麺をいただき、第2会場の「Y150トゥモローパーク」へ移動。こちらは、宇宙飛行士の向井千秋さんプロデュースのアースバルーン「HOME」。直径20メートルの地球儀が美しく浮かび上がる。こちらは、夜しか楽しめない。ちなみに、各会場は22時まで営業してくれるので、近隣住民としては、会社帰りにふらっと散策するには手ごろである。アースバルーン終了後は、未来シアターにて、アニメ映画「BATON」。こちらは、1回20分だが、3部作なので、5月末にまた来ないと続きが見られないように工夫されている。

D090428c
D090428d

 もうひとつ「NISSANY150ドリームフロント&スーパーハイビジョンシアター」もあるのだが、次回以降にして、はじまりの森へ戻る。実は、有料会場はベイエリアではこの3つだけ。夏になると、ズーラシア近くにヒルサイド会場がオープンするが、いわゆる万博レベルと比較すると、相当小規模である。そもそも、横浜駅~みなとみらい~赤レンガ倉庫~大桟橋~中華街~山下公園というのは、日頃からにぎわう観光ルートなので、今さらあれこれハコモノを作るよりは、それらをつなぐ場所にいくつかパビリオンを用意して、後は、横浜の観光コースと組み合わせて自由にエンジョイしてもらおうという趣向。これはなかなかよかったのではないかと思う。ちなみに、50周年のときは、開港記念館、100周年のときは、マリンタワーが作られたが、今回は、ハコモノはなくて、新たに作られるといえば、6月にオープンする象の鼻パークくらい。これも住民としておおいに賛同できるところだ。
 グッズを買いこんで今日のところは引き上げようとすると、たねまるが登場。最初は、違和感があったけれど、慣れてくるとこいつもなかなか愛嬌がある。それにしても、グッズの充実ぶりは相当なものである。直前になって、ヒールキャラのペリー・テイトくんも参戦してきた。

D090428e

 けっこう冷え込んできたので、隣接する万葉倶楽部に参戦。何しろ開国博周辺には、温泉あり、映画館あり、ショッピングセンターあり、美術館あり、遊園地あり、ホテルあり。ぜひ自由に組み合わせて、多くの人に2009年の横浜をエンジョイしていただきたいものだ。

D090428f

|

« 4/26:貧乏神に雨男、ローズにやられ、雨雲居座る。 | トップページ | 4/29:世界卓球2009横浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/26:貧乏神に雨男、ローズにやられ、雨雲居座る。 | トップページ | 4/29:世界卓球2009横浜 »