« 5/1:爽やかなGWの北の大地のち建山でぐったり | トップページ | 5/3:4万人のさくらまつり、稲葉、涙のサヨナラホームランで大団円! »

2009/05/02

5/2:勝利の女神がやってきて今年もサヨナラ勝ち!

◆札幌:はれ

 久しぶりに目覚ましをかけずにゆっくり寝てみたのだけれど、8時には起床。パークホテルの朝食ヴァイキングは洋食オンリー。道スポを買う気にもなれず、部屋に配達されたニッカンのみ。オレンジジュース2杯、りんごジュース1杯。
 ゴールデンウイークは、パークホテルに決めつつあるのは、中島公園の散歩が気持ちよいから。ちょうど桜も咲いているし、kitaraがあって、豊平館もある。大回りも小回りもできて、散歩コースにはうってつけである。
 
D090502a
D090502b
D090502c

 昨日の疲れもとれないし、いったん部屋に戻って、FFFFFやBSのメジャーリーグ中継を見ながらだらだらとすごす。しかしながら、外は絶好の行楽日和。早起きして、モエレ沼あたりに参戦すべきだったかとちょっと後悔。12時前にようやく動き出して、南北線で澄川へ。ここから、散歩がてら羊が丘まで歩いて見ようと思ったのだが、3キロはたっぷりあるし、バス通りなので、歩いていてもおもしろくない。ようやく展望台についたときは、ぐったり。羊が丘の展望台は、10年ぶり2回目くらいだろうか。大志どころか小志も抱かない小生であるが、一面の緑と羊さんの向こうに銀色のドームが映える景色は悪くない。このまま緑の中をドームまで歩きたいところであるが、道路を迂回しなくてはいけないのが残念。このあたり、もう一工夫できないものか。ドームでは、昨日に引き続き桜まつり開催。焼き鳥とビアをいただいているとないるさんを発見。

D090502d
D090502e
D090502f

◇2009/5/2:○F 7x-6 L(札幌)

 久しぶりのやきう小僧。長い試合は勘弁して欲しいところだが、ストライクが先行していい感じがと思うと、いきなり中島に被弾。まぁ、これは打った方がうまかったという当たりであったが、5回にGGと平尾にも被弾。あんまりな雰囲気が漂う。
 しかし、その裏、大野、金子と連打で無死1、2塁とすると、勝利の女神けいこさんの指示はバント。賢介がしっかり決めると、ここでライオンズはなぜか前進守備。1点くらい与えてもよいのになぜ前進守備なのかまったく理解できない。けいこさん曰く、「西武ドーム3連敗があまりにも悔しかったのでは?」とのことだが、ひちょりの当たりは、三遊間を抜けて、前進守備があだになった。そして、ジンギスカンに乗せて、稲葉、小谷野、スレッジ、高橋と怒涛の5連打で一挙5点。盛大である。しかしながら、なお1死1、3塁でニ岡は浅い中飛。ここでダメ押しできないのが後々大きく響く。押せ押せのこの状況で終了とは、さすがニ岡としか言いようがない。

D090502g

 それでもまぁ安心して逃げ切りかと思っていると7回に、好投の弥太郎から上本がヒット。2死1塁で、何も代えなくてもよさそうな場面で菊池投入。ボカチカはまぁ打たないだろうと思っていると、あっさりレフトスタンドに叩きこまれた。同点。あんまりな雰囲気が漂う。
 8回からは、林。これが、まぁ、大野のミットにまったくボールがいかない。ニ岡ともども北の大地の人々はなるべく暖かく迎えようとしているにもかかわらずこれでは、どうにもならない。しかも一番打てなさそうな江藤に死球。もはやこれまでかと思うが奇跡的に抑える。
 奇跡的に抑えたのだから、さっさと引っ込むかと思った林が続投。またしてもピンチを招いて、もはやこれまでかというところで、ようやく林をあきらめたのはよかったのだが、建山か久かと思うと、なんとちびっこ谷元。いくらなんでも荷が重いのではないかと思うが、奇跡的に片岡を併殺。
 10回も谷元、11回は久。12回になってしまうと建山でどんよりした雰囲気になりそうで、なんとしてもここで決めたい。先頭のひちょりが今日5本目のヒットで出塁。そういえば、2006年にも、けいこさんが参戦したときには、ひちょりの6打数6安打があって、最後は劇的なサヨナラで決めたのだ。けいこさんの来道はほとんど勝っている気がする。
 稲葉で決めたいところだったが、四球。絶好調小谷野だけに悩ましいが、やはりここはバント。1死2、3塁。スレッジが敬遠に決まっているから、信二と坪井で勝負と思うと、なんと土肥が投入されてスレッジ勝負。延長の裏の攻撃で1死2、3塁で塁を埋めずに5番と勝負とはちょっと理解できない。フォースプレーにならないので、ものすごい前進守備だが、最後は、大きな外野フライでサヨナラ勝ち!待望の札幌ドーム初プシュー観戦はピンクのプシューだ!
 今日は僕たちのボールパーク。少年のインタビューにはスレッジがちょっと荷が重かったが、まぁそれもご愛嬌。とにかく勝ってよかった。さすがは、勝利の女神けいこさんである。

 遠征は、最終日よりもその前の日に勝ってくれた方がお酒が美味しい。狸小路近くのおしゃれなビルの4Fの野菜中心の創作料理みたいなお店に参戦。お酒も種類が豊富だし、味はよいのだけれど、店員さんが突っ込みどころ満載。
「ファイターズ戦ですか?」
「そうです。」
「今日は勝ちましたか?」
「サヨナラ勝ちですよ。」
「今日は誰が投げましたか?」
「藤井ですよ。」
「そうですか。明日も藤井ですか?」
「・・・」
 やきう小僧はもういいよ。その後もトンチンカン極まりない対応で、機嫌が悪かったら、盛大にやりかねないところであったが、サヨナラ勝ちに免じて許してあげる。アラフォー3人で、イワオ問題、西俊児問題ほか、90年代のパ・リーグについて語る。マウンドで崩れ落ちるといえば、斉藤和己とジョニー黒木だという結論も出たところで、22時にお開き。すすきのの夜風も気持ちよい。恋のから騒ぎ、世界弾丸トラベラー、すぽるとを見て就寝。

D090502h
D090502i

|

« 5/1:爽やかなGWの北の大地のち建山でぐったり | トップページ | 5/3:4万人のさくらまつり、稲葉、涙のサヨナラホームランで大団円! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5/1:爽やかなGWの北の大地のち建山でぐったり | トップページ | 5/3:4万人のさくらまつり、稲葉、涙のサヨナラホームランで大団円! »