« 9/25:負けなかった。らしい。。。 | トップページ | 9/27:稲葉には祈り通じず、屋根も開かず~ドッキドキの福岡遠征 ・Part2~ »

2009/09/26

9/26:ニオカセンシュに通じた祈り!~ドッキドキの福岡遠征 ・Part1~

◆横浜→福岡:はれ:21831歩

 5時30分起床。ねみぃし、ぐったりしている。入浴。YCAT6時25分発のバスで出発。ラウンジでおにぎりとオレンジジュースをいただきANA241便で出発。非常口座席で熟睡して久しぶりの福岡へ。

D090926a

 当初の予定では、胴上げシリーズになるはずの福岡遠征だが、いかんせん8月後半から連敗続きで、アウェーでパ・リーグの天王山を迎えることになってしまった。6週連続遠征の5週目で疲れている。午前中はひとりなので、大濠公園に参戦してベンチで日向ぼっこしながら読書。のど飴。体力温存。半袖余裕。よく晴れてあちぃくらい。

D090926b

 キャナルシティのラーメンミュージアムで、初代だるまさんをいただき福岡空港へ。北の大地からのJ社便もほぼ定刻に無事到着。一蘭をエンジョイされたけいこさんとも合流してドッキドキの福岡遠征が本格的にスタート。

D090926c

 大宰府で厄払いという案もあったけれど、夏のようなお天気なので、海ノ中道へ参戦。マリンワールドでは、サメ祭り開催中とのことで、さとぼうファンのけいこさんとしては、はずせないイベントであったが、これがスカ。前回のぽにょ参戦といい、この水族館のイベントはどうしようもない。施設自体はそれなりに立派なので、余計な企画展はしない方がよさそうだ。
 小生が時間を間違えてしまい、イルカショーの途中で退場して、船でももちへ。いよいよ決戦の地。ヤフードームへ参戦!

D090926d
D090926e
D090926f
D090926g
D090926h

◇2009/9/26○F 5-4 H(福岡)

 本日は、ソフトバンク提供の980円チケットでの入場。3塁側の上段。さすがに周囲はホークスファンばかりでアウェー感が漂う。ただ、意外にも場内満員にはなっていない。昨日の引き分けでもうあきらめムードなのだろうか?ラベンダーユニをやめて、原点にかえるべく「TANAKA6」を着用。美女2人も今日は白ユニ持参。6-32-8で並ぶ。
 アラフォー世代にはなつかしい中村あゆみさんの始球式でプレーボール。1番松田にいきなり被弾。相手が杉内だけに早くなんとかしないとこの1点が重くのしかかりそうな予感。
 
D090926i

 反撃は5回。このところまったく打てない賢介だが、彼は福岡が地元。けいこさん曰く、昨日は母親の手料理を食べて元気になったはずとのこと。小生などは、悪友と飲みに行ってしまっただけなのでは?と心配したのだが、見事にタイムリー。
 しかしながら、苦労してようやく追いついたのもつかの間、小久保タイムリー。多村のセンターフライは浅かったので、イトイ選手の肩の見せ所だったのだが、送球の態勢に入ってからなぜか落球。意味不明。
 敗色濃厚の8回。2死3塁で高橋というところで、なぜか杉内交代。114球。理解不能。ホークスは、連勝するしかなく、そのためには、昨日2イニングずつ投げた攝津と馬原はできるだけ温存すべきで、今日は杉内完投が理想。そして、別にこの回、杉内が打ち込まれたわけでもない。百歩譲っても9回頭からの交代でよかったはず。エースをこういう形でイニングの途中で代える理由がまったくわからない。信二タイムリーで1点差。
 采配は不可解だけれど、8回裏にダメ押しを追加されてしまえばそれも帳消し。なおもピンチが続いたところは、金森が奇跡的に抑えたけれど、2点差では、もはやこれまでという雰囲気。ただ、おなじ負けるにしても、見せ場がなさすぎる。最終回は、6番から。中田と鶴岡には代打だとして、3人出塁して2死満塁で代打二岡というくらいの見せ場が必要と思っていたら・・・
 あっさり2アウト。やはり、せっせっ攝津は打てないのか?ここでカッコ悪い道を選んだ坪井が意地の2ベース。さらに金子ヒット。母の手料理で元気になった賢介は、追い込まれながらもきわどく選んで最後は四球。ワイルドピッチで金子は3塁まで進んだ。そして、代打は、ニオカセンシュ!そして、北の国から!
 なんどもなんども祈っては裏切られたニオカセンシュだけれど、ここは、3人とも真剣に祈りました。そして、打球は、ライト前に!!!ミラクル!!!同点!!!
 攝津KOで馬原。いったいどっちがクローザーなのか?秋山采配どうにもよくわからないが、こうなれば、もう押せ押せ。普通に考えれば、稲葉で勝ち越しのはずなのだが終了。
 見せ場を作るだけでもなんて言ってたけど、追いついてしまえば負けたくないもの。しかし、金森続投。たしかにホークスとちがってファイターズは今日絶対勝たなくてはいけないわけではないから、あわてて久を出すこともない。このあたり梨田采配はしっかりしている。そして、金森が一世一代ともいえる投球で9回、10回をぴしゃり。
 11回、1死2塁のチャンス。左の賢介の前に森福から藤岡に代えた秋山采配も謎だが、大野、稲葉連続三振で終了。稲葉6タコ。
 11回裏から久。2死1塁から田上の打球がライト線へ!終了!と思ったが、ファウル。三振。やれやれ。
 12回表。やけくそになってきたのかチキチキバンバンが始まる。そして、1死から、スレッジ選手の弾丸ライナーがフェンスを越えてついに勝ち越し!
 12回裏は、ただただ3人で祈り続ける。何事もなく3人で片付いたのだけれど、とてつもなく長~く感じた。最後はピッチャーゴロ。勝利!!!
 2万歩以上歩いて、後半はひたすら祈り続けて疲れ果てたけれど、とにかく連敗脱出。マジック7。シーホークへ向かうけいこさんと友人宅に向かうかんちゃんをお見送りして、ぐったりのホークスファンに隠れるようにして地下鉄で祇園へ。うま馬さんでビアとラーメン。ドーミーインさんにチェックインして温泉露天風呂。これもすべてニオカセンシュのおかげ。すばらしい☆

D090926j
D090926k
D090926l

|

« 9/25:負けなかった。らしい。。。 | トップページ | 9/27:稲葉には祈り通じず、屋根も開かず~ドッキドキの福岡遠征 ・Part2~ »

コメント

お疲れさまでした、勝利!素晴らしい!
終盤押し迫ってからの戦いぶりと、せっせっ摂津と馬ーの使い方、秋山ホークスに疑念を抱いてる鷹党は私だけじゃなく福岡にもたくさんいるはずです。
最後の首位攻防戦で中村あゆみ始球式で(笑)スギ先発、いうまでもなく勝つ事を義務付けられた試合ですから、スギ完投にこだわらなければならないし、連日投げてお疲れモードのせっせっ摂津がワンポイント、9回頭から馬ーに変えるのが常識です。
目指す目標が、優勝からCS開催に変わりました。

投稿: buschan | 2009/09/27 11:02

ヒルマン~梨田とオーソドックスな采配で、あまりストレスがたまらないのはファンとしてありがたいです。ボビーやナベQなどは、采配は?でも、チームを盛り上げるという点で評価できますが、秋山ホークス、今ひとつ明るさも感じられないように思います。

投稿: しんちゃん | 2009/09/28 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/25:負けなかった。らしい。。。 | トップページ | 9/27:稲葉には祈り通じず、屋根も開かず~ドッキドキの福岡遠征 ・Part2~ »