« 9/4:日産T氏オフ | トップページ | 9/6:杜の都でげんなり »

2009/09/05

9/5:新潟競馬、米坂線、米沢牛

◆横浜→新潟→豊栄→坂町→米沢→福島→仙台:はれ:17607歩

 5時起床。さすがにねみぃ。入浴して、植木に水をやって、6時5分発のみなとみらい線で出発。6時17分の横須賀線グリーン車にて日経を熟読しながら東京駅へ。7時8分発のとき号に乗車。上越新幹線は、他の交通機関との競争がなくJRの独壇場のため、車両はオンボロの200系。速達タイプも少なく早々に満席になってしまったため、とき305号は、各駅停車。新潟まで2時間20分以上もかかる。それでも車内はほぼ満席。ニッカンを読んだ後、熟睡。越後湯沢あたりでだいぶ空いたようだ。

D090905a

 新潟駅からは、直行バスで新潟へ。90年代には頻繁に通ったコースだけれど、かなり久しぶり。バイパス経由のバスは、以前は30分以上かかった気がするのだけれど、今日はスイスイで20分足らずで競馬場に到着。アイビススタンドのB指定席がまだ残っていた。
 5週連続遠征の1発目となる今週は、久しぶりの宮城スタジアム参戦を前提に、北の大地の芋ほりを組み合わせる案も検討したがさすがに難しいので断念。愛馬2頭が土曜の新潟競馬に出走ということで、急遽新潟から仙台への転戦に決定。新潟でも仙台でも乗り放題の土日きっぷがとても便利である。
 夏の新潟競馬というと猛暑のイメージが強いけれど、今日は、よく晴れているものの、気温はそれほど高くなく半袖でちょうどいい感じ。緑の芝生も映えて美しい。豚汁、ビア、ラーメンなどいただいて、お目当ての6Rに備える。

D090905b
D090905c
D090905d

 6R・3歳未勝利戦。愛馬エフロレス号は、昨年、弾丸トラベラーの函館でデビュー戦を応援して以来の観戦。デビューからしばらく低迷していたが、今年の3月に突然2着に突っ込んできてからは、2着3回、3着2回、4着1回と安定。しかしながら、追い込み一辺倒でどうしても差し切れないし、未勝利戦も残りわずか。おそらく、今日とあと1回しかチャンスがない。使い詰めで上積みという点では乏しいが何とか1つ勝っておかなくてはいけない。
 レースは、まずまずのスタートから中団につけ直線へ。名手内田、イチかバチかインを突くかと思ったが、リスクを避けて、直線外へ。そこからグイグイ伸びて、回りから見られてしまうくらい盛大に手を叩いたのだけれど、わずかに届かず2着。先行馬が止まらないのでいかんともしがたいが痛恨である。おそらくチャンスはあと1回。とにかく1つ勝てば、上のクラスでもソコソコはやれそうなだけに何とかして欲しいものだ。

D090905e

 場内には、お店もいろいろ出ていてグルメも充実しているようだ。2着の賞金でも遠征費は十分回収できるけれど、やはりこの時期の未勝利は勝たないと意味がないので、祝杯とはいかない。それでも、スパークリングワインとパスタをいただき次の9Rに備える。
 9R瓢湖特別。愛馬ビターオレンジは、ジャングルポケット*オレンジピールだからまずまずの良血馬なのだけれど、低迷続き。2400m戦にわずかな望みをかける。めずらしくスタートが良く、無理せずに好位置につけ、内回りの4コーナーをインで手堅く回って、一瞬伸びるか?!と思わせたけれど、そこからあっという間に終了。最高にうまく乗ってくれたと思うけれど、それでも9着だからもはやいかんともしがたい。

D090905f

 この後にメインレースを控えているけれど、杜の都へ転戦するため途中退場。新潟駅まで戻っている時間はないので、タクシーで豊栄駅へ飛ばす。15時55分の普通列車でよかったのたけれど、一本前のいなほ号に間に合った。この列車はなんと青森行き。このままのぼーっと乗っていれば、本州の北のはずれに運ばれて、明日にはキュートすぎる美女のいる北の大地へも行かれるのだから魅力的ではあるけれど、ぐっとこらえて坂町駅で下車。米坂線にて山を越える。
 米坂線は初乗りだけれど、以前、新潟競馬から北の大地へ転戦する際に、並行する国道113号線を走ったことがある。特別な景勝地のない地味なローカル線だけれど、古きよき日本の田舎を感じさせる景色ではある。もっとも、車両の方は、新しいディーゼルカーで冷房もついて快適。2両編成の車内は3~40人くらい乗っている。県境を越えて、途中の小国では20分停車。のんびりと晩夏の日が暮れていく。

D090905g

 新潟から山を越えて出たところが仙台とはいかなくても、せめて山形ならラクなのだけれど、2時間半かかってまだ米沢。山形新幹線で福島回りで仙台へ向かう。ところが、すぐに乗り継ぐつもりでいたのに、ここで1時間待ち。時刻表を見間違えていたようだ。これでは、仙台に着くのは、21時半近くなってしまう。すでにかなりぐったりしているし、夜の米沢駅まで1時間の待ち時間を有効に使う方法はちょっと思いつかなかったのだが、駅前に、何やら由緒ありそうなステーキハウスを発見。牛タンを断念して、米沢牛ステーキに変更。4800円だからいいお値段ではあるけれど、さすがにやわらかくて美味。疲労も回復して、つばさ号で福島へ。さらにやまびこ号でようやく杜の都。仙台へ到着だ。
 本日のお宿は、ドーミーイン仙台駅前さん。早朝から21時すぎまで我ながら元気だなと思う。万歩計の歩数も伸びている。ホテル内の萩の湯さんで疲れを癒して、土曜スポーツタイムでファイターズ勝利を確認して、弾丸トラベラーを見て就寝の予定。マジックはひとつ減って23。

 ○新たに乗りつぶした路線:米坂線
 ○新たに乗りつぶした距離:90.7キロ。
 ○今までに乗りつぶした距離:17534.6キロ。
 ○まだ乗りつぶしていない距離:2310.1キロ。
 ○乗りつぶした路線の割合:88.36%(△0.46)
 ○会社別:JR東日本:

D090905h
D090905i

|

« 9/4:日産T氏オフ | トップページ | 9/6:杜の都でげんなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/4:日産T氏オフ | トップページ | 9/6:杜の都でげんなり »