« 10/31:日本シリーズ開幕☆ | トップページ | 11/3:無念の空中戦~日本シリーズ第3戦~ »

2009/11/01

11/1:貧乏神去り、エース来る~日本シリーズ第2戦~

◆札幌→横浜:あめのちくもり:6225歩

 6時40分起床。昨日は負けたし、冷たい雨では、近くのコンビニまで道スポを買いに行く元気もないが、オークラさんのお部屋には朝日新聞が届けられてしまう。朝食ヴァイキング会場には、スポニチさんしかない。グランドホテルとかパークホテルもそうなのだけれど、東京資本だからといって、道新と道スポを置かないのは遺憾である。
 お部屋でだらだらとすごして、11時前にチェックアウト、11時10分の快速エアポートで新千歳空港へ。諸般の事情により、味の友愛は自粛しているので、近くにある旭川ラーメンをいただく。まずまずのお味であったが、壁には武部氏のサインを発見。曰く、「花に水、人に愛」とのこと。何やら友愛に似ている。まぁ、町村氏に比べれば、武部氏はそれほど嫌いではない。高橋はるみ知事のサインもあったのはいかがなものかと思うが、平原綾香さんのサインもあったので、まぁ許すことにする。1本繰り上げて、12時半のANA62便で羽田へ。
 11時の札幌の気温は、4.7度、14時の東京の気温は、24.9度。むちゃくちゃである。汗をかきながら、急いで帰宅して、天皇賞に緊急参戦するも、大敗。

D091101a

 日本シリーズ第2戦。第7戦があれば、来週の月曜日は休まなくてはいけないので、この試合だけは断念したのけれど、先発はなんとダルビッシュ。キヨ選手とSHINJOのダブル解説のフジで観戦。キヨ選手の解説をじっくり聞くのは初めてだけれど、どうしてどうして大したものである。ただ、Gの試合はあまり見ていないとのこと。すばらしい。
 3回裏、簡単に2死になってから、稲葉がファウルで粘る。キヨ選手曰く、
「野手はチェンジになった気分で、さぁ攻撃と思っているので、こういうところから粘られると嫌なんですよ。」
 そして、ここで稲葉がホームランを打つと、ここから得意の連打。本当に今年は、2死無走者からの大量得点が多い。
 立ち上がり、三宅アナは絶賛していたけれど、ダルビッシュのピッチングは最初から明らかにおかしい。スローカーブでかわしてなんとかごまかす。ボーナスゲームで気楽に観戦するつもりだった日本シリーズだけれど、これを見せられると涙が出そうになるし、応援に力が入らざるをえない。SHINJOは訳がわからないのだけれど、時々鋭いことを言う。イトイセンシュの攻守にも、
「わざとスタートを遅らせて、ランナーをホームへ突っ込ませて刺さなくては」
 とはさすがとしかいいようがない。
 替えどきも見事。G打線だから、最後の最後まで油断できなかったけれど、宮西→金森→武田久のリレーも完璧。大きな大きな1勝。これで、東京ドームでの応援もがむばれる。
 それにしても、この2試合を見ていると、CS第1Sなんかに比べると明らかにレベルが高い。GとFがリーグ優勝したというのがよくわかるし、両リーグの順位をあらためて見直すと、打力でも投手力でもなく、守備力と監督の能力にかなり相関しているのではないかと思う。
 「NHKスペシャル 証言ドキュメント 永田町・権力の興亡」も楽しみにしていたのだけれど、途中からになってしまった。これは、あらためて再放送でじっくりと見たい。今日のところは、かに寿司をいただきながら、スポーツニュースをエンジョイして就寝。

D091101b

|

« 10/31:日本シリーズ開幕☆ | トップページ | 11/3:無念の空中戦~日本シリーズ第3戦~ »

コメント

敵の伊原コーチをして「これでダルが勝ったら大輔以上、怪物だ」といわしめたまさかの登板、勝利。
本人も認めるとおりの絶不調で、ストレートはガッツに投じた2球が精一杯でしたが、まさに魂の投球としか言い様がなかったです。
つーさんの「今世界でおまえが一番かっこいい」、つーさんでなければ言えません
ダルがますます北の大地の皆さんのハートをがっちりわしづかみにした一夜でした。

投稿: buschan | 2009/11/02 21:26

強いG相手になんとか2勝2敗。できれば、ダルに頼らずに決めたいところですが、7戦となったらもう1回ですかね。

投稿: しんちゃん | 2009/11/05 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10/31:日本シリーズ開幕☆ | トップページ | 11/3:無念の空中戦~日本シリーズ第3戦~ »