« 12/24:クリスマスディナー@みなとみらい・2009 | トップページ | 12/26:鉄道博物館参戦! »

2009/12/25

12/25:小さな一歩

◆横浜・東京:はれ時々くもり:14031歩

 仕事は29日まであるけれど、だいたい一段落したところで、どっと疲れがでてきた。外出先から早々に直帰。万葉倶楽部参戦も検討したけれど、面倒になったので、横浜駅地下のRAJAさんにて、プチリフレ+オイルリフレ。50分のところ、クリスマスキャンペーンでサイコロを振って5分延長をゲット。なかなか力のある方に施術してもらってだいぶ復活したので、そごうにてお買い物。冬の北の大地ように防水・防寒の長靴というかブーツというかを購入。
 鳩山内閣の政府予算がようやくまとまる。マニフェストは大幅に後退しているし、先送りも多いし、成長戦略もないし、遺憾な点は多々あるけれど、とにかく一度予算を作ってみないことには始まらない。これでようやく名実ともに政権交代が実現したわけで、あとは結果で国民が判断すればいい。マニフェストで財源は大丈夫といっておきながらひどいじゃないかという意見ももっともだけれど、税収にしても、税外収入にしても、政権をとらないと細かい数字が入手できないからやむを得ない面もある。ただ、いくら事業仕分けでがむばっても、肝心な税収が減ってはどうにもならないということは数字で実感できたはずだから、2011年度に向けて企業サイドにも配慮した成長戦略を練っていただきたいものである。
 そんな中で、気象庁が、桜の開花予想の中止を発表。民間のレベルが上がってきたので、気象庁としてはやめるという。些細なことだけれど、官から民への本当のあり方は、こういうことだと思う。データの観測と防災予報は気象庁の仕事として、桜の開花だの、花粉だのというのは、民間サービスで十分だ。今回の決定は、特に事業仕分けなどで問題になったわけではなくて、気象庁の自主的な判断と思われるけれど、だとしたらけっこう画期的である。各種の統計調査や経済予測など、他にも多くのお役所仕事で同じようなものはあるはずで、盛大な仕分けもけっこうだけれど、こういうちょっとしたことからお役所の意識が変わっていってくれればと思う。

|

« 12/24:クリスマスディナー@みなとみらい・2009 | トップページ | 12/26:鉄道博物館参戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12/24:クリスマスディナー@みなとみらい・2009 | トップページ | 12/26:鉄道博物館参戦! »