« 1/19:JAL終了 | トップページ | 1/22:松田理奈ヴァイオリン・リサイタル♪ »

2010/01/21

1/21:どうなる貴

◆横浜・東京:くもり時々はれ:12470歩

 本日もニッカン一面は貴。先日は、「高見盛Lカップ」なんていうのもあったし、まぁ、話題になるだけ一時期よりはマシではないかと思う。
 小生、基本的に長男の立場にたつので、以前は若派だったけれど、若がうさんくさくなって、相撲界を足を洗ってからは、ちゃんこ若を愛用しつつも、貴を支持している。
 三重の海理事長が不快感表明とのこと。「改革、改革って、何をやりたいのかわからん」とのことで、それはおっしゃるとおりだけれど、そういう自分は、北の湖から引き継いだ後、何かやったのかと言いたい。
 一方、二所ノ関一門では、貴だけでなく、貴支持を表明した6人も破門とのことだけれど、全員一致で投票しなければいけないのだったら、そもそも個人で投票する意味がない。一門単位で投票して、ドント式で配分すればよいはずでまったくもって話にならない。間垣親方なんていうのは、昔から問題が多かったし、弟子の大麻事件のときの目つきなどかなりやばかったけれど、今回は徹底的に貴を支持しているようで何よりだ。
 3度のメシより選挙が好きな小生としては、なんといっても関心は票読みであるけれど、そのあたり、あいかわらずマスコミの記事は浅く肝心なところがさっぱりわからない。今日の日刊の一面には、全親方の名前が載っていたので、じっくり眺めると、現役時代を知っている親方がほとんどということに感慨を覚えるけれど、意外なことに式守伊之助と木村庄之助の名前がある。立行司の2人は投票権を持つようだ。
 浮動票といえば、真っ先に思い浮かぶのが一門に所属していない高田川部屋の存在である。10年くらい前に無理やり立候補して高砂一門を破門されたことは知っていたけれど、よく調べてみると、なんとそのときに高田川親方は当選している。締め付けが激しいはずの選挙でどうして単独で立候補して当選できたのかというと、どうやら、そのときは、境川理事長がいろいろと改革に着手し始めた頃で、反対勢力を増やすために、浮動票が集まったらしい。つまり、選挙を実現させたという意味では改革派だけれど、実態としては、守旧派だったということのようである。では、今回はどう動くのか?と思うと、今の高田川親方は安芸の島である。安芸の島はたしか貴とけんかして部屋を破門されたはずだから、これは論外。浮動票の2票はゲットできそうもない。
 ついでに、式守伊之助について調べてみると、なんと、最近の式守伊之助は、木村庄之助に昇格するらしい。てっきり、木村家と式守家があって、それぞれ伊之助と庄之助を頂点にしているのかと思っていたが(そういう時期もあったようだが)、今では、木村庄之助が一番格上で、式守伊之助が2番目で、伊之助を経験後、木村庄之助になるケースがほとんど。すなわち同一人物が両方やるということである。りくおさんや、斉須さんや、もがちゅーさんにとっては、当然のことかもしれないけれど、小生にとっては、かなり驚きである。
 とうとうJAL売却。1円で指値しておいたが、2円で売れた。株主優待券補充のためANAも購入。

|

« 1/19:JAL終了 | トップページ | 1/22:松田理奈ヴァイオリン・リサイタル♪ »

コメント

JAL株ですが、愛着があるのと、旧株主(上場廃止までストックしていたホルダー)には再上場の際に優先割り当てがあるのではないかと淡い期待を持って、JAL株と道連れします。
せめて紙券なら記念にもなるんですけどね・・

投稿: 通りすがりですが | 2010/01/22 09:39

通りすがりさんこんにちは。
そうなんですよね。紙券なら記念になるのですが。売っても仕方ないのですけど、後で他の株と損益通算したりするのに、自然消滅より売却しておいた方が手続きがラクかな(特に根拠なし)と思い、結局売りました。

投稿: しんちゃん | 2010/01/23 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/19:JAL終了 | トップページ | 1/22:松田理奈ヴァイオリン・リサイタル♪ »