« 1/21:どうなる貴 | トップページ | 1/23:キャッツ参戦♪ »

2010/01/22

1/22:松田理奈ヴァイオリン・リサイタル♪

◆横浜・東京:くもり時々はれ:11794歩

 社会復帰も3日目となりエンジンもかかってきたのはよいのだけれど、今日は、3月の開幕戦シリーズの最終日の2ヶ月前。9:30のスカイバーゲンをゲットするつもりだったにもかかわらず朝から会議で熱くなってすっかり忘れて売り切れ。J社株主優待のお世話になるしかなさそうだ。
 本日は、松田理奈嬢のヴァイオリン・リサイタルということで18時退社の予定だったのだけれど、17時からの会議の開始が遅れたうえに、またもや熱くなってしまい、18時37分退社。銀座線では間に合わないので、タクシーをゲットして、19時ギリギリになんとか紀尾井町ホールへ到着。
 1週間前に確保したお席は、1階の右端の横向きのお席。ずっと横向きではあるが、一段高いので、それなりに見やすい。しかし、横向きのお席がS席だったら、A席って、いったいどこにあるのか?という気もする。ここに限ったことではないけど、コンサートの席って、8割くらいがS席だけれど、S、A、Bとか作るのだったら、それなりに均等に分けるべきではないかと思うし、めんどうならいっそのこと全席均一料金、早いもの勝ちで見やすいお席の方がすっきりする。AやBで悪い席でもなんとも思わないけれど、Sでヘンな席だと、じゃあAにしておけばよかったと思ってしまう。
 前半はソロ。イザイの無伴奏ヴァイオリンソナタの2番と3番。もちろん小生にはよくわからないのだけれど、理奈嬢がずいぶん太ったことだけはよくわかる。登場した瞬間は、減量に成功したあとのメッキー嬢かと思ったけれど、よくみたらさすがにそこまではいってなかった。それにしてもかなり盛大である。演奏の方は、2曲で25分くらいで早くも休憩に。
 平日夜のコンサートというのは、仕事のテンションからの切り替えがなかなかスムーズにいかないところがあって、特に今日のようにギリギリでかけこむと、頭は仕事モードだし、お腹も空いていたりして、なかなか優雅な世界に入り込めない。せめて、タクシーの中で気分を落ち着かせればよかったのだけれど、車中では間に合うかどうか気になって、時計と信号をにらめっこしていてそれどころではなかった。
 せめて休憩中にサンドイッチでもゲットしてお腹だけでも落ち着かせようとしたけれど、あいにくブックフル。後半のラヴェルのヴァイオリン・ソナタを堪能しつつも、帰りに新橋でラーメンでも食べようかとか邪念がよぎってしまう。
 ラストのツィガーヌは、素人の小生が見ても超絶技巧もすごさはわかるけれど、超絶技巧がすごいのとメロディが美しいのはまた別の問題であって、小生などは、ダブルアンコールのクライスラーなどを聞いてようやく気持ちよくなったのだけれど、これにて終了。
 ようやく優雅な気分になったところで退場し、せめて余韻にひたりながら帰ればよいのだけれど、酔っ払いでにぎわう新橋の駅前でビアとまずい餃子とまずいラーメンを食べて、すぐにまた日常に逆戻り。

D100122a

|

« 1/21:どうなる貴 | トップページ | 1/23:キャッツ参戦♪ »

コメント

そういうときは、半分でも聞ければま、いいかぁ~って、考えるんですよ~、私の場合はね。

投稿: umm | 2010/01/23 00:35

そうですよね。もっと穏やかな気分で参戦しないといけませんね。金曜日なんかは、もう少し遅い時間から開演してくれてもよいかなと思います。

投稿: しんちゃん | 2010/01/24 19:18

席種が分かれているチケットは、先行発売で前のほうが取れそうなときは一番高い席、発売日を過ぎていたら一番安い席を買います。
中途半端な席なら、一番安い席とほとんど変わらない気がします。

投稿: ないる | 2010/01/25 09:23

そうなんですよね。売れ残りのS席が一番損ですよね。ある程度は仕方ないですけど、同じ席種内での差はもう少し縮めて欲しいと思います。

投稿: しんちゃん | 2010/01/25 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/21:どうなる貴 | トップページ | 1/23:キャッツ参戦♪ »