« 2/13:バンクーバー五輪開幕 | トップページ | 2/16:あっぱれ!銀!銅!~スピードスケート・男子500m~ »

2010/02/14

2/14:あまりにもあんまりな7・6・5・4~バンクーバー五輪・モーグル女子~

◆横浜:はれのちくもり:1096歩

 3時に目覚ましをかけておいたが、2時43分に起床。NHKでジャンプ・ノーマルヒル決勝。さすがに朦朧としている。竹内と栃本はあっさり終了で2本目に進めず。大本命オーストリアが意外と苦戦する一方で、ドイツやスロベニア勢などが健闘というのは、団体戦に期待している日本にとっては、厳しい傾向。伊東、葛西は、無事に2本目には進んだけれど、それぞれ1本はやや失敗。もっとも、2本揃えてもぎりぎりシングルというのが現状の力なのだろう。1本目失敗のシュリーが2本目に意地を見せたものの、ノーマルヒルでは大きな差がつかないので挽回は厳しく、2本そろえたアマンが完勝。
 当初の予定では、このままスピードスケートでも見て、起きてしまうつもりだったのだけれど、遺憾な結果に意気消沈して就寝。寝すぎると不快な目覚めになりそうだったが、7時半に無事に2回目の起床。
 9時からモーグル予選。若手の村田選手を含めて全員予選通過はすばらしいのだけれど、アメリカ、カナダ勢が予想以上に手ごわい感じで上村選手は5位。決勝は予選の得点は関係ないとはいえ、ちょっと上位との差を感じる内容に不安を残す。
 ひまっこなので、ショートトラックなどをだらだらと見るが、何度見ても存在意義のよくわからない競技だ。短距離はスタートでほとんど決まってしまうから、競艇みたいなもの。そのくせ、日本選手は、せっかく1コースを引きながら、第1コーナーでシンガリになったりするのだからどうにもならない。多少強引でも抜くしかないので、やたらに転倒、審議、失格、救済が多いのも興ざめ。中国と韓国が圧倒的に強く、日本選手はことごとく終了。参加8チームで唯一メダルが期待されていた女子3000mリレーも予選4チーム中3位で終了。

 いよいよモーグル決勝。イッキマンの熱い声援に掲示板も盛り上がるのだが、日テレで見るとやたらとCMが入る。BS-1だと画像が粗い。CM中だけBSに切り替える。
 里谷選手が思い切りのよい攻め。すでにメダルを2個持っているし、失うものはないから、イチかバチか一発にかけようという気持ちがよくわかる。結果は残念だったけれど、上位選手にも負けないスピード。なかなか見ごたえがあった。
 上村選手の前のアメリカの予選6位の選手が高得点でトップに。最低でも、これを抜いておかないと厳しいのだが、上村選手、滑り終わった時点で2位。万事休す。技術的なことはよくわからないけれど、タイム的にも多少遅いようだ。
 もはやこれまでと思ったところで、4位と3位の選手が転倒。これでもう1人ミスがでればメダルに届く計算。ただ、4位と3位の選手もメダルを狙うために無理して攻めた部分があるはずで、最後の2人は、予選の滑りでも十分メダルに届くわけだし、やはり危なげなかった。無念の4位。ただ、前々回だったか、なんで負けたかよくわからないときに比べると、今日は、上位3人とは、素人目にもちょっと差を感じたので、まぁ仕方がないという気はする。
 しかしねぇ。。。18歳の長野五輪で7位。それから、ソルトレイクで6位、トリノで5位。そして、一昨年はW杯総合優勝、昨年は世界選手権優勝。しかしながら、バンクーバーで4位。7→6→5ときて、悲願のメダルをとってほしかったのだけれど、悪い予感が的中して、7→6→5→4。現時点での力通りではあるのだろうけれど、あまりにもあんまり。神様はいないのだろうか?34歳のソチで7→6→5→4→3!と期待したい気持ちもあるけれど、現時点でそうは思えないだろう。新婚さんだし、まずは、ゆっくり休んでもらって、もしまたやる気になれば、がむばって欲しい。お疲れさまでした。
 全選手の中でもっともメダルをとってほしかった上村選手が4位ということで、初日からテンションが下がる。バレンタインデーのチョコの到着も遅れ気味。
 ひきこもりのまま、夜は資生堂のレトルトカレー。赤ワインを飲みながら、5月の遠征の計画をたてて、早々に就寝。

D100214a

|

« 2/13:バンクーバー五輪開幕 | トップページ | 2/16:あっぱれ!銀!銅!~スピードスケート・男子500m~ »

コメント

睡眠不足のなかの観戦お疲れさまでした。
上村選手、試合後(現地深夜)テレビインタビューでスポーツマンらしく「結果には納得」「攻めの姿勢が足りなかった」とはっきり答えていたのが印象的でした。
確かに、テレビをみても解説どおり、第一〜第二バーンの間の滑りの差、メダリストと比較し、上村選手はやや山スキー(こぶの斜面に頼り、蛇行が多い)傾向だったのがタイム差につながったのですが(上村選手の指摘もそこ)、これも去年世界制覇した上村選手を世界のほかの選手が研究してチャレンジした結果。
4年後は34歳ですが、まだ上村選手にチャレンジする気持ちが残っているのなら、応援したいと思います。

投稿: buschan | 2010/02/15 00:26

残念ですが、納得の結果だと思います。ゆっくり休んで欲しいです。

投稿: しんちゃん | 2010/02/16 08:49

攻めの姿勢といえば、
メダルの選手達は、スピードもそうだけれど、やはり体がちゃんと前傾していたなぁと見ていて思いました。
あの斜度で前傾できるなんてすごいなぁ。

投稿: umm | 2010/02/17 17:14

なるほど、そのあたりチェックするということは、ummさんは、けっこうスキーが得意なのですね。斜度28度くらいでしたっけ?小生は、降りるだけで精一杯かな。今ではそれも無理かも。

投稿: しんちゃん | 2010/02/18 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/13:バンクーバー五輪開幕 | トップページ | 2/16:あっぱれ!銀!銅!~スピードスケート・男子500m~ »