« 8/31:35人学級に2000億円のバカさ加減。 | トップページ | 9/7:松茸食べて終戦の秋 »

2010/09/01

9/1:小沢一郎くんに賭けてみようじゃないか!

◆横浜・東京:はれ:11346歩:東京の最高気温=35.9℃

 統計開始以来、もっとも暑い夏が終わったけれど、9月になっても、まったく収まる気配がない。ちなみに8月の平均気温は、東京が那覇を上回ったというのだから恐ろしい。
 そんな中、久々に政治が熱くなってきた。菅vs小沢決戦。あいかわらず、大マスコミは、くだらない次元の論調ばかりめだつけれど、どんなに嫌でも、どちらかが首相になるのだから、大マスコミたるもの、どちらを支持するのか、はっきりさせてもらいたい。その点、ゲンダイは、はっきりしている。そして、小生も、もちろん小沢一郎くんだ。
 かくいう小生も、正直言って、小沢一郎くんの役割は、政権交代を果たしたことで終わったのではないかと思っていた。彼のやりたいことは、政権交代であって、それが実現した以上、あとは、菅さんの下、仙谷、岡田、野田、枝野、レンホウ氏らのお手並み拝見と思っていた。しかしながら、この2、3ヶ月でもう結論は出てしまった。予算一律1割カットなんていうのは、政治の放棄以外の何物でもない。自民党末期と何も変わらない。もうそういう政治には決別していただきたい。今こそ、小沢一郎くんに賭けてみたい。
 別に読者に小沢一郎くんを支持してもらいたいとは思わないけれど、菅さんを支持するのであれば、小沢一郎くんの○○が嫌いだから、という理由ではなくて、積極的な理由で菅さんを支持していただきたいものである。本日の記者会見の一部をニュースで見たけれど、どう考えても菅さんには、任せられない。
 「まずやるべきことは一に雇用、二に雇用、三に雇用」。バカじゃないのか。これじゃ、土井たか子さんや、福島みずほさんレベルだ。雇用が大切なのは分かるけれど、一に雇用、二に雇用じゃなくて、雇用は結果であるということは、戦後数十年の東西冷戦の結果が示しているはず。今さら計画経済にでもしようというのか?
 「クリーンでオープンな民主党を作りたい。古い政治から脱却しなければならない」。野党の党首選じゃないんだから、国をどうするのか語ってくれ。少しくらいダーティでもけっこう。小沢一郎くんの政治とカネなんて、せいぜい、政治資金規正法にふれるかどうかの些細なことだ。
 沖縄問題で、小沢一郎くんに責任を押しつけようとしても、幹事長は、政府決定に責任を負わないのは当然。閣僚だった自分の方がよっぽど責任があるはずだし、苦し紛れに、小沢一郎くんが、答弁するイメージがわかないなどと情に訴えてみても、20年前に閣僚として答弁していたとあっさり切り返される始末。その点、小沢一郎くんは、予算1割カットの政治の見苦しさをしっかり主張していた。世論なんていうのは、所詮、既得権を守りたい大新聞や大テレビ局がでっちあげたもの。民主党の大多数の議員だって、バカじゃないだろう。今日の記者会見を見れば、どちらが首相にふさわしいか、おのずと結論は見えたというものではないか。ダメならまた変えればいいじゃないか。

D100901a

D100901b

|

« 8/31:35人学級に2000億円のバカさ加減。 | トップページ | 9/7:松茸食べて終戦の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/31:35人学級に2000億円のバカさ加減。 | トップページ | 9/7:松茸食べて終戦の秋 »