« 9/18:エース完封で3位タイへ! | トップページ | 9/20:3位死守☆ »

2010/09/19

9/19:クラブツーリズムバスツアーで行く大雪山三大紅葉めぐり

◆札幌→層雲峡→札幌:くもり:11781歩

 6時起床。眠い。朝風呂。ローソンのサンドイッチだけつまんで、札駅へ。三連休中日の札幌駅北口は、ツアー客でごった返している。負けられないオリ3連戦中ではあるけれど、せっかくなので1日くらいは観光ということで、本日は、ないるさんプロデュースによる紅葉めぐりの旅。かんちゃん、けいこさんと4人旅で、クラブツーリズムさんのお世話になる。雨男1名、雨女1名ということで、あいにく小雨が降っているけれど、予報は回復傾向。
 最近では、国内で団体の旅はほとんどしないけれど、たまには至れり尽くせりでお任せのバスツアーもいいものである。我らのツアーは2台続行の盛況。2号車前方に4人並んで出発。たまちゃんの薬師寺が無事終了してよかった問題、りずじゅえさんの運転は危険すぎる問題など検討しながら、適宜睡眠をとり、道央道を北へ。砂川SAでビアを調達して、上川層雲峡ICへ。

 D100919a

D100919b

 まず、最初は、銀河の滝、流星の滝を見学。雨も止んで薄日が差してきた。配られたお弁当は温存して、たこ焼きをいただく。ここは標高が低いので、もちろん紅葉はまだ。

D100919c

 お腹も落ち着いたところで、いよいよ紅葉の名所、銀泉台をめざす。層雲峡を通り越して、糠平湖方面へ抜ける273号線に入って、さらにそこから山道へ。北の大地は、相当マイナーなところまで知っているつもりだったけれど、ここは初耳。しかしながら、紅葉期間中は、マイカー規制というのだから、けっこうな名所のようだ。行き違いできる場所が限られているので、観光バスもシャトルバスに続行する形で30分に1回だけ進入が許される。
 山道を30分ほど登って、銀泉台へ。ここから赤岳登山道を10分ほど登っていく。濡れた山道はすべりそうで、けっこうしんどいのだけれど、そのかいあって、山肌一面に紅葉が見られる場所へ。あいにく霧がかかっているけれど、粘っているうちに、けっこう見えるようになってきた。つい1週間前までは、東京は、35度近い猛暑だったし、さすがにこの3連休で紅葉は無理かと思っていたのだが、どうしてどうしてけっこう色づいている。青空がないので、写真では映えないけれど、実物はけっこうきれい。ただし、当然気温も低いので、ビアをエンジョイという感じではなかった。

D100919d

D100919e

D100919f

 最後は、層雲峡ロープウェーで黒岳へ。ここは、3月に氷爆祭りで来たときに、急遽ロープウェーとリフトを乗り継いでスキーをエンジョイしたので2回目。ただし、一面の銀世界の冬とは、まただいぶちがう装い。5合目ではまだ色づき始めで、リフトで7合目へ登るが、霧であまり見えず。山小屋でココアなどいただき引き返す。ファイターズは、オリ金子の前になすすべなく終了。行かなくてよかった。

D100919g

D100919h

D100919i

 上川のドライブインで休憩して、道央道に入る頃には、秋の日も暮れて、月がでてきた。後ろの席の子どもが即興で歌う歌がおかしくて強行軍の疲れを癒される。砂川で最後の休憩。マリーンズまさかの連夜のサヨナラ負けの知らせがとどき、強行軍の疲れも癒される。
 20時すぎに札駅到着して解散。初めてのクラブツーリズムさんだが、添乗員さんも好感が持てるし、段取りもスムーズで過剰なサービスもなくリーズナブルなのもよい。
 ホテルに戻って、大浴場で疲れを癒しているうちに小腹が空いてきた。久々に味の時計台さんにでも参戦してみようか。

D100919j

|

« 9/18:エース完封で3位タイへ! | トップページ | 9/20:3位死守☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9/18:エース完封で3位タイへ! | トップページ | 9/20:3位死守☆ »