« 11/10:ちょっとしたことだけど | トップページ | 11/13:JAL無料航空券で行く、かけ足の道東と葉加瀬太郎(1) »

2010/11/11

11/11:主役交代

◆横浜・東京:はれ時々くもり:17598歩

 尖閣問題その他、もうKAN政権については、何も触れたくない。こうなることはわかりきっていたのに、小沢一郎くんを叩いた人たちの自己責任だから勝手にしていただきたい。ただ、前原くんだけは、一刻も早く辞めさせないと本格的に国益を損ないそうだとは思う。
 それはそれとして、今回の尖閣の映像について、今朝の日経に、有識者の声みたいのが3人載っていて、守秘義務のある秘密にあたるかどうかみたいなことを問題にしている。それはいい。しかし、3人目の公益通報支援センター事務局長の阪口とかいう弁護士。
「(前略)しかも報道機関や行政などに通報したわけではなく、動画サイト『ユーチューブ』への投稿だ。ただの暴露行為にすぎず、正当性は認められない。」
 こういう人が、公益通報支援センターの事務局長とかやってるんだから、ちゃんちゃらおかしいよね。こういう組織こそ、さっさと仕分けした方がいいんじゃないか。
 この人のいう報道機関って、いったいどこなんだ。新聞社やテレビ局へ持ち込めば公益通報で、ユーチューブだと暴露っていうのは、何を根拠にしているのか?
 行政へ持ち込めば、隠蔽され、新聞社やテレビ局へ持ち込めば、都合のいいところだけ使われたり、資料映像と混同させたり、特定のシーンのみくりかえし流されたり、コメンテーターの捨てゼリフを重ねたり。バイアスのかかった報道になることがわかっているから、中立なユーチューブが選ばれたんじゃないのか?
 昭和47年6月17日。佐藤栄作首相の退陣表明。「(前略)新聞記者の諸君とは話さないことにしてるんだ。違うんですよ、僕は国民に直接話したい。新聞になると文字になると(真意が)違うからね。残念ながら…、そこで新聞を、さっきもいったように偏向的な新聞は嫌いなんだ。大嫌いなんだ。」
 さすがは、ノーベル平和賞をとるだけのことはあるね(笑)。先見の明がある。そして、38年後、スポーツすら生中継しないテレビでも、もはや真意が伝わらないことが分かってきた。だから、もう新聞もテレビも誰も相手にしない。折りしも、この日は、Appleが、日本のiTunes Storeで映画の提供も開始。2010年11月11日、ポッキー&プリッツの日は、日本のメディアにおける主役交代の日として記憶されることになろう。

佐藤首相退陣会見

|

« 11/10:ちょっとしたことだけど | トップページ | 11/13:JAL無料航空券で行く、かけ足の道東と葉加瀬太郎(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/10:ちょっとしたことだけど | トップページ | 11/13:JAL無料航空券で行く、かけ足の道東と葉加瀬太郎(1) »