« 11/3:20年ぶりのアメリカ本土と25年目の重賞制覇~ブリーダーズC観戦ツアー第1日~ | トップページ | 11/5:レッドディザイア無念の4着~ブリーダーズC観戦ツアー第3日~ »

2010/11/04

11/4:世界の名馬なう!~ブリーダーズC観戦ツアー第2日~

◆レキシントン:はれときどきくもり

 夜中に2,3回目が覚めたけれど、そこそこ眠って7時15分起床。13時間という正反対の時差にしては、まずまず対応できたようだ。朝食は、フルーツとスクランブルエッグ、ハッシュポテトにベーコン、コーヒーなど。さすがにフルーツとベーコンは美味しい。
 本日は、牧場めぐり。明日のブリーダーズカップももちろん楽しみだけれど、ツアーでなければなかなかできないのは、この牧場めぐり。アメリカ競馬のふるさとということは、世界の競馬のふるさとでもあるこのブルーグラスカントリー、ケンタッキーで、世界の名馬に会えるのは、南関東S3を1/20だけ勝ったホースマンのはしくれにとっても、大変幸せなことである。かなり冷えているけれど、幸い、お天気も回復してきて何より。まずは、市内のサラブレッド公園へ。

D101104a

D101104b

D101104c

 まずは、ダーレー・アット・ジョナベルさんに参戦。ダーレーといえば、ドバイの殿下であって、ここも、ベルさんの有名な牧場を買収したとのこと。おめあては、明後日のブリーダーズCにも出走するゼニヤッタの父であるところのストリートクライだったのだけれど、遺憾ながらオーストラリアへシャトル中。その他、有力どころは、シャトル中ばかり。わずかに、ホーリーブルさんが、小生でもわかるというところ。

D101104d

D101104e
(ホーリーブル)

 続いては、クールモアのアシュフォードスタッドさんへ。アメリカのリーディングサイヤーであるところのジャイアンツコーズウェイが登場。まだ若いので、迫力がある。種付け料は、10万ドルとのことだけれど、円高なので考えようによっては、安い。

D101104f
(ジャイアンツコーズウェイ)

D101104g
(牧場にはやっぱり猫)

D101104h

 次は、レーンズエンドファームさん。ここは、小生でもわかる有名な種牡馬がずらり。見学の対応も慣れている感じ。まずは、カーリン。なつかしいねぇ。2年半前、小生も参戦したドバイワールドCでの快勝を思い出す。あいかわらず美しい馬体。
 スマートストライクやキングマンボを見てから、いよいよ大御所エーピーインディさんの登場。貫禄はあるけれど、目も穏やかでおじいちゃんという感じ。もっともまだそんなに老け込む年でもないんだけどね。

D101104i
(カーリン)

D101104j

D101104k
(スマートストライク)

D101104l
(キングマンボ)

D101104m
(エーピーインディ)

D101104n

 世界的名馬と美しい牧場を堪能して、昼食は、市内でバイキング。フライドチキンその他をいただき、午後は、ケンタッキーホースパークへ。ここは、ノーザンホースパークみたいな観光や乗馬の牧場と博物館。ツアーの案内資料にジョンヘンリーの名前があったので、あのジョンヘンリーがまだ健在なのか!と楽しみにしていたのだけれど、遺憾ながらそんなことはなくて、2007年にお亡くなりになったとのことでお墓だけ見学。たしか第2回のジャパンCに参戦したんだっけ?実になつかしい。

D101104o

D101104p

 最後にキーンランド競馬場に立ち寄る。開催はしてないけれど、グッズや明日の新聞を購入したりできるのでありがたい趣向。チャーチルダウンズの場外発売をしていたので、明日に備えて馬券の自動販売機で練習するもハズレ。

D101104q

 ホテルに戻ってまずビア。いよいよ明日はブリーダーズC第1日。新聞も購入したので、ゆっくり前夜検討してから就寝の予定。


|

« 11/3:20年ぶりのアメリカ本土と25年目の重賞制覇~ブリーダーズC観戦ツアー第1日~ | トップページ | 11/5:レッドディザイア無念の4着~ブリーダーズC観戦ツアー第3日~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/3:20年ぶりのアメリカ本土と25年目の重賞制覇~ブリーダーズC観戦ツアー第1日~ | トップページ | 11/5:レッドディザイア無念の4着~ブリーダーズC観戦ツアー第3日~ »