« 1/14:ミッドナイト競輪スタート! | トップページ | 1/16:☆さんとジャムプ☆ »

2011/01/15

1/15:お寒いジャムプ

◆横浜→札幌:はれのちゆき:13941歩:新千歳空港の午前8時の気温=マイナス22.1℃

 4時55分起床。ねみぃけれど、受験生のみなさんもがむばっていることだし、小生も早朝から出発。7時のANA51便で北の大地へ。昨年末は、おだやかだった北の大地も、年明けから連日冬将軍が盛大に暴れているとのことで、どんなものやらと思っていたら、機内のアナウンスで「到着地の天候は、晴れ。気温は、マイナス22度です。」と言われて、衝撃を受ける。間違いかと思ってアメダスで確認してもその通りで、千歳は札幌に比べると、雪は積もりにくいけれど、その分、朝晩は強烈に冷え込むようである。苫小牧あたりの上空にさしかかると、海との温度差なのか海面に雲のようなものがかかり、大地は凍りついたようにみえて、まるでシベリア上空かという感じ。

D110115a

 幸い、JRはそこそこ動いていて、ほぼ定刻に札駅へ。今日は時間が余っているので、ビックカメラさんとユニクロで軽くお買い物してから、札幌シネマフロンティアさんに初参戦。買い物だ映画だと、わざわざ北の大地まで行って、日常生活と同じじゃないかと言われそうだけれど、小生の場合、北の大地も日常だからこれでいいのだ。
 本日から公開の「ソーシャルネットワーク」。FaceBookなるものがよくわからないので、見てみたのだけれど、完全にはわかったとはいえない。しかし、映画はなかなかおもしろかった。やっぱり、新しいものが出てきたときの摩擦に対して、アメリカは裁判とお金でさっさと解決して前へ進むけれど、日本はマスコミやら世論やらがよってたかってつぶしてしまうということを強く感じる。
 ジャスマックさんにチェックイン。○○派と言われようが、この時期は、やっぱり温泉で温まらないとね。小生も常連と認定されたのか、チェックイン時、サインすらなしで、チェックインタイム少し前の入場を許される。さっそく露天風呂を満喫してビア。すばらしい。
 さて、今回の主目的は、ジャムプW杯。美人姉妹と円山公園で待ち合わせはよいのだけれど、ジャムプといえば、ないるさんの助けが必要である。ところが、なんと、ナイターっだと知らずに、午前中に大倉山に参戦してしまって夜は参戦できないとのこと。誠に遺憾である。姉妹はといえば、円山公園のローソンでお菓子を買い、バスターミナルでたい焼きを買い、大倉山に着いたら、うどんだという。おにうの靴で山に登るとか張り切っていたように聞いていたらのだけれど、とてもそういう雰囲気ではないので、下の方で観戦。気温は、マイナス3.7度。万全の装備でのぞんだこともあって、これなら余裕ちゃんと思っていたのだけれど、そんな甘いものではなくて、やっぱり途中からかなり寒かった。
 そして、まぁ、競技の方もなんともしょぼくてお寒い展開。開催国枠でファンの期待を背負って3番スタートの船木が墜落。以下、日本勢はことごとくダメ。4強以外のトップクラスが来日していないのだから、伊東や葛西は一桁順位で当たり前なのに精彩なし。ため息ばかり。ゲート設定が低く、風もめまぐるしく変わり、モルギーをはじめとした4強も今ひとつ冴えず、聞いたことのない選手が優勝してしまう。天気が下り坂で早く競技を進めた方がいいとわかっているはず(実際、終了直後に大雪)なのに、途中でゲートを上げようとして、また元に戻したり、運営も冴えず、おなじいの場内アナウンスも今日は間違いがめだった。こんな感じだと、今後、ますます外国勢の参戦が減ってしまわないか心配である。
 そして、今年からの風で得点を調整するルールもテレビでは見ていたけれど、実際に現場で体験するとやっぱりつまらない。大ジャンプ!と思ってから、10点以上引かれたりするので、平気で5~6mはひっくりかえる。だったら、少なくとも飛ぶ直前に、観客にもそのときの条件がわかるようにしてもらいたい。ましてや、電光板には、風の調整分すら表示されない。
 ということで、今ひとつぱっとしなかった今年初のジャムプ観戦。美女は眠たそうなので早々に解散。中島公園の駅で地上に出たらものすごい雪。明日は開催も危ぶまれる。とりあえず、雪の露天風呂を満喫して、イチゴミルクでもいただいて早々に就寝するしかないようだ。

D110115b

D110115c

|

« 1/14:ミッドナイト競輪スタート! | トップページ | 1/16:☆さんとジャムプ☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/14:ミッドナイト競輪スタート! | トップページ | 1/16:☆さんとジャムプ☆ »