« 2/10:ミスターYENなう | トップページ | 2/12:ペンギン・雪まつり・雪あかりの路 »

2011/02/11

2/11:第28回日本カーリング選手権

横浜→旭川→名寄→旭川:はれ:13064歩

 今週も5時起床。ねみぃ。冬の北の大地ということで、荷造りに手間取り、忘れ物をとりに戻ったりしているうちに危険な時間となり、YCATまで走る。ぐったり。東京も大雪の予報が出ているが、まだ雨。羽田に到着する頃に少し雪っぽくなってきた。久しぶりに都心でも積雪しそうな週末に遠征してしまうのは、ちょっと残念。
 ADO共同運航便のANA旭川行きは、霧のため遅延、さらに千歳へ向かう可能性がある条件付運航で搭乗もバスとまったく冴えないが、熟睡しているうちに旭川空港へ。たしかに視界はあまりよくない。気温は、マイナス7.5℃。

D110211a

 宗谷本線で北へ向かうのは、かなり久しぶり。いつのまにか高架が完成していた旭川駅から、快速なよろ1号で出発。キハ48単行だが、車内はほぼ満席。この頃には、晴れてきていいお天気。これならレンタカーでのんびりくればよかった。列車は、苦しそうに塩狩峠を越えると、そこからは、下り勾配で快走。花咲カニ寿司などいただきながら、12時半には、名寄に到着。

D110211b

 タクシーでサンピラーパークへ。本日は、全日本カーリング選手権4日目である。
「応援ですか?」
「いえ、まぁ、そういうわけでも。」
「じゃあ、選手ですか?」
「いえいえ、とんでもない。ちょっと見てみようと思って。」
「しかし、カーリングっていうのは、本来は、外でやるスポーツですよね。昔は、このあたりでもビニールハウスの中でよくやってました。」
 カーリング特需で運転手氏もご機嫌のようである。日本選手権といっても、一部の競技をのぞけば、それほど大規模なわけじゃないし、いろんな大会をどんどん地方で開催するのはいいことだ。
 交付税ばらまきの典型のような立派なサンピラーパークなのだけれど、観客席が2階にしかなくて混雑しているし、よく見えない。昨年の常呂町のように寒くてもいいから、同じレベルのフロアで見たかった。これでは、わざわざ来た意味がほとんどないではないか。
 建山不倫の週刊文春など読んで時間をつぶしていると、小野寺歩嬢と林弓枝嬢を発見。今年の日本選手権は、トリノ五輪を沸かせたこの2人の復帰を楽しみにしていたのだけれど、本格復帰は来シーズンとのことでとても残念。さらに、札幌国際大もユニバーシアード参加(優勝)で不参加だし、チーム長野が解散してしまっての園部姉妹もいない。チーム青森が分裂して群雄割拠となった今シーズン、美女たちの競演を楽しみにしていたのだけれど、がっかりである。
 今日が予選リーグ最終日。厳正な抽選というわりには、競合同士の直接対決が今日まで温存されていて、1敗の中部電力が全勝のチーム青森を破って1敗で並び、男子の全勝対決は、敦賀くんのチーム常呂を軽井沢クラブが破った。そして、いよいよ、女子の予選最終戦、チーム青森vsロコ・ソラーレ北見。ロコ・ソラーレは、マリリンが独立して作ったチームであって、ここまで全勝。古巣のチーム青森との因縁の一戦。
 マリリンがそんなに美女か?というのは、たしかに微妙なところではあるけれど、華があるのはたしかであって、スターであることは間違いない。そして、目黒さんも抜けたチーム青森は、山浦さんがスキップのようだけれど、どうにも地味だし、新メンバーも含めて、技術的にももはや抜けたチームとはいえないようだ。
 試合は、マリリンが好調でロコ・ソラーレが先制。4エンド目に2点スチールして優位にたったのだけれど、いかんせん2階席で縦方向に見る形になるため、手前側に向かって投げる偶数エンドは、何が起こったのかよくわからない。室内だから、選手の声もほとんど聞こえないし、これなら、家で、Uストリームの中継でも見てた方がよかったのではないかという気がしないでもない。
 チーム青森は冴えがなく、終始、ロコ・ソラーレ北見のペースで、6-3で快勝。全勝で予選1位通過。むしろ場内の関心は、隣で行われている地元の名寄協会の試合に集まっている。そういえば、さっきまで会場の床にぺたっと座っていた若い美女たちが名寄チームである。青森の合浦CC相手に2-5の劣勢から3点とって5-5に追いつき最終エンドに逆転勝ちという内容に、場内大歓声。これで4位に滑り込んで、明日、3位のチーム青森と決勝トーナメント1回戦を戦うことになった。

D110211c

D110211d


 報道陣の数がけっこう多いので、タクシーの取り合いにならないうちに早めに撤収して、駅前の三星食堂で生姜焼き定食とビア。さすがに夜になるとぐんぐん冷えてくる。スーパー宗谷4号にて旭川へ。駅前通りは、氷の彫刻がきれい。ドーミーインさんにて、天然温泉神威の湯の露天風呂を堪能して、夜鳴き蕎麦をいただき、「ディープピープル」でフォークボールの研究をして早々に就寝。

D110211e

D110211f

D110211g

|

« 2/10:ミスターYENなう | トップページ | 2/12:ペンギン・雪まつり・雪あかりの路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/10:ミスターYENなう | トップページ | 2/12:ペンギン・雪まつり・雪あかりの路 »