« 2/13:斉藤由貴25thAnniversaryコンサート~何もかも変わるとしても~ | トップページ | 2/17:西村由紀江「おいしいピアノ」@COTTON CLUB »

2011/02/14

2/14:がんばれ魁傑

◆横浜・東京:くもりのち雪:12111歩

 大相撲の八百長問題について言いたいことはいろいろあるのだけれど、結論として、わかったことは、どうやら小生、かなり相撲が好きだったのだということである。生で見た回数こそ少ないけれど、そもそも、斉須さんに斉須っていうあだ名がついたのも、小学校低学年にして、十両と前頭を行ったり来たりする斉須関に注目していたからであるし、大相撲トラムプもあったしね。数年前に、「ヤバい経済学」を買ったのも、7勝7敗力士の成績が気になっていたからだし。興味なければ、そんなことに関心も持たないよね。
 でもって、好きなものが危機に瀕したときには、応援したいと思うものであって、日頃、ほとんど参戦する機会はなかったけれど、今こそ!と思うのだけど、場所が中止になってしまっては、いかんともしがたい。
 本場所だけでなくて、巡業や奉納相撲なども中止になってしまったけれど、こういうときこそ、巡業で全国を回って欲しかった。半年くらいかけて、北の大地から沖縄までゆっくりと回る。そこには、たくさんの相撲ファンがきっと集まってきて、がんばれという声も多くかかるだろうし、もちろん中には、八百長発覚を悲しむ人もいるかもしれない。そういうファンには、心からお詫びをすればいい。でも、そういうファンは、少なくとも、大関から陥落した魁傑や横綱で7勝8敗を記録した弟子の大乃国が八百長をしていなかったことは知っている。相撲なんて見たこともない多くの世論や、単に小沢一郎くんの次に叩くものを探しているだけのマスコミなんて相手にする必要はないのだ。
 ローカル線廃止を嘆く前に、まず乗りに行かねばならないし、地方競馬衰退を嘆く前に、馬券を買い、ばんえい競馬には、ふるさと納税をする。まぁ、うしという方や小生が応援するようになったらおしまいという話もあるけれど、キング・カズは、小生が応援するようになってからも長い間がむばっている。今こそ、世論や大衆は相手にせず、コアな相撲ファンだけを相手に再起をはかってほしい。NHKの中継なんてなくたって、ネット中継でもいい。
 それから、外部の理事長はダメだ。役人あがりとか弁護士あがりとか論外。今の伊藤何ガシだって、半分ボケてて何言ってるんだかわからないよ。あれなら、魁傑の方がよっぽど自分の言葉でしゃべれる(北の湖はちょっとまずかったけどね)。どうしてもというなら、デーモン閣下とか、やくみつるさんくらい愛している人じゃないと。でも、そういう人は応援団になってもらう方がいいよね。とにかく、ファンはまだまだたくさんいるんだから、そういう人が集まって、お金を落としたり、激励する場を作ってもらいたいものだ。
 バレンタインデー。チョコ3個!もっとも、なんだかんだとバレンタインが気になるのも、アラフォーまでなのだろうか。昨日のコンサートで、斉藤さんもずいぶんはりきって、バンドメムバーにチョコ配ってたけど、最近の若い人は、そもそも関心がなさそう。まぁ、別にいいんだけど、人生の楽しみなんて、そういうちょっとしたイベントの積み重ねだったりするじゃないですか。まぁ、小生も恵方巻なんていうのは認めてないから、人それぞれ行事の選択はあって、いいんだけど、そういう行事をすべてどうでもいいやって、思ったらやっぱりつまらないよね。
 連休のリベンジで今度は、雨の予報が雪に変わって、大雪の気配。このまま雨に変わらないでくれれば、朝はちょっと楽しみ。多摩の方は、すごいだろうなぁ。でも、別に命とられるわけじゃないし、たまには盛大にやってくれた方が楽しいじゃないですか。

D110214a

|

« 2/13:斉藤由貴25thAnniversaryコンサート~何もかも変わるとしても~ | トップページ | 2/17:西村由紀江「おいしいピアノ」@COTTON CLUB »

コメント

バレンタイン・チョコは、中学生の甥っ子たちが今年は全滅でしょんぼり…してましたよ。
一例ですが、若い人すぎる???

投稿: ないる | 2011/02/15 12:41

そうでしたか。近頃の若者は・・・と思う一方で、やっぱり親の影響を受けるから、アラフォージュニアは、アラフォーの価値感を受け継いでくれてるかなとも思うのですよね。中学時代モテなかった小生も、最近は、けっこうがむばってますので、甥っ子たちも40になったらモテ期が来るかもしれませんので、激励しておいてください(^^)

投稿: しんちゃん | 2011/02/15 22:37

 傑出した魅力あふれる魅傑さん。
 今回の八百長も、必ずよい解決法を考えてくれるでしょうw。

投稿: buschan | 2011/02/17 00:30

魁傑さんは真のガチンコ力士でした。というか、ガチンコ人間ですね。
相撲界だから「八百長」なんて言葉がありますが、一般社会だって、ガチンコで生きている人など、そうはいないのではないでしょうか。
魁傑さんは、稀に見る高潔な人格の持ち主なのです。
ガチで通した力士は他にもいますが、魁傑さんほど劇的な力士人生を歩んだ人は、私は知りません。
角界未曾有の危機の中、魁傑さんが理事長というのは、天の配剤というべきなのでしょうか。

投稿: 山本栄一郎 | 2011/02/17 22:32

>buschanさん
>山本さん

魁傑さんには、過去の責任とらされて辞任などする必要などないので、がむばって立て直してほしいです。貴につなぐまでは、まだ時間が必要でしょうし。

投稿: しんちゃん | 2011/02/17 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/13:斉藤由貴25thAnniversaryコンサート~何もかも変わるとしても~ | トップページ | 2/17:西村由紀江「おいしいピアノ」@COTTON CLUB »