« 2/17:西村由紀江「おいしいピアノ」@COTTON CLUB | トップページ | 2/19:のんびり松山・道後 »

2011/02/18

2/18:サンライズ瀬戸号、西へ!

◆横浜→東京→(車中泊):あめのちくもり:12050歩

 大雨の中、リュックを背負って出勤。めずらしく20時すぎまで残業して、東京駅のキスケさんで牛タンとビアなどいただいて、9番線ホームへ。いつもの週末なら、隣の7,8番線ホームから、ほろ酔いでグリーン車で帰宅というところであるが、本日はちがう。久しぶりの寝台特急の旅。サンライズ瀬戸号で出発だ。

D110218a

 ここ数年で徹底的に廃止になってしまった寝台特急。北の大地に向かう、カシオペアと北斗星、トワイライトエクスプレスをのぞくと、もうほんのわずかになってしまった。栄光の東海道線夜行の最後の生き残りが、このサンライズ。ホームも何やらにぎわっているし、車掌の案内によれば満席とのこと。みんな本当は、夜行が大好きなんだ。

D110218b

 ほとんどが個室のサンライズ。B寝台も悪くはないけれど、シングルデラックスがやっぱりいい。ベッドとは別にAC電源完備のデスクもあって、天井も高い。アメニティグッズとシャワー券もいただける。
 東海道線の夜行の旅でいいのは、いつもの通勤でなにげなく眺めている、多摩川とか横浜近辺の景色を一杯やりながらのんびりと眺められること。本日は、ビアはすでにいただいてきたので、氷結サワーなどいただきながら、まったりと。
 比較的恵まれた世代に生まれ育ち、人生をエンジョイしていると思う小生だけれど、地方競馬とともに寝台特急も、絶滅の危機が迫っている。JRから線路だけ借りて、寝台特急専用会社を作ったら、おおいに繁盛させる自信はあるのだけれど、さしあたってできることは、どんどん乗って、お金を落とすくらいしかないのであって、夜汽車の楽しさをYo君とかハヤトくんとか後世に伝えるためにも、機会をみつけて利用していきたいものである。列車は、熱海に到着。
 夜も更けてきた。カプセルホテルや夜行バスのようにいびき問題に悩まされることもなく、コトコトという線路の響きをBGMにゆっくり眠れる。でも、せっかくだから、もう少し起きてようかな。

D110218c_3

D110218d

|

« 2/17:西村由紀江「おいしいピアノ」@COTTON CLUB | トップページ | 2/19:のんびり松山・道後 »

コメント

 この時期のサンライズ瀬戸といえば、高知キャンプ最後だった2003年にサンライズ瀬戸~しまんと乗り継ぎで高知キャンプ詣したのを思い出します。
 わっち・ナギーが新人で、こっくんが張り切っていたのを思い出します。
 ごめんなはり線を使って阪神安芸キャンプにも参戦しました。
 ちょうど瀬戸大橋通過時に"サンライズ"日の出なんですよね。
 瀬戸大橋手前の早島付近の情景、もやがでて太陽に照らされる様子、ボディ塗色にマッチして大好きです。

投稿: buschan | 2011/02/18 23:43

シングルデラックスの窓は、進行方向左側、瀬戸大橋からのサンライズばっちりでした。ありがとうございました☆

投稿: しんちゃん | 2011/02/20 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/17:西村由紀江「おいしいピアノ」@COTTON CLUB | トップページ | 2/19:のんびり松山・道後 »