« 2/19:のんびり松山・道後 | トップページ | 2/25:美女とそばオフ »

2011/02/24

2/24:がんばれUooomaプロジェクト!

◆横浜・東京:くもり時々あめ:9623歩

 昨日読んだ、東洋経済のテレビ業界特集。日本テレビの氏家社長曰く。
 「地上波が強い日本ではネットは脅威にならない」。
 反論するのもバカバカしい。終わってるね。もう規制では守れないよ。勝手に終了してくれ。まぁ、85歳で会長やってる時点で終わってるけど、生きてる間は、一応の体裁は守られるかもね。
 ということで、NHKとCSしかほとんど見ない小生だけれど、えらそうなことを言っておきながら、USTREAMやニコニコ動画のいわゆるネット番組をじっくり見たことがなかった。で、本日、早々に帰宅して、ビアなどぷしゅっとやったところで、ツイッターからの情報で知ったUSTREAMのUooomaライブ第1弾であるところの、二ノ宮調教師と蛯名正義騎手の対談を見てみる。
 テレビに映せばいいのかもしれないけれど、よくわからないので、PCの画面で、音だけスピーカーへ。ぎこちない感じで、2人が座っていて、間でパーソナリティの水野嬢が立っていて、パソコンの画面を必死に追っている。
 はじめのうちは、事前に用意された質問ばかりだったので、ツイッターからは、「録画なのでは?」という疑いももたれたけれど、リアルタイムの質問をその場でとりあげたので、すぐに疑惑も解消。最初は、好きな芸能人は?みたいなノリだったけれど、後半は、芝、ダート適性の見極め、ペースメーカーのなど、なかなか興味深い質問もあって、2人がていねいに答えてくれている。視聴者数は、300人台から徐々に増えて、最後は、500人。視聴率に直せば、0.001%くらいかもしれないけれど、大きな一歩ではないかと思う。機材の都合で、10分毎に休憩が入るのもまぁご愛嬌。
 Uooomaプロジェクト!は、「競馬サークル内部の可視化を図るべき」とのことで、調教師や騎手、関係者が、ツイッターなどで、積極的に情報発信しているようだ。小生などは、多少なりとも競馬会の内情を知っているけれど、多くのファンにこういう形で情報を発信していくことは、おかしな誤解を解き、新しいファンを拡大し、コアなファンの興味をさらに深めることになり、業界の健全な発展のためにとてもすばらしいことである。お相撲さんだって、せっかく携帯メールで星勘定できるのなら、もうちょっとうまく情報発信できていれば、今のような事態にならなかったかもしれない。売り上げの長期低迷の続く競馬会、課題もいろいろあるけれど、現場からの改革、微力ながら応援していきたいものだ。

2_2

Uoooma Tweet

|

« 2/19:のんびり松山・道後 | トップページ | 2/25:美女とそばオフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/19:のんびり松山・道後 | トップページ | 2/25:美女とそばオフ »