« 3/11:東日本大震災(1) | トップページ | 3/13:東日本大震災(3) »

2011/03/12

3/12:東日本大震災(2)

◆横浜・東京:はれ:11637歩

 2日目。それぞれ当事者の方々は苦労されているに違いないので、あまり評論家的なことは言いたくないのだけれど、どうしても、少しずつ感想みたいなことも増えてくる。ちなみに、今日は当初の予定では、九州新幹線初乗りではなくて、S嬢との久しぶりのゴルフ決戦だったのだが、もちろん中止。

 2:00:椅子に座ったままコートをかぶって少し眠ろうとするが、あんまり眠れない。横浜方面のI君とKさん退社。
 4:00:またけっこうな揺れ。今度は、長野だという。もうわけがわからない。眠れないので、iPadで情報収集。被害のすさまじさがいよいよわかってくる一方で、海外の報道で、日本人のモラルの高い対応が賞賛されているとの記事も。英語読めないからどこまでホントかわからないけれど、うるっとくる。
 4:15:I君とKさん、日比谷線から東横線で空いた電車で無事に帰れたとのメール。
 4:30:JR東日本のホームページで運行再開状況を確認しようとすると、前日のままになっていて、「本日の運転再開はありません。」と掲載。本日って、昨日のことなのだろうけど、こういうものは、日付で明記して欲しししかも、結局、今日(12日)はどうなるのかわからないではないか。私鉄とちがって、路線が複雑で、輸送量も大きいJRの復旧が遅れることは、ある程度理解するけれど、この情報提供は最悪。実際、勘違いして、12日も復旧せずみたいなツイートがけっこう流れてしまったようだ。その直後に、首都圏の主な路線は7時頃から順次運転再開との情報。
 6:00:明るくなる。眠っている人たちを起こす。
 6:45:まだ厳密にはJR復旧待ちの人も若干いるけれど、帰れそうな人も増えたので、最後まで残った15名全員退社。解散。横浜組4名、タクシーを拾うとするが、回送ばかりで拾えず、バスで東京駅方面へ。JRより私鉄ではないか?ということで、日本橋から都営浅草線&京急を検討するが、泉岳寺と品川の間がつながっていないとのことで、東京駅へ。しかし、やはりJRは、京浜東北線も東海道線もまだ運転再開していなかった。
 7:30:困ってうろうろしていると、東海道新幹線が正常運転していることを発見。自販機の列が少し長かったけれど、無事に特急券を購入して、7時50分発ののぞみ号。自由席に4人並んで座れた。社内でiPhoneで情報収集。どうも、原発の対応が後手にまわっているというか、単に情報が遅いだけなのか。素人にはよくわからないが、直感的に危機管理がうまくいっていない感じがして心配になってくる。
 8:15:横浜市営地下鉄。新横浜以南は動いていた。8時30分頃に横浜駅到着。ここで、昨日お通夜に参列できなかったIさんのお父様の告別式が9時からということがわかり、Yo子さん、Uさんとともに参列。お通夜のつもりだったから、礼服じゃなくて紺のスーツだし、ひげものびているけれど、この際許してもらおう。まだ60代のお父様を亡くしたうえに、葬儀が地震と重なってしまい、Iさんは、本当にお気の毒。
 10:00:帰宅。ローソンに寄ってみるが、おにぎりやサラダが売り切れ。飲み物とスナックを調達。この時点で、神奈川には、大津波警報が出ていたはずだけれど、みなとみらい周辺は平穏。マンション共有部の壁やタイルに損傷が見られたけれど、部屋の中は、まったく影響なし。椅子も動かず、テーブルの上の本も落ちず、植木も倒れず。ハイボールを飲みながらニュースを見てから少し寝る。
 15:00:原発の状況がかなり怪しい。水位は下がり続けているし、ガスも抜けてない。地震と津波は、とにかく被災者の救援に全力を尽くすしかないけれど、原発事故の方は、まだコントロールできるかもしれない段階。それにしては、情報も不足しているし、やきもきする。
 15:45:ようやくガスが抜けらしいとわかって、少し安心して買い物へ。セブンイレブンでS君に会う。彼は、深夜帰宅組で、蒲田から多摩川線~東横線で順調に帰れたとのこと。ちなみに、セブンイレブンも食べ物はほとんどない。仕方がないので、スーパーへ転戦。お肉でもジウジウ焼いて元気を出そうかと思ったが、お肉も売り切れ。野菜、果物、パスタ、卵などを調達。電力ピークの前に早めにご飯を炊く。
 17:00:ガスが抜けて安心かと思っていた原発だが、NHKの映像で、建物が骨組だけになっていて衝撃を受ける。あまりにもあんまり。第一報がテレビのカメラの画像比較でよいのだろうか?ずいぶん待たされて、枝野さんの会見。中身がまったくない。。。NHKの記者も怒っている。ここからは、原発がどうなるかが気になって仕方がない。20時近くなって、どうやら格納容器が無事らしいとの情報。
 20:00:Ustreamで原子力資料情報室の会見。反対派の人たちらしいので、鵜呑みにはできないけれど、原発設計に携わった技術者もいて、わかりやすい。素人なりにいろいろな角度から情報を補強しないと。
 20:30:菅さんの会見。前置きが長く、精神論ばかりで中身がなさそうなので、途中でUstreamに戻るが、枝野さんの会見は、今度はよかった。なんで爆発から5時間もかかるんだよというのはあるけれど、とりあえず現時点で知りたいことは、一応わかった。
 22:00:海水による冷却の成功を祈りつつ、今日は早く寝ようと思ったら、また緊急地震速報。う~ん、原発のすぐ近くじゃないか。。。

D110312a

|

« 3/11:東日本大震災(1) | トップページ | 3/13:東日本大震災(3) »

コメント

 おっしゃるとおり地震の直接の被害を受けたわけではないですが、いざというときのために、帰宅難民になったらどうするか、あのときは同対応したのか、記録に残しておくことは必要ですよね。
 それこそ、まさにweblogとしてやるべきことだと思います。

投稿: buschan | 2011/03/13 00:54

歩いた人の状況は月曜日にならないとわかりませんが、待機組としては、やはり早めの食料調達が大事でした。みんなの気分がだいぶ落ち着いたと思います。

投稿: しんちゃん | 2011/03/13 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/11:東日本大震災(1) | トップページ | 3/13:東日本大震災(3) »