« 7/11:AIRDOで行く涼しい北の大地♪~夏休み第3日~ | トップページ | 7/13:えりも岬から日高へ~夏休み第5日~ »

2011/07/12

7/12:秘湯・鹿の湯へ~夏休み第4日~

◆帯広→然別湖→鹿追→幕別→帯広:はれ:5915歩:帯広の最高気温33.3度

 今日はのんびりなので、目覚ましはかけずに7時起床。北海道ホテルさんのお庭を眺めながらの洋朝食はなかなかよい。食後にお庭を散歩すると、リスさんが登場。

D110712a

 心配された天気も回復してよく晴れている。ヴィッツ号にて北へ。北の大地らしい雄大な景色。緑が美しい。

D110712b

 まずは、然別湖へ。緑も青も濃い。本物という感じがする。

D110712c

 ここまで来れば、士幌線のアーチ橋も近いのだけれど、以前行ったので、今日は鹿の湯をめざすことにする。かんの温泉への道道1088号線のどん詰まり。地図では、このへんなのだけれど、見当たらない。道も狭くなって、不安になってくる。それに、これでは、風呂があったとしても、熊でも出そうで怖い。

D110712d

 引き返そうかと思ったら、対岸にキャムプ場を発見。然別峡キャンプ場の奥に、鹿の湯があった。テントを張ってる方も十人くらいいる。

D110712e

 いよいよ鹿の湯到着。渓流沿いの天然の露天風呂。まったくもってすばらしいので、さっそく入浴といきたいのだけれど、いかんせんアブがすごい。なんとかタオルではたきながら、入浴。お湯が熱いので、川の水を汲んで冷やす。ようやくいい感じになってきたのだけれど、気がつくと、ゲジゲジが浮かんでいたりして、どうにも落ち着かない。ちょっとワイルドすぎて手ごわいようだ。
 
D110712f

 274号を南下して、芽室から高速。紫竹ガーデンへ参戦する予定だったのだけれど、明日に回すことにして、本日は、十勝ヒルズさんで昼食。ここもお庭がビューティフル。帯広周辺は、こんな感じの名所がずいぶん増えたし、モール温泉あり、ばんえいあり、スイーツあり、豚丼ありと北の大地では、かなり元気なエリアである。

D110712g

 お庭を散策。しかしながら、どうにもあちぃので、早々にホテルへ戻り、冷房を効かせて、読書と昼寝とビア。五十嵐貴久著「1985年の奇跡」を読了。初めての作家の本をゆっくり読むのも普段はなかなかできないので、夏休みならでは。主人公は、1985年に高校2年生だから、ひとつ違い。なつかしいね、あの頃。
 今日の帯広の最高気温はなんと33.3度で、東京より暑かったようだ。それでも、16時の32.4度から19時には、一気に22.7度まで下がるのがさすがは、北の大地。モール温泉露天風呂を満喫してから、十勝ワインと十勝牛ステーキを堪能して早々に就寝。

D110712h

|

« 7/11:AIRDOで行く涼しい北の大地♪~夏休み第3日~ | トップページ | 7/13:えりも岬から日高へ~夏休み第5日~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7/11:AIRDOで行く涼しい北の大地♪~夏休み第3日~ | トップページ | 7/13:えりも岬から日高へ~夏休み第5日~ »