« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

7/31:ぐったり大敗。。。

◆横浜:くもり一時あめ:8787歩:横浜の最高気温=24.6度

 しばらく遠征がない。暑いとか、法事があるとか、飛行機代が高いとかいろいろ理由はあるのだけれど、要するに手元不如意ということで、しばらくおとなしくしていることにする。
 昨日は、法事の後、母と妹と姪っ子が来訪。おじちゃんの人気は依然として高い。キティちゃんの財布を買わされるが、手元不如意とはいえ、このくらいは大丈夫である。
 遠征のない週末ということで、ウルトラソウルを見てから、競馬予想TV、リコー全英女子オープンの予定だったのだけれど、ぐったりしてしまい、なんと20時半に就寝。さすがに23時に目が覚めてしまったが、そのまままた就寝して今朝は、7時半起床。
 遠征に行かずにおとなしくしていると、馬券が買いたくなってしまう。久々にWIN5に参戦、さらに、新潟、函館、小倉のWIN5対象レースを購入。
 セキチューさんで土を購入して、スカイビルで散髪して、サカタのタネで夏のお花を大量購入して、ビアを飲んでから盛大に植え替え。今日も北東気流で涼しい。ずいぶん楽な夏である。これなら、電気なんて余りまくり。もう節電なんてしてる場合じゃないんだけどね。
 無事に植え替えを終えて、シャワーを浴びて、またビア。15時から、グリーンチャンネル。自信の小倉10Rで大敗。WIN5も早々に終了。自信の新潟10Rも大敗。終了。自信のない新潟11Rで少し回収したものの焼け石に水。手元不如意だから遠征を控えているのに、これでは意味がないではないか。ファイターズも3タテを食らう。ふて寝。
 JRAの負けは、TCKで取り返すしかないのではないか?ということで、SPAT4に緊急参戦。今日は、トゥインクルレース25周年記念である。メイン10Rのトゥインクルバースデー賞の3連単を的中して、ようやく一息つくが、思ったほどつかなかった。そして、わずかな儲けを最終11Rのがんばれ東北!オフト大郷賞に突っ込んでしまい、狙ったアポロパステルが大外から猛然と追い込むも3着。。。あまりにもあんまり。さらに、途中、ばんえいにも参戦して、フクイズミが猛追するもこれも3着まで。あまりにもあんまり。途中、一瞬だけ、ウルトラソウルにチャンネルを変えたら、メドレーリレー。入江→北島→藤井で、1-1-1で来て、最後一杯。こちらは、せめて3着には・・・あまりにもあんまり。ぐったり。NHKスペシャルの摩周湖でも見て、すいか食べて寝よ。

| | コメント (1)

2011/07/24

7/24:ハヤト君と行く横浜港クルーズ

◆横浜・東京:はれのちくもり:9360歩

 7時半起床。ニッカンと神奈川新聞。死闘から一夜明け、体中が痛い。
 10時すぐにサイス号到着。赤レンガ倉庫に参戦。散策するサイス夫人とS嬢を残して、サイスさんとハヤトくんとともに横浜港クルーズへ。産業何トカコースということで、ベイブリッジを抜けて、本牧のコンテナ埠頭の方へ向かう。ベイブリッジを真下から見るのが新鮮。本牧では、釣人も目立つけれど、港から離れて孤立した防波堤みたいので釣っているのは、けっこう心細いのではないかと思う。台風が遠ざかって、北からの冷たい風が一段落。今日あたりから徐々に暑さが戻ってきてしまったけれど、高速で飛ばす船の上は、風が心地よい。

D110724a

D110724b

D110724c

D110724d

D110724e

D110724f

 45分のクルーズを終えて、billsさんでブランチ。いわゆる「世界一の朝食」というやつである。あいかわらず大人気で、10時すぎに受付してこの時間。店内もびっしり。4人+1なので、いろいろとたのんでシェアできると思ったら、女性陣は、すでに崎陽軒をいただいてしまったという。それでも、スイートコーンフリッターやベリーベリーパンケーキをいただく。

D110724g

 すっかり暑くなってきたので、早めに羽田に行って、第2ターミナル最上階で飛行機を見ながらビア。次回、韓国での再戦も検討しつつ、S嬢をお見送りして、小生もハヤトくんの投げキスをもらって解散。帰宅して、横になったら、なんとそのまま21時半まで就寝してしまった。
 サンデースポーツが、あいかわらず見苦しすぎるし、さすがにまだ眠くならないので、プロ野球ニュースでオールスターをふりかえってから、就寝の予定。藍ちゃん勝てるかな?

| | コメント (0)

2011/07/23

7/23:死闘!美女ゴルフ勝利!

◆横浜→相模原→東京→横浜:晴:19655歩:横浜の最高気温=29.4度

 本日は、S嬢を迎えてのゴルフ対決。いわゆる「絶対に負けられない戦いがそこにはある」というやつである。まして、S嬢は、ホークスファンでもあって、大接戦が続くファイターズとホークスの今シーズンを占う意味でも、負けられないところである。
 遺憾ながら、昨日から夏ばてなのか、ぐったりしてお腹も終了。リフレクソロジー50分、休肝日にして、夜はおかゆにして22時には就寝。さすがに4時半に目が覚めてしまう。 5時45分にサイス号が到着していよいよ決戦の地へ。8時前には、長竹カントリークラブへ到着。北の高気圧からの涼しい風が今日も続いていて、真夏とは思えない爽やかな気候で絶好のコンディション。
 インスタートの10番、いきなりレディースドライヴァーが炸裂。3年に1度くらいの当たりが出てボギーで好発進。続く11番ホールでは、S嬢の迫力のある素振りが空振りだったことが発覚。早々に空振り問題が浮上するとは、大変遺憾である。13番までの4ホールで6打差。どうやら今日は余裕ちゃんと思ったが、その後3打戻されて、前半終了時点で、58-61で3打差。結局、予断をゆるさない展開となってしまった。依然として、お腹が終了しているので、お昼は、ざるうどんを半分。ビアではなくて、レモンスカッシュ。
 それでも、3打あれば、まぁ逃げ切り態勢と思っていたら、1番ホールで5と8。あっさり同点に追いつかれる。2番では、ティーショットをアイアンでOB。あまりにもあんまり。3番ショートでは、お互い谷に落としたものの、前進4打から寄せられてしまい、7と5で2打差。4番ホールでも3打目をOB。サイスさん曰く、「ボール1つ分くらい
」とのことだが、決戦なので、裁定は厳しい。9と8で3打差。池越えの5番ショートホール。ここで池に落としてはもはやこれまでだが、かろうじて越えて4と4。タイで茶屋へ。残り4ホールで3打差とはいよいよ厳しくなってきた。動揺したせいか、7番アイアンを前のホールのティーグランドに忘れる。
 しかしながら、6番で久々にドライヴァーが復活して5と7。1打差。7番で6と7。残り2ホールでとうとう追いつく。ぐんぐん杯同様に異様な緊張感に包まれてくる。8番ロングホールは、8と8。このへんまでくると、お互いに1球ごとに相手を見ながら打つ感じで、打球も同じようなコースをたどっていく。そして、いよいよ泣いても笑っても最終ホール。
 長いミドルホール。OBだけはしないように右へ。けっこう距離があるので、6にすればほぼ勝てるのではないかと計算。引き分けの予感もあったので、ルールを確認すると、ディフェンディングチャンピオンの小生の勝ちになるとのこと。4オンで十分だ。
 3打までは同じように進んで残り100ヤード前後から。小生は4オン。S嬢はバンカーの淵へ。5打目は出すだけ。2パットで決めて勝利!スコアは、119-120。。。

D110723a

D110723b

 大浴場で汗を流して、ガリガリ君梨をいただきながら、サイス家へ。足も腰も痛くてぐったりだけれど、気分は爽快である。イッキマンとの対決同様、1度勝てば次の対決までの1年くらいは優位にたてるのだ。S嬢の先輩であるところのサイス夫人に勝利の報告をする瞬間がまたよい。
 オールスターと遼くんのゴルフと相撲を見てから、駒沢のイタリアンで19番ホール。お腹の調子はまだ怪しいけれど、勝利をふりかえりながらちびちびと飲むワインが美味しい。ハヤトくんからカーズについて講義を受けていると眠くなってきたし、20番ホールでは、何やら踊りを踊らされそうな気配があったので、丁重に固辞して、東横特急で帰宅。勝利の余韻にひたりながら早々に就寝。
 レベルの低いゴルフの話を延々と書いてしまったけれど、今日の日記は、負けたS嬢が読んでまた悔しさを再確認してもらうために書いてるのだから、これでいいのだ。

| | コメント (0)

2011/07/21

7/21:めざましクラシックス~サマースペシャル’11~

◆横浜・東京:はれ時々くもり:15427歩:東京の最高気温=23.6度

 迷走台風が南の方へ下がって行ったと思ったら、北の冷たい空気が流れ込んできて、昨日から突然涼しくなった。北の大地から冷たい空気を持って帰ってきたようで実にありがたい。18時前に退社して、サントリーホールへ。本日は、めざましクラシックスサマースペシャルに参戦。
 もちろん本日も満員。今日は、2階RB席ということで、どうなるかと思っていたが、右手から前の方へ突き出ているお席のけっこう前の方で、前に人がいないレイアウトのため、実によく見える。すばらしい。第1部は、めざクラアンサンブルのリストの「愛の夢」で幕開け。
 第1部のゲストは、松下奈緒さん。小生はよくわからないけれど、いわゆるゲゲゲの女房である。タイプではないけれど、美女である。女優さんでもあって、ピアニストでもあって、作曲もして、歌も歌うという。オリジナルの曲の他、ゲゲゲの主題歌でもあるいきものがかりの「ありがとう」もピアノで披露してくれた。
 スパークリングワインなどいただき、第2部。文明堂のカステラの曲にのせて、12人のヴァイオリニストが登場。5年たって、ずいぶん堂々とした感じになってきましたね。
 そして、第2部のゲストは、フミヤ。今年は、情熱大陸に参戦しないけれど、ここでフミヤの「TRUE LOVE」を聞くことができた。あいかわらず若い。1962年生まれには見えないよねぇ。「Another Orion」、「大切な人へ」。めざクラアンサンブルとのコラボレーションもいい感じ。サントリーホールで歌うこともめったいにないだろうけど、歌っている方も気持ちよさそうだ。
 軽部アナとちさこ嬢の毒舌も健在で、今日も時間のたつのが早くて楽しいコンサート。秋のみなとみらいホールも楽しみだ。

D110721a

| | コメント (0)

2011/07/19

7/19:夏休み明けも快勝♪

◆横浜・東京:くもり時々あめ:15255歩:東京の最高気温=28.7度

 10連休明けということで、いつもより早めに7時半前に出社するも、社員証を忘れる。休みボケと言われても否定できない。幸い休み中、大きなトラブルはなかったが、会議の合間を縫って、300通近いメールを処理して、たまっていたハンコを押しているうちにけっこうな時間になってしまい、19時すぎにどうにか脱出。

◇2011/7/19:○F 3-2 E(東京)

 19時45分くらいに東京ドームに到着すると、何やらピンチ。トイレに行くと歓声があがるので、やられたか?と思ったら、ゲットゥーで事なきを得ていた。まぁ、ホームだものね。
 急いで2階へあがると、売店が全部閉まっているので、1階へ逆戻り。買い物している間に歓声があがり、稲葉ソロ。急いで再び2階へ。今日は、前売りがけっこう売れていたけれど、2階を開けてくれれば、楽チン。1列独占して、前の席に足を投げ出して、リラックス観戦中のkecoさんにようやく合流。
 今日も榊原→増井→武田久で逃げ切り。しかし、鉄壁のリリーフ陣にもさすがに疲れが見える感じもする。打たれたのではなくて、打たれそうというだけなので、ぜいたくな悩みだけれど、プロ野球ニュースでも平松さんが指摘したように8回の内村への四球などもったいなさすぎるし、イトイセンシュの強肩は、こっちも期待してしまったけれど、2点目のランナーをホームで刺すかどうかより、同点のランナーを2塁に行かせない方がずっと大事だよね。
 到着してからは、攻撃は見るべきものもなく、あっさり終了。しかし、久が抑えて快勝。前半は、ずいぶんチャンスを逃したようだし、スキも見せている気がするけれど、まぁ、相手が弱すぎるということなのだろう。
 明日は、ダルvsマーくんのエース対決。参戦できないのが残念だけれど、これでオールスター休み。久以外の中継ぎ陣はゆっくり休んで後半戦に備えて欲しいものである。
 明日は久しぶりに出張。飛行機飛ぶかな。

D110719a

| | コメント (0)

2011/07/18

7/18:美女とラベンダーで大団円~夏休み最終日~

◆札幌→美瑛→富良野→千歳→横浜:くもり時々はれところにより一時雨:17844歩:富良野の最高気温=26.7度

 5時30分起床。なでしこジャパンが終了している頃かと思うが、アメリカに勝てるとは思えないので、朝風呂へ。しかしながら戻ってくると、延長戦に突入している。しかし、アメリカに勝てるとは思えないので、出発の支度をしていると、やはり勝ち越されている。もはやこれまでかと思い、出発の支度を続けていると、なんと追いついたという。さすがに気になって、PK戦だけテレビで確認。すばらしい。
 コパ・アメリカのパラグアイも気になるのだけれど、なんとブラジルに0-0のままPK戦へ。すばらしい。さすがに最後まで見ている時間はなく、3・5狸パーキングさんから、2日ぶりにヴィッツ号を出して、kecoさんとないるさんをピックアップして、札幌ICから道央道を北へ。夏休み最終日は、美瑛~富良野ドライヴという趣向。ラベンダーの時期の富良野は、毎年参戦しているけれど、ここ数年は平日の参戦。久しぶりの祝日参戦なので、早めに出発。幸い、混雑もなく美瑛へ。ケンとメリーの木はもういいとのことなので、まずはおなじみの四季彩の丘へ。雨はあがったけれど、空の色が青くないのが写真的には残念。

D110718a

D110718b

D110718c

 続いては、青い池へ転戦。数年前、まだブレイクする前に一度来たのだけれど、けもの道をうろうろして、今ひとつよくわからず、熊でも出そうで、怖くなって引き返したことがあるもだけれど、今では、標識もあり、駐車場も立派。所沢のナンバーのクルマがいたけれど、陸路北の大地入りしたライオンズファンが、3連敗後に北の大地をエンジョイできているのかどうか、大変心配である。

D110718d

 せっかくなので、237号へ戻らず、十勝岳温泉回りで上富良野へ出て、ファーム富田さんの別館であるところのラベンダーイーストへ。ここは、まだ比較的空いているので、恒例の野菜カレーさんをいただき、おみやげも購入。ブロッコリーも美味。

D110718e

D110718f

 本丸であるところのファーム富田さんは、さすがに大混雑。アジアの方も例年よりはかなり少ないけれど、多少は戻りつつあるようだ。お天気も回復してきて、あちぃくらい。

D110718g

D110718h

D110718i

D110718j

 午後になってクルマの台数も増えてきたけれど、幸い、順調に予定を消化。3人とも北の国からには、あまり興味がないので、五郎と何とかの家とか、そういうのには参戦する必要もない。ところで、富良野ワインっていうのはあるけれど、ぶどうはどこで作ってるんだ?とか話していたら、ちゃんとぶどう園が出てきた。市営のものの近くに、カンパーナ六花亭さんもオープンして盛大。オリジナルメニューもあって、ぶどうソフトをいただく。数年したら、ぶどうの木も育って、さらににぎやかになりそうで楽しみ。1年中観光客を呼べるように、地域全体でいろいろとがむばっていて、大変よろしい。

D110718k

 38号で滝川へ戻って、道央道というのも芸がないので、237号をさらに南下して、金山から占冠、夕張から道東道で千歳東ICというルート。今年の秋には占冠から夕張までつながるので便利になるけれど、今日のところは、2時間半くらいのドライヴ。iPadをカーステレオにつないでいるものの、ないるさんの期待に応えられる曲が全然ないので、アラフォーCDとかナンノシングルズをかけながら山を越えて、井上陽水の最後のニュースが流れるところで、無事にロングドライヴも終了。
 後は株主優待券で帰るだけなのだけれど、順調に来たので、飛行機までは少し時間がある。リニューアルしたばかりの新千歳空港を探検。3階のドラえもんやロイズは、予想以上にがむばっている。ロイズもおみやげ屋の親玉というのではなくて、オリジナルのお菓子でむしろ地元の人へアピールする感じ。4階の万葉の湯も気になるけれど、ダイソーさんとか、アニメショップとか、アジアの方を意識したお店も多い。飛行機でも遅延したときには、大いに役に立ちそうだ。

D110718l

D110718x

 お弁当を購入して、ラウンジでビアとともにいただき、おなじみのANA76便で帰宅。高校のとき以来の7泊8日の北の大地、無事に終了。横浜はあちぃけれど、明日からは雨になりそうなので、ちょうど猛暑の一週間を回避できたのもすばらしい。前半は特にのんびりしたので、ヨーロッパ帰りのような疲れもまったくない。リフレッシュして、明日からは、少しお仕事?

| | コメント (2)

2011/07/17

7/17:佑ちゃん勝利でファイターズ首位!~夏休み第9日~

◆札幌:くもり時々あめ:15498歩:札幌の最高気温=23.0度

 夜中に目が覚めてしまい、めずらしく眠れなくなって、本を読んだりして、あまり眠れないまま8時起床。朝風呂。朝食会場が大行列。道スポとニッカン。例によってファイターズ快勝後の朝食は美味しい。
 7泊のうち6泊分の着替えと本を入れたトランクを宅急便で自宅へ送って、そろそろ夏休みから普通の遠征に気分を切り替える。豊水すすきのから東豊線で福住へ。本日もファイターズ祭り。全席完売、満員御礼、4万2000人。早めに入場したものの場内は大混雑でぐったり。

D110717a

◇2011/7/17:○F 1-0 L(札幌)

 ファイターズ先発は佑ちゃん。復帰後は、2連敗で、化けの皮がはがれつつあるところで、梨田監督も、「内容より結果」を求める一戦。オールスター出場も決まっており、何とか勝って欲しいところだが、初回からピンチ。おかわり君の前に2人もランナーを出しては、逃げの一手で、1死満塁。しかし、フェルナンデスと坂田を何とか抑えるが、初回から15分。見ている方も疲れる。
 3回も先頭の栗山に打たれ、1死2塁。中島を抑えたら、おかわり君は逃げの一手。2死1,2塁でフェルナンデスを抑える。
 ライオンズ岸は抜群の立ち上がりで打てそうもなかったのだが、4回、2死2塁で、翔くんのショートゴロを中島がタイムリーエラーで思わぬ先制点。中島は攻守に精彩を欠き、岸にはなんとも気の毒だった。
 ライオンズは、5回も先頭の栗山から。2死から中島が出塁して、またしてもおかわり君も前にランナーが。2-3となって、ワンバウンドでもいいからフォークと思ったら、見事にフォークで三振。
 佑ちゃんは5回97球でお役ごめん。内容は冴えなかったけれど、監督も今日は、内容よりも結果を求めていたのだから、合格ということになるのだろう。後は、12球団最強のリリーフ陣に託すのみ。今日も完璧につないだ4人の防御率は、谷元2.01→榊原0.31→増井1.27→武田久1.11。これに宮西も控えているだから、JFK顔負けのすさまじいブルペンである。特に8回、増井が中島とおかわり君を三振にしとめた内容がすばらしかった。

D110717b

 19時すぎから、祝勝会。すすきのをウロウロするも、いかんせん決め手を欠き、なんと、東急インの地下のライオンさんへ。これでは、神宮の反省会と同じではないかという気もするのだけれど、どうしてもライオンさんがいいということなので、やむを得ない。プロ野球ai問題、今井美樹さんも宮崎の田舎出身だ問題など検討して、早めに就寝。

D110717c

D110717d_2

| | コメント (0)

2011/07/16

7/16:快勝♪北海道祭り~夏休み第8日~

◆登別→札幌:あめ:17543歩:札幌の最高気温=20.6度

 7時半起床。朝風呂。朝食ヴァイキング。スケさん一面の道スポとニッカン。FFFFFのゆうじ特集を見てからチェックアウト。

 D110716a

 今日も雨。しかも寒いくらい。3・5狸パーキングさんにヴィッツ号を預けて、ドーミーインさんに荷物を預けて、札幌ドームへ。

D110716b

 本日は、北海道祭り。例によって出店がいろいろ出ているのだけれど、いかんせん雨が激しいし、人気のお店は大行列。弟子屈餃子など購入して早々にお席へ。ないるさんと合流。

◇2011/7/16:○F 3-2 L(札幌)

 ライオンズ戦。ファイターズ先発はケッペル。今年は、ケッペルが多い。早くTシャツが届いて欲しいものである。2回、おかわりくん一発。でかい。しかし、スケさんソロですぐに追いつく。スケさん、守備でも好プレー。すっかり北の大地の心をつかんでいる。

D110716c

 本日は、4万2千、満員御礼。かんちゃん、kecoさんも合流して、6回裏、イトイ選手、翔くんが作ったチャンスに、小谷野ピッチャーゴロで万事休すかと思ったら、石井の見苦しいプレーで勝ち越し、稲葉劇走3塁打で、もう1点。7回に1点を失ったものの、8回増井、9回久で磐石。購入したばかりの久タオルも活躍。

D110716d

 勝利の女神であるところのkecoさん到着で、本日も遠征初日をきっちりと勝利したのだけれど、勝利の女神は、雨女でもあって、結局、朝からずっと雨。本日は、札幌ドームの隣の芝生で花火大会ということで楽しみにしていたのだけれど、終了。誠に遺憾。

D110716e

 仕方がないので、ワシントンホテルあらためグレイ何とかホテル地下の蔵何とかさんで、祝勝会。浴衣デイ問題、いいねが早すぎる問題、谷口くんホームラン量産問題、情熱大陸は暑すぎる問題、カンパリさんに先を越されるとはいかがなものか問題など検討して解散。

D110716f

| | コメント (2)

2011/07/15

7/15:滝本へ~夏休み第7日~

◆静内→登別:あめ:1080歩:登別の最高気温=20.3度

 8時すぎに起きて朝食。連泊ということで今日は和食。鮭と納豆など。コーヒーが飲めるのがうれしい。ナチュラルリゾートハイジアさん、すばらしい。またゆっくりしたいものである。
 今日も雨。10時すぎにチェックアウトして、国道235号を北上。大狩部の椿サロン夕焼け店に参戦。日焼けサロンじゃない。国道沿いの高台から太平洋を望むロケーション。夕陽が美しいのだけれど、午前中、しかも雨の中の参戦になってしまった。グレープフルーツジュースとコーヒーゼリーとニッカンと道スポ。

D110715a

D110715b

 富川から高速。白老牛の昼食という案もあったのだけれど、あまりお腹も空かないので断念して一路登別へ。夏休みも終盤戦。もちろん本日のお泊りは、第一滝本館である。
 今日の登別の最高気温は、20度ということになっているけれど、これは、深夜に記録されたもので、日中の気温は16度。半袖では寒いくらい。東京は猛烈な暑さになっているようで思わずにやにやしてしまう。
 例によって南館へアップグレード。さっそく第1回入浴。14時台となると、大浴場もがらがら。金蔵の湯もひとり占め。ゆっくり温まって、第1回ビア。
 いったん部屋に戻って、17時すぎから第2回入浴。リフレクソロジー。夕食。第2回ビア。
 いったん部屋に戻って、NHKでファイターズ戦。杉谷も打って、スケさん満塁ホームランで勝利を確実にしたところで、第3回入浴。
 そのまま浴衣で外へ出て、地獄谷へ。あいにくの小雨模様だけれど、地獄の鬼花火が開催。滝本には何十回も来ているけれど、これは初めてだ。なかなかビューティフル。
 いったん部屋に戻って、NHKでファイターズ戦。何やら地震があったらしいけれど、北の大地はまったく揺れず。勝利を確認して、この後は、第4回入浴、第1回整体、第1回ラーメン、第3回ビアで締めるよてひ。

D110715c

D110715d

| | コメント (0)

2011/07/14

7/14:ぜいたくな1日~夏休み第6日~

◆静内:あめ:435歩:静内の最高気温=21.7度

 結局、すぽるとを見ずに、早々に就寝したので、5時すぎに目が覚める。二度寝、三度寝して、8時半から朝食。ここの洋朝食も美味しい。野菜たっぷりのスープ、しゃきしゃきと美味しいサラダ、オムレツ、ベーコン、パン、ヨーグルト、夕張メロン、コーヒー。
 4日目にして雨。もっとも、今日は特に予定がなく、ハイジアさんで読書でもしながらのんびりしようと思っていたので、ちょうどよい。食後に目の前の放牧地を少し散歩。玄関近くでヘビがとぐろを巻いている。

D110714a

D110714b

D110714e

 テレビは見ないし、ネットも圏外。ファイターズは勝利したらしいので、新聞くらいは読みたい。クルマで国道まで出て、東静内でようやくセイコーマートを発見して、道スポとニッカンを購入。往復45分かけて宿に戻ったら、ロビーにニッカンが置いてあった。
 「起こさないでください」の札をかけて、読書。雨だから湿気はあるけれど、もちろん涼しい。子どもの頃の夏休み、軽井沢の別荘や、那須の牧場を思い出す。あの頃は、時間はたっぷりあったけれど、大人になった今となっては、実にぜいたくな時間。やっぱり夏休みっていうのはこうじゃないとね。
 お昼はパスして、午後も2階の寝室で読書。1時間に1回くらい階下のリビングに降りてくると、目の前の放牧地の馬の位置がちゃんと少し移動しているのがなんとなくおかしい。
 14時半に昨日買っておいたオリオンビアを飲む。ここでビアを飲んでしまうということは、今日はもうどこにも出かけられないということを意味する。夕方から晴れるようなら、昨日行かれなかった椿サロンに行ってみたかったのだけれど、どうやら雨は止む気配がないので昼ビア。テラスで飲めればもっとよかったのだけれどね。

D110714c

D110714d

 夕方も読書。村山由佳の「すべての雲は銀の・・・」を読了。夏休み用にたくさん本を買い込んでもなかなか読めないことが多いが、今回はゆっくり読める。舞台が、長野の農園というのも雰囲気があってていい。
 18時からスパ。窓の向こうでは、鹿さんが跳んでいる。
 19時からディナー。あまり食にこだわりのない小生だけど、ここのお料理は、本当に美味しい。ビアとワイン。

 オードブル
  地場産グリーンアスパラガスと温泉卵のミラノ風
 スープ
  自家農園有機じゃがいもの冷製スープ

D110714f

 ヴィアンド
  地場産ホエー放牧豚ロース肉のグリル ヘルシー野菜ソースで
 サラダ
  有機野菜のサラダ
 デザート
  自家製スイーツ~旬果カクテルゼリー

D110714g

 パン 
  パンとバター
 お飲み物
  オーガニックコーヒー

 全部美味しかったけど、特にアスパラとスープとデザートは絶品。残ったハーフボトルを部屋に持って帰って、全英オープンなど見る。旅行中、テレビはまったく見なかったのだけれど、全英オープンをのんびり見るのは悪くないよね。最後にニュース9の天気予報だけ見る。東京は暑くなりそうだね。いいね!。まったくもってぜいたくな1日。

| | コメント (0)

2011/07/13

7/13:えりも岬から日高へ~夏休み第5日~

◆帯広→えりも岬→静内→門別→静内:はれ夜一時あめ:8029歩

 7時起床。朝風呂、朝食。今朝はリスさんは発見できず。今日もよいお天気で暑くなりそう。10時前にチェックアウト。
 まずは、帯広空港近くの紫竹ガーデンさんへ広々としたお庭にとにかくたくさんの花がきれいに植えられている。手入れが相当大変ではないかと思う。のんびりしたいところだけれど、気温がぐんぐん上昇してきているので、早めに撤収して南へ向かう。

D110713a

 国道236号から336号へ。難航時で巨額の建設費がかかったために、黄金道路と呼ばれるこのルートは、断崖絶壁の海岸線を行くので、景色はすばらしい。そして、南へ向かって走っているのに気温がどんどん下がってきて、帯広では28度くらいあったのに、えりも岬が近づく頃には20度くらい。まったくもって爽やかであってすばらしい。

D110713b

D110713c

 北の大地の観光地は、ほとんど制覇しているのだけれど、実はえりも岬は初めて。このあたり強風で有名なのだけれど、幸い、今日は穏やか。もっと寂れているかと思ったら、観光客もけっこういるようで何よりだ。風の名所だったら、もっと風力発電をと思うのだが、風車は2基しかなかった。

D110713d

D110713e

D110713f

D110713g

 えりも岬から日高方面へ抜けて、国道235号は、おなじみの馬産地ルート。浦河から一本裏の農道へ入って、静内の手前にあるのが、本日のお宿であるところのナチュラルリゾートハイジアさん。たしか2年前に一度泊まったのだけれど、メゾネットのお部屋が快適だし、目の前に放牧地があるロケーションもいい。さっそくスパに参戦して入浴。温泉ではないけれど、ビューバスでいい感じである。

D110713h

 せっかくだからゆっくりすればよいのだけれど、ヴィッツ号は、再び235号を北へ向かう。途中、新冠の椿サロンさんで、夕陽をエンジョイする予定がお休みということで、そのまま北上して、門別競馬場に到着。グランシャリオナイターは、初参戦だ。
 かなり久しぶりの門別競馬場。スタンドも2つになって、なかなかきれいに維持されている。お客さんもまぁされなりにいて、こじんまりとにぎわっている。日暮れとともに気温も下がって、半袖でちょうどよいくらいでなかなか快適。8Rの青桐特別で3連単65倍を的中して、ますますいい感じ。
 本日は、大井競馬場では、ジャパンダートダービーがあって、うしという方の愛馬グレープブランデー号が1番人気で出走予定。遺憾ながらビジョンで応援。人気薄の先行馬を行かせて、後ろにクラーベセクレタというなかなか難しい状況からきっちり抜け出して、武豊のボレアスの追撃をしのいで快勝。ダイヤモンドターンでは、絶叫していたのではないだろうか。誠に遺憾ではあるが、GIオーナーとは大したものである。
 門別のプラスを大井で吐き出して撤収。いつのまにか雨が降ってきた。ハイジアまでは、1時間15分ほど。ここは、イーモバイルはもちろんソフトバンクも圏外。ということで、ネットから遮断された生活。たまにはそれもまたよし。ファイターズは勝ったようなので、すぽるとでも見てから読書して就寝のよてひ。

D110713i

D110713j

| | コメント (0)

2011/07/12

7/12:秘湯・鹿の湯へ~夏休み第4日~

◆帯広→然別湖→鹿追→幕別→帯広:はれ:5915歩:帯広の最高気温33.3度

 今日はのんびりなので、目覚ましはかけずに7時起床。北海道ホテルさんのお庭を眺めながらの洋朝食はなかなかよい。食後にお庭を散歩すると、リスさんが登場。

D110712a

 心配された天気も回復してよく晴れている。ヴィッツ号にて北へ。北の大地らしい雄大な景色。緑が美しい。

D110712b

 まずは、然別湖へ。緑も青も濃い。本物という感じがする。

D110712c

 ここまで来れば、士幌線のアーチ橋も近いのだけれど、以前行ったので、今日は鹿の湯をめざすことにする。かんの温泉への道道1088号線のどん詰まり。地図では、このへんなのだけれど、見当たらない。道も狭くなって、不安になってくる。それに、これでは、風呂があったとしても、熊でも出そうで怖い。

D110712d

 引き返そうかと思ったら、対岸にキャムプ場を発見。然別峡キャンプ場の奥に、鹿の湯があった。テントを張ってる方も十人くらいいる。

D110712e

 いよいよ鹿の湯到着。渓流沿いの天然の露天風呂。まったくもってすばらしいので、さっそく入浴といきたいのだけれど、いかんせんアブがすごい。なんとかタオルではたきながら、入浴。お湯が熱いので、川の水を汲んで冷やす。ようやくいい感じになってきたのだけれど、気がつくと、ゲジゲジが浮かんでいたりして、どうにも落ち着かない。ちょっとワイルドすぎて手ごわいようだ。
 
D110712f

 274号を南下して、芽室から高速。紫竹ガーデンへ参戦する予定だったのだけれど、明日に回すことにして、本日は、十勝ヒルズさんで昼食。ここもお庭がビューティフル。帯広周辺は、こんな感じの名所がずいぶん増えたし、モール温泉あり、ばんえいあり、スイーツあり、豚丼ありと北の大地では、かなり元気なエリアである。

D110712g

 お庭を散策。しかしながら、どうにもあちぃので、早々にホテルへ戻り、冷房を効かせて、読書と昼寝とビア。五十嵐貴久著「1985年の奇跡」を読了。初めての作家の本をゆっくり読むのも普段はなかなかできないので、夏休みならでは。主人公は、1985年に高校2年生だから、ひとつ違い。なつかしいね、あの頃。
 今日の帯広の最高気温はなんと33.3度で、東京より暑かったようだ。それでも、16時の32.4度から19時には、一気に22.7度まで下がるのがさすがは、北の大地。モール温泉露天風呂を満喫してから、十勝ワインと十勝牛ステーキを堪能して早々に就寝。

D110712h

| | コメント (0)

2011/07/11

7/11:AIRDOで行く涼しい北の大地♪~夏休み第3日~

◆横浜→東京→横浜→帯広:はれのちくもり:12737歩:東京の最高気温=33.8度、帯広の19時の気温=18.4度

 当初の予定では、セレクトセールに参戦するつもりで、購買者登録まで済ませておいたのだけれど、昨日に続いて法事。猛暑の中、滞りなく済ませて、15時前にいったん帰宅して、海外旅行用のランセルのトランクをコロコロさせながら京急で出発。国内線で荷物を預けるのは久しぶりである。53番搭乗口の表示によれば、目的地帯広の気温18度だという。すばらしすぎる。2日遅れで本当の夏休み。喜びがじわじわとこみあげてくる。
 諸般の事情により、定刻通りの到着を祈っていたのだが、なんと定刻より10分近く早く到着。AIRDO大健闘である。ニッポンレンタカーさんにてヴィッツ号。今回は7日間という長期レンタルなので、きれいなクルマを期待していたが、走行距離9000キロのきれいばヴィッツ号で快適。無料の高速を飛ばして、19時20分には、無事に帯広競馬場へ到着!半袖では寒く、ジャムパーをはおるくらいでちょうどよい涼しさ!猛暑の東京からわずか数時間で、別世界である。
 
D110711a

 ばんえい記念以来の参戦となるばんえい。平日ナイターだが、ビアホールなどもあって、会社帰りの一行など、それなりにお客さんはいるようで一安心。すでに入場が無料になっているのはよいのだが、競馬ブックの販売も終了してしまっている。隣の金太郎さんは営業しているが、ちょっと検討できそうもないので、出走表とパドックだけで何とかしてみる。
 ノンアルコールビアと豚丼で腹ごしらえをして、メイン11Rの能取湖時別。2と4がよくみえたので、手広く。人気薄の6番ニュータカラコマが勝って、4番のライズドラゴンが2着を守って快勝。馬連21.2倍。
 最終12RのB3は、人気のリキエイが快勝、オーゴンプリンセスが差して、当たり損ながら的中。一昨日の盛岡から8レース連続して的中している。本日は、5000円投資で7440円の回収。立派なものである。

D110711b

D110711c

 帯広の定宿は、北海道ホテルさん。空港到着と同時にツイッターでメッセージをくれるのもうれしい。館内は、落ち着いた雰囲気でありながら、浴衣で大浴場へ参戦できて、モール温泉を堪能できるのだからすばらしい。ばんえいにモール温泉、ふたつの北海道遺産を堪能して、ゆっくり読書して就寝。

D110711d

| | コメント (0)

2011/07/09

7/9:がんばろう東北・心をひとつに岩手競馬~夏休み第1日~

◆横浜→盛岡→横浜:はれ:13619歩:盛岡の最高気温=33.3度

 今日から夏休み。海の日も使うので10連休。今年は海外はパスして、北の大地。その分、義捐マイルにでも寄付しようかと思っていたが、受付は終了してしまったようである。当初の予定では、4時50分起床、6時30分のエアドゥで旭川入りして、美瑛などを散策してから、スタルヒン球場でニオカセンシュ満塁ホームランで勝さん快勝!を確認して、夕暮れのモエレ沼公園などひやかしてから、ドーミーイン小樽さんで入浴ということになっていたのだが、明日、明後日が法事になってしまい終了。北の大地は月曜発の7泊8日ということになり、今日はひまっこになってしまった。
 たしかこの週末、何かあったはず?と昨晩になって検討の結果、JR東日本パスの有効期間であることを思い出し、前日までしか購入できないので、昨晩23時に緊急購入。乗り放題1万円とおトクな切符で、さすがに指定席がほとんどとれなかったが、なんとか行きのはやて号と帰りのこまち号を確保。東北新幹線は、今日から震災後の徐行区間が縮小されて、スピードアップ。9時36分のはやて号にてめざすは、盛岡、「がんばろう東北 心をひとつに岩手競馬」に参戦である。

D110709a

 日本一立派な施設を持ち、数々の名馬を輩出してきた岩手競馬も、赤字続きで廃止も噂されている昨今、今回の震災でもはやこれまでかと思われたが、JRAや各地の地方競馬、そして全国の競馬ファンが支援の手を差しのべて、何とか開催が続けられている。ここは、ひとつ小生も応援しないわけにはいかないではないか。
 夏休みに合わせるように、関東甲信越梅雨明け。盛岡競馬場も強烈な暑さであるが、幸い、指定席を確保できた。屋台村で大船渡復光ラーメンとビアで腹ごしらえをすませてから、ケイシュウ片手に検討に専念。

D110709b

D110709c

D110709d

 6RのC2級15組から参戦。ほとんど最下級条件で、1着賞金はなんと10万円である。盛岡競馬もここまで落ちぶれてしまったかと悲しくなるが、とりあえず的中。ただし当たり損。続く7RのC2級14組も当たり損。盛岡ダート1200ばかり走っているので、力差がはっきりしてしまい、どうしても固い決着になる。佐賀競馬を発売しているので、薩摩街道八代宿賞を購入してみるが、これも上位3頭であまりにも固く当たり損。
 8Rは、3歳B2一組。少しレベルが上がるが、これも、3,5,6,7のBOXでほぼ固いと思うと、3が大出遅れ。しかし、残った3頭が上位を占めて、3連単的中。これが、5→7→6と入って、転入4連勝の6番が3着になったため、73.9倍の高配当。すばらしい!
 9Rの北上川ゴムボート川下りレース(ヘンなレース名)も、3番のコアレスバトラーが23キロ減で終了したため、固く的中。あまりに暑いので、パドックで明らかにぐったりしている馬は蹴飛ばせるようだ。
 メイン10RのFM岩手杯は、B1級で、芝1000m戦。他の地区にはない芝の短距離戦ということで、地方全国交流になっているが、さすがに1着賞金40万円では、遠征馬はいない。しかし、芝も短距離もほとんど未知数の馬ばかりなので実に難解。しかし、逆に言えば検討のしがいがあるのも確か。中央時代の芝実績や、血統を頼りに、2,3,6,8,10,11のボックスで購入したら、2→10→8→6→3と入ったのだから、完璧な予想。馬連しか買ってなかったのが実に残念であるが、結局参戦した6つのレース、すべて的中。当たり損が多いとはいえ、一応8000円のプラス。JR東日本パス代を稼げなかったのは残念だが、まずまず快勝といえよう。
 帰りの新幹線の時間がギリギリだったのだけれど、なんとか盛楼閣で冷麺とビアをいただき、こまち号にて帰宅。久しぶりの岩手競馬、お客さんもそれなりにいたし、あいかわらず設備はすばらしい。なんとかがむばって欲しいものである。

D110709e

D110709f

Kokoro_01

| | コメント (0)

2011/07/07

7/7:七夕マリン

◆横浜→東京→千葉:くもり:19900歩

 5時50分起床。決心つかないまま、いつもより一回り大きい鞄にユニと1泊分の着替えをしのばせて出社。
 午前中、母から会社へTEL。会社へわざわざかかってくる話といえば、悪い話しかないわけで、大変遺憾。土曜日から夏休み9泊10日の大旅行を予定していたのだけれど、諸般の事情により短縮を余儀なくされる。
 来週が夏休みということで、今週はバタバタしていたのだけれど、前へ前へ倒しているうちにだいぶ落ち着いてきた。というわけで、東京ビッグサイトの展示会に参戦、というのは、まぁ前座みたいなもので、国際展示場駅まで来れば、新木場経由でマリンはすぐそこ。マリンスタジアムの面倒なのは、むしろ帰りなのだけれど、夏休みも短縮されたことだし、思いきってマンハッタンさんにチェックイン。旅の窓口の直前予約だとずいぶん安い。来週の日程をあわただしく調整してから、歩いてマリンスタジアムあらため、QVC何とかへ参戦。

◇2011/7/7:○F 4-3 M(千葉)

 マリン参戦は、バイナムでアーメンとなった昨年のマリーンズvsオリの最終戦以来。ファイターズ戦となるとかなり久しぶりのような気がするし、この球場は、あまりいい思い出がないのだけれど、ダルビッシュもあと何回見られるのかわからないので、しっかり目に焼き付けておきたい。七夕ナイターだけれど、空は雲が多い。そして、例によって強風。センターからホームへ打者にとって逆風10m。こりゃぁ、今日はホームランは出ないなと思っていたら、意外な展開に。

D110707a

 ダルビッシュは、まったくもって快調だったのだけれど、渡辺正の初ヒットを翔くんが後逸。ここまでは仕方ないという気もしたのだけれど、バックアップのイトイセンシュが尻餅。そして、バッターランナーはホームへ向かい、金子の好返球でタッチアウトか?と思ったが、セーフ。大野くんがちゃんとブロック&タッチしていれば。。。1ヒット3エラーみたいなもんじゃないのか?これで記録は、ランニングホームランあまりにも遺憾。
 それでもすぐにイトイセンシュが汚名挽回の豪快な一発。この逆風の中を一直線にライトスタンドへ叩き込むのだから、恐るべきパワー。6回にも、糸井、中田の連打からチキチキバンバンで1点。本当はもう1点くらい欲しかったが。
 まぁ、ダルだしもう大丈夫と思っていたのだが、ワイルドピッチで1点。1死1,3塁で浅い外野フライにうちとった直後だけにあまりにももったいなかった。そして、8回にも稲葉のホームランでダメ押ししておきながら、パスボールで失点。これも、ノーアウト1,2塁で井口という大ピンチを併殺にとった直後だけにあまりにも遺憾。大野くんは、好守にまったく精彩がなかった。ダルもかなり怒ってそう。ミスがなければ、完封していてもおかしくないんだよね。
 暑くはないけど、湿気を含んだ風が吹いて、ベタベタするし、試合内容は悪いし、これでサヨナラ負けしたら目も当てられないというか、そういう予感も十分あったのだけれど、最後は久が締めて勝利。やれやれという感じ。

D110707b

 まぁ、とにかく勝ちは勝ちであるし、一応、遠征といえば遠征である。マンハッタンさんに戻って、ビューバスをバスジェルで泡で一杯にして、ぶどうサワーなどいただく。窓の向こうは、マリンスタジアムの明かりがまだ見えている。すばらしい。せっかくだから、夜景をエンジョイしながら、すぽるとくらいまでは、何とか起きていたいものだね。

D110707c

D110707d

| | コメント (0)

2011/07/03

7/3:WIN5無念

◆横浜:はれ時々くもり:10906歩:横浜の最高気温=31.6度

 例によって、5時50分起床。6時からプロやきうニュースの再放送を堪能。
 前夜から充電しておいたバテリーを持ちだして、久しぶりに電動アシスト付自転車で出発して、東神奈川ゴルフジョイさんに参戦。月末の西の美女との対決に備えて、80球ほど打ち込む。
 帰宅して冷たいシャワーを浴びて、喝!を見てから、買い物。夏休み中の植木の水やり問題が解決しないので、サカタのタネに参戦するが、蛇口につながなくてもいいような水遣り器はなかった。毛細現象でペットボトルから給水するチューブみたいの買ったけど、これじゃ1日くらいしか持ちそうもないね。
 2度目のシャワーを浴びてビア。今日も杉谷スタメンを確認して、WIN5と3特別に投票して昼寝。

 15時10分起床。杉谷のタイムリーツーベースを見逃す(;_;)。WIN5第1弾、若狭湾特別も終わっていて、◎グリッターウイング勝利。Jスポーツからグリーンチャンネルに変えて、中山10R常総S。◎ヤングアットハートと▲ドリームノクターンの2点買い。ドリームノクターンが逃げ切ってくれれば妙味あったが、ヤングアットハートがきっちり差して固い決着。それでもとりあえず2連勝。
 函館スプリントS。◎カレンチャンと▲テイエムオオタカの2点買い。テイエムオオタカが逃げ切れるか?というところで、きっちりとカレンチャンに差された。2点買ってる穴っぽい方が健闘しているのが何とも惜しいが、とにかく3連勝。
 米子S。ここからは、3点買い。とはいえ、いかにも◎リディルで固そう。狙った○ガンダーラと▲オリンピアボスはいいところがなかったが、無難にリディル快勝でついに4連勝。
 2億円どころか10万円も怪しいけれど、さすがに緊張して、ラジオNIKKEI賞。いかにも自信がないが、無難そうな◎カフナと○マイネルラクリマに逃げ一発期待の▲アバウトと3点買いなら何とかならないだろうか?
 スタート直後に、人気の1頭プランスデトワールが逸走、もう1頭巻き添えにして、これでさらに確率が高まった。芹沢のアバウトが快調な逃げ。これが残ればけっこうつく。そして、マイネルラクリマとカフナもじわじわ上昇。かなりの確率で的中しそうな感じで4コーナーへ。
 芹沢がいっぱいになるところへ、マイネルラクリマが差してきて、固いけど、出来上がり!と思ったら、フレールジャックに差されて万事休す。こういう2戦2勝の馬は買えない。無念。2-1-1-1-2番人気の決着で、キャリーオーバーがあるにもかかわらず、配当は、なんと19,680円。。。2億円の翌週で売り上げが伸びて、今度は、極端な低配当。でも、初めて当たった人も多かっただろうから、JRA的には悪くない展開かもしれない。何より、この馬券、勝ち馬を当てるという競馬の原点というか、醍醐味を再発見できる気がする。
 Jスポーツに戻ると、ファイターズ快勝。ライオンズは本当に弱いね。そして、大坂夏の陣の結果は?とチャンネルを変えると、1-0でホークスリード。9回裏ノーアウト2塁で、暴君竜が見逃し三振。何やってんだと思ってたら、兵州男が同点タイムリー!さらに荒金サヨナラヒット!大坂夏の陣は、オリ3連勝で、ファイターズ首位タイ!すばらしい!

D110703a

| | コメント (0)

2011/07/02

7/2:杉谷くんプロ初安打!

◆横浜・所沢:くもりのちはれ:9903歩:所沢の最高気温=30.1度

 5時50分起床。プロ野球ニュースの再放送で勝利を再確認してからゴロゴロ。早くも夏バテ気味でぐったりしているが、気を取りなおして11時4分のみなとみらい線で出発。湘南新宿ライン~西武池袋線急行に乗り継いで、12時半すぎに西武球場前駅に到着。やはり暑さでぐったり気味のkecoさんに合流。
 かなり久しぶりの西武ドーム。美里もあわせれば何度も来ているのだけれど、お隣にゆり園があるのは知らなかった。ちょうど満開らしいので、試合前に軽く参戦。いろいろな種類のゆりが咲いていて、いい感じではあるけれど、入場料1000円はちょっと高いかも。あちぃので、早々に撤収。

D110702a

D110702b

D110702c

 いつのまにか、西武ドームもホームが3塁側になっている。駅前は、けっこうにぎわっているように見えたけれど、1塁側内野自由席は、ゆったりと座れる。このくらいだとラクだね。杉谷くんスタメン!そんな予感がしたので、ビジターユニではなくて、ホームの61のユニを持ってきてよかった。沖縄そばとオリオンビアをいただきプレイボール。

D110702d

D110702e
 
◇2011/7/2:○F 4-2 L(西武)

 ライオンズ先発は、涌井。普段なら手ごわい相手なのだけれど、どうも最近不調のようで、今日もストレートは遅いし、あまりすごみがない。そして、初回、杉谷くんプロ初ヒット!すばらしい!これだけでも今日きたかいがあるというものである。
 2回は、稲葉、小谷野連打。いかにも点が入らなそうな打順だったのだけれど、なんで1点取ったんだっけ?そうそう、レフトの浅村が怠慢で、稲葉がすかさずタッチアップして、それがさらに悪送球になったんだっけ?
 3回は、杉谷が四球。すかさず盗塁!すばらしいの一言。ここから、糸井タイムリー、稲葉タイムリーで2点。杉谷の盗塁と糸井の盗塁が歩幅が全然ちがうのがおかしかった。
 勝さんは、四球が少し多かったけれど、あいかわらずの安定感で、点をとられそうな感じがない。7回1死で交代。榊原が後藤を討ちとって、ブラウンのところで、宮西を使ったのは、なんともぜいたくなリレーなのだけれど、フェルナンデスが出てきて一発。ブラウンが打ちそうもなかったので、ちょっと策におぼれた感じもある。
 俄然怪しくなったのだけれど、直後の8回、杉谷のショートゴロが内野安打。なんでもないゴロなのだけれど、速い。逆に言えば、あれでアウトにできないのだから中島の守備位置にも問題がある。そして、すかさず盗塁!すばらしい!そして翔くん!ヤングファイターズ、まったくもってすばらしすぎる追加点。 
 その裏の増井がノーアウト1,2塁で、増井の時代もそろそろ終了かと思ったのだけれど、片岡がバントできず、中島が併殺で、おかわり氏に回らず。ファイターズも強いけれど、ライオンズもかなり弱い。小生など、80年代から90年代の強いライオンズのイメージが今だにあって、ホークスよりもライオンズコンプレックスが強く、いつも西武とのゲーム差を気にしているのだけれど、とうとう11ゲーム差。さすがにもう数えなくても大丈夫のようだ。
 ヒーローインタビューはなんと杉谷!はるばる西武ドームまで参戦して本当によかった。4年目の翔くんと3年目の杉谷、名護キャムプで毎日朝練していたのをおじさんは、ちゃんと見ていたからね!
 帰ってから冷たいシャワーを浴びて冷房の効いた部屋でビアがうまい!

D110702f

| | コメント (2)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »