« 8/1:ダンナオフ開催 | トップページ | 8/6:ゆかたデビュー »

2011/08/03

8/3:サンタアニタトロフィー参戦~tckに外国馬来る!~

◆横浜・東京:くもり一時雨:17675歩:東京の最高気温=29.3度

 大井のトゥインクルレースがスタートしてからこの開催でちょうど25周年。そして、サンタアニタ競馬場との友好交流を記念したサンタアニタトロフィーに、ついに外国馬が参戦することになった。手元不如意の昨今だけれど、地方競馬に初の外国馬参戦とあっては、駆けつけないわけにはいかない。17時半退社。京急で急ぐ。
 本日は、25周年記念の新しいファンファーレを作ってくれた東京スカパラダイスオーケストラのライブも行われていて、ちょうどライブの途中に到着。ビアと浜松餃子と串勝つを購入して、昨日イープラスで予約しておいた3階の指定席へ。場内は普段の重賞の日とは比べ物にならないくらいにぎわっていて何よりである。

D110803a

 9Rのハイサワー賞から参戦。なんだかテンションがあがって調子にのってたくさん買ってしまうが、例によって当たり損。なんでハイサワー賞なのかと思ったら、8月3日はハイサワーの日だった。。。
 10Rは、アメリカンアンバサダーカップ。6頭まで絞ったのは正解だったのだけれど、薄めが来て当たり損。この時期のC1は、3歳馬買っておけば何とかなるはずなんだけどねぇ。。。このレース、ツイッターでもおなじみのルー駐日大使がプレゼンターに登場。すばらしい。

D110803c

 そして、いよいよサンタアニタトロフィー。噂のアメリカ馬レッドアラートデイ。アメリカの競馬はすべて左回りなので、人馬ともに右回りが初めてなのだけれど、エルビス騎手曰く、「プレイステーションで練習してきたから大丈夫」とは、すばらしい。さすがである。
 さて実力は?というと、条件戦では勝つが、G3になるとハンデ戦でも厳しいというのが現状。そして、さらに驚くことに、この馬、芝馬である。ダート競馬中心のアメリカから、よりいよってわざわざ芝馬が参戦というのではさすがに厳しい。
 一方、迎え撃つTCKは、豪華メムバー。ただ、マグニフィカは、例によって人気先行。となれば、アメリカ馬とマグニフィカを除く上位5頭で・・・とここまではまったくもって正しかったのだけれど、ここから、配当に目が眩んで、2枠のキングバンブーとボランタスに思いっきり厚くいってしまい終了。カキツバタロイヤルの圧勝は、おおいにあり得ることだったのだけれど、大当たり損。レッドアラートデイは?というと、シンガリ。。。まぁ、しかし、大差というわけではないし、右回りでも膨らんだりはしなかったのでよかった。何しろ彼1頭のおかげで、今日のTCKは明らかににぎわっていたし、華やかだったのは間違いない。来年からもなんとかがむばって1頭連れてきて欲しいものである。

D110803b

 大敗が確定した頃に、ファイターズも逆転されて5連敗。ぐったり帰宅すると、amazonさんから、美里のニューアルバムが到着♪気分変えよ。

|

« 8/1:ダンナオフ開催 | トップページ | 8/6:ゆかたデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/1:ダンナオフ開催 | トップページ | 8/6:ゆかたデビュー »