2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 10/4:シンボリルドルフのおもひで | トップページ | 10/8:リゾートあすなろで行く下北半島 »

10/7:サッカーボーイのおもひでと川崎競馬を語る夕べ

◆横浜・東京:はれ:13536歩

 今週は、下期のスタートでもあり、出張もあったりして、小生にしてはまぁ働いた方なのだけれど、シンボリルドルフ、スティーブ・ジョブスと残念な訃報があいつぎ、今日は、サッカーボーイも死んでしまった。26歳というから、まぁ仕方のないところではあるけれど、誠に遺憾。
 競馬暦34年、ひいきの馬はたくさんいたけれど、利害関係のある馬以外で、純粋に応援したという意味では、ハギノトップレディとサッカーボーイが双璧。なんといっても。スピードぶっちぎる馬が魅力的である。そして、サッカーボーイは、きれいな栃栗毛で鞍上も小生ごひいきの河内。函館記念、2000m1分57秒8でシリウスシンボリ、メリーナイス、マックスビューティをぶっちぎった衝撃は今も忘れられない。その年の有馬記念、距離が長いのを承知で、サッカーボーイから買って、オグリキャップ、タマモクロスに完敗。雪辱を期す翌年の毎日王冠の週は、豪華メムバーでワクワクしていたのだけれど、故障で終了してしまった。産駒は活躍したけれど、父とはまったく違うタイプでちょっと残念だった。
 そんな今日の夜は、新橋にて、川崎競馬を語る夕べが開催。おしゃれなカウンターのお店で、的場さんの営業トーク問題、ミカモトはなんだかんたいっても復帰できるのだからそんなに悪くない問題、コーチ屋問題、ホースケア問題、900mの新馬があってもその先がない問題、ヘクタープロテクター産駒で390キロでは厳しい問題、C2のケツで1600m1分48秒では厳しい問題、逸走するのは恥ずかしすぎる問題、C3は100万を死守すべきだった問題、その他ここには書けないような問題も含めて、おおいに盛り上がって解散。

1988年函館記念

« 10/4:シンボリルドルフのおもひで | トップページ | 10/8:リゾートあすなろで行く下北半島 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10/4:シンボリルドルフのおもひで | トップページ | 10/8:リゾートあすなろで行く下北半島 »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録