« 2012/2/8:アジア太平洋フロアボール選手権大会観戦記 | トップページ | 2012/2/11:わくわくのファイターズ名護キャンプ♪2012・第1日 »

2012/02/09

2012/2/9:90ミニッツ

◆横浜・東京:はれ時々くもり:13898歩

 めんどうな案件は、キャムプ後に先送りして、粛々と雑務のみをこなして17時30分退社。銀座線で渋谷へ。スクランブル交差点をオヤジ狩りに合わないよう注意して渡り、公園通りのKFCで腹ごしらえをすませて、PARCO劇場さんへ。本日は、待望の90ミニッツ参戦。(以下、多少ネタバレあり)
 なかなかチケットがとれなかったけれど、追加公演でなんとか確保したお席は、後方から2列目だけれど、傾斜もあるし、前の席ともずれていてまずまずみやすい。期待も高まったところで19時開演。タイトルにある通り90分一本勝負で休憩はなし。西村さんと近藤さんの二人芝居。

 で。。。結論からいうとつまんなかったです。お芝居素人だからよくわかってないこともあるのかもしれないけど、とにかく感想は、つまらなかった。まさか、三谷さんでこんなつまらない気分になるとは。
 エホバの証人の話がベースで、要は、宗教上の理由で輸血できない親と子供を助けたい医師の戦いなわけだけど、これって、絶対に平行線に決まってるわけで、延々とやる意味がわからない。結局、それって、医師の立場が普通は正しいよね、でもね、っていう視点に立ってるんだろうけど、世界には、ひとりの命よりも宗教を優先する人々っていうのはいくらでもいるわけで、むしろ日本人が特殊なんだろうし、別にこの芝居のやりとりの中で心が揺れ動かされることはないと思うんですよね。当事者ならまた話は別だろうけど、あいにく、自分は医師でもないし、特殊な宗教の信者でもないし、そもそも子供すらいない。そして、客観的な立場でよいなら、このテーマについて、自分なりの考えは決まってしまっているし、それをひっくり返すような思わぬ視点が提示されるわけでもない。だから、90分間のやりとりは実にくだらないものに見えてしまうし、87分くらいでようやくたどりつく落としどころにしたって、それもありかもしれないけど、だったら、87分かけなくても最初からそうすればいいじゃんっていうことにもなる。
 まぁ、いろんな意見もあるとは思いますが、グーグルで検索しても、けっこう辛口な意見も多かったように思います。まぁ、今年は、お芝居強化年なので、これに懲りずにどんどん見て勉強します。

D120209a

|

« 2012/2/8:アジア太平洋フロアボール選手権大会観戦記 | トップページ | 2012/2/11:わくわくのファイターズ名護キャンプ♪2012・第1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/2/8:アジア太平洋フロアボール選手権大会観戦記 | トップページ | 2012/2/11:わくわくのファイターズ名護キャンプ♪2012・第1日 »