« 2012/2/12:わくわくのファイターズ名護キャンプ♪2012・第2日 | トップページ | 2012/2/25:JAL無料航空券で行くのんびりハワイ(1) »

2012/02/13

2012/2/13:わくわくのファイターズ名護キャンプ♪2012・第3日

◆国頭→名護→那覇→横浜:はれ時々くもり:12383歩:名護市の最高気温=23.2度

 昨日の出遅れを反省して7時起床。それでも、朝食会場で、kecoさんが、大嶋くんが出発するところを目撃したくらいで、大多数の選手はすでに出発済みのよう。その後、監督が散歩がてら球場へ向かうのを確認するが、かなり朝の出発は早いようである。
 天気予報のとおり、今日が一番よい天気でようやく半袖余裕の感じに。我らも9時にはチェックアウトして、名護へ急ぐ。

D120213a

 アップが終わり、投内連係が始まった頃に球場に到着。さまざまなシチュエーションを想定しての連係プレーの練習は見ているだけでもなかなかおもしろいし、こういうことをしっかりやっておくことが、ファイターズの守りの野球を支えているのであろう。

D120213b

D120213c

D120213d

 3日目にしてようやくブルペンへ。さっそく入場してきたのは、トナカイこと木田投手。あいかわらず若いところを見せているが、油断していると投げすぎるために、吉井コーチが時間を厳しく計っている。手前はサイレントKこと石井投手。左の中継ぎとして今年もがむばってもらう必要がある。そして、最後に真ん中に登場したのは、守護神武田久。おなじみのダイナミックなフォームからのストレートは健在のようで楽しみである。

D120213e

 球場へ戻ると、ユーミーとかいうらしい実践形式の練習。投内連係は、コーチがノックするけれど、こちらは、打者も状況を考えての打撃。ノーアウト2塁で鵜久森ということで、最低限右打ちと思ったら、ちゃんと2塁ゴロ、1死1、3塁で鶴岡、ゲッツーだけはやめてくれと思ったら、なんとスクイズ。さらに、1、3塁で3塁ランナーをホームへ突っ込ませて刺すとか芸が細かいし、見ていても楽しい。
 キャンプへ行くというと、練習なんて見ていて楽しいのか?とよく聞かれるけれど、紅白戦や練習試合よりもただぼんやりと練習を見ている方が楽しいし、時間のたつのも早い。北海道の牧場で仔馬を見て夢をふくらませるような楽しさがキャンプ観戦にはある。シーズンが始まってしまえば、緊張感の中で祈るばかりで、もちろんその緊張感もすばらしいのだけれど、今はいろいろと妄想をふくらませながら楽しむことができる。
 屋台村でやきそばをいただき、武田勝のブルペンを見てから球場へ戻ると、打撃練習。最後の最後にさとぼうの出番も回ってきてkecoさんもご満悦となったところで、名残惜しいけれど、そろそろ撤収の時間。沖縄道を飛ばして那覇空港。遺憾ながら先週の鹿児島空港に続いてこちらもラウンジ工事中なので、締めは、ぜんざいで思ったら、なんと廃業。仕方ないので、オリオンビアと沖縄そばをいただき、ANA132便で帰浜。ダルビッシュが抜けた今シーズンだけれど、キャンプを見て勝手に妄想すれば、ワクワク感は高まるばかり。開幕まではまだ少し時間があるけれど、少しずつテンションを高めていこう。そういえば、今回、1、2軍、両方の練習を見たけれど、我らがニオカセンシュの姿がなかった。いったいどこへ行ってしまったのだろう?

D120213f

D120213g

|

« 2012/2/12:わくわくのファイターズ名護キャンプ♪2012・第2日 | トップページ | 2012/2/25:JAL無料航空券で行くのんびりハワイ(1) »

コメント

キャンプの楽しさは、やっぱりしんちゃんさんが言うとおり、今シーズンに期待を抱くことが一番ですよね。
練習をみて、これは何を意図しているのか推測したり、仕上がりをみたり、楽しいものですよね。
特に、新戦力の新鮮度は楽しみで、今でもわっち、せっせっせっつ、防具を初めて見たときの衝撃はよく覚えています。

投稿: buschan | 2012/02/16 19:57

本日は、沖縄も寒いようですが、暖房の効いた部屋でTシャツでビア飲みながらGAORAでキャンプ中継観戦。いい時代になりました。

投稿: しんちゃん | 2012/02/18 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/2/12:わくわくのファイターズ名護キャンプ♪2012・第2日 | トップページ | 2012/2/25:JAL無料航空券で行くのんびりハワイ(1) »