« 2012/4/7:桜花賞展望 | トップページ | 2012/4/10:2012野川桜ライトアップ »

2012/04/08

2012/4/8:柏木広樹&光田健一Duo Live〜とりあえず生!〜

◆横浜・東京:はれ:17045歩:東京の最高気温=13.5度

 6時10分起床。マスターズ中継など見てから二度寝。12時半に湘南新宿ラインで上京。今日もよく晴れてお花見日和。実は、最高気温が昨日より低いというと、多くの人が違和感を覚えると思うけれど、午後からも気温が下がらないし、風も南よりに変わったので体感的にはかなり暖かい。
 ということで、待ち合わせの前に、軽く新宿御苑に参戦と思ったのだけれど、入場待ちの列が新宿駅近くまで伸びてびっくり。なんとか入場して、満開の桜を堪能。

D120408a

D120408b

D120408c

 千駄ヶ谷門へ抜けて、新宿駅へ戻り、小田急線で世田谷代田へ。初めて降りる駅だし、新宿から小田急に乗ること自体が相当久しぶりである。本日のメインイベントは、下北沢近くの教会でのライヴなのだけれど、その前に、北沢川緑道でお花見という趣向。kecoさんと合流して、住宅地の細い路地をブラタモリ気分で歩いていくと、見事な桜並木が。環七から目黒川との合流地点までの5キロくらいが下水処理した水を使って再整備されたということで、なかなかいい感じ。桜並木もかなり長く続いていて、近所の人たちが、椅子やテーブルを出してきて、お花見を楽しんでいる。高層マンションなどもなく、お金持ち風の家が並んでいて、街並みとしても美しい。
 
D120408d

 淡島付近まで行って折り返して、下北沢方向へ右折。こちらも川の跡が路地になっているようで、歩きやすい。いよいよブラタモリ気分が盛り上がってくるが、タモリさんと違って、いかんせん久保田アナ2人で歩いているようなものなので、考察が深まらないのは残念である。下北沢という街は、小生あまりご縁がないので、kecoさんあたりは、いかにも詳しいのでは?と期待していたが、案外そうでもなかった。
 それでも、まぁ悪くない感じの喫茶店でケーキなどいただき、吉川4年ぶりの勝利を確認して、いよいよライヴ会場へ。本日のライヴは、「柏木広樹&光田健一Duo Live〜とりあえず生!〜」ということで、葉加瀬さんのツアーでもおなじみのチェロの柏木さんと、美里のツアーでおなじみのピアノの光田さんという楽しみな組み合わせ。”2人旅”と題して各地を回っていて、どうして東京がないの?と思っていたら、ようやく実現。そして、会場が、東京都民教会という教会でのライヴ。
 整理番号順入場というのは、ライブハウスではおなじみだけれど、イースターが終わったばかりの住宅街の教会の前に、ぽつぽつと女性ファンが集まってくるのは、妙な感じではある。整理番号202番ということでずいぶん大きい教会だなと思っていたら、番号は飛び飛びでけっこう早く入場を許されて、前から5列目くらい。
 柏木さんの曲で始まって、光田さんの曲とだいたい交互に演奏。前半は、ピアノは半分開いた状態で、そのくらいでないとチェロとバランスがとれないのだという。後半は、チェロはスピーカーにつないで、ピアノは全開に。テンポの早い曲もあったのだけれど、教会ということで、なんとなくみんなおとなしく聞く感じで、kecoさんはちょっと不満のご様子。あと、前から5列目ということで距離はすごい近いのだけれど、傾斜はないし、座る位置も重なってしまって、全然見えないのよね。でも、まぁ、教会で生で聞くピアノとチェロはやっぱりいいし、おしゃべりも意外と軽快で、ダブルアンコールまで堪能。ふたりとも多くのアーティストのサポートもしていて忙しいのだけれど、夏から秋にかけてはニューアルバムの予定もあるとのことで楽しみである。
 
D120408f

 みなとみらいの桜祭り最終日。ライトアップを確認して帰宅。23時から情熱大陸でプリプリということなので、なんとか寝ないでがむばらないと。

D120408e

|

« 2012/4/7:桜花賞展望 | トップページ | 2012/4/10:2012野川桜ライトアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/4/7:桜花賞展望 | トップページ | 2012/4/10:2012野川桜ライトアップ »