« 2012/7/16:食あたりでげんなり | トップページ | 2012/7/20:ロンドン五輪プレビュー(1) »

2012/07/17

2012/7/17:原鉄道模型博物館に参戦

◆横浜:はれ:11606歩:横浜の最高気温=33.2度

 昨晩は19時に就寝したものの腹痛で悶々と4、5回起きる。幸いなことに、元々今日はお休みをとっていたのだけれど、諸般の事情により5時起床。みなとみらい線始発で出発。
 横浜駅みどりの窓口。1ヶ月前発売の先行受付は6時から。しかるに5時20分に到着してもすでに5番目。むぅ。。。1ヶ月後はお盆の時期なので競争は激しいと思っていたが予想以上に手ごわい。今回はカシオペアではないのでなんとかなりそうな気もするけれど、5番では心配なので、受付完了後、6時半開始の鶴見駅に転戦するとこれも5番目なのでここはパス。7時受付開始の東神奈川へ転戦して列の先頭をゲットしてここでも申し込み。
 帰宅していったん就寝。10時半にお出かけ。近所の横浜銀行でふるさと納税の送金。今年は、陸前高田の一本松保存と滋賀の豊郷町の校舎保存の二本立て。何もしない横浜の林市長に使われるよりずっといい。
 関東甲信越梅雨明け。もっと前に明けていたような気もするけれど、今日はいよいよ殺人的な暑さ。そんな中、歩いて、新高島に新しくできた三井ビルへ。原鉄道模型博物館に待望の参戦。
 3連休中はすさまじい混雑だったらしいけれど、平日の今日も11時開館前に100人以上は並んでいる。15分待ちくらいでなんとか入場。
 場内はですねぇ、なかなかすばらしいですけど、いかんせん撮影禁止なんですよね。これはちょっと理解できない。どんどん撮影してもらって、ブログとかで紹介してもらった方がよっぽど効果あると思うんだけど。
 それにしても、原信太郎さんという人は、慶応幼稚舎に1925年に入学。小学校5年生のときにおばあちゃんにおこづかいをねだって、一人で鉄道の旅に行ったというから、このあたりまではどっかで聞いたことあるような話なんだけれど、さらには、丹那トンネル開通のときには、1番の切符をゲットするために学校休んで並んだらその話が新聞記事になって、学校に仮病がばれたとかいうからたいしたものである。技術者としてメーカーに勤めながらあちこち旅行して、東西冷戦期にオリエント急行を撮影したら身柄を拘束されて列車を2時間遅れさせたなんていうエピソードもあって、93歳で自分のコレクションを博物館として公開するのだから、こんな幸せな人生もそうそうないよね。
 模型といっても、Nゲージとちがって大きいので、本物のような迫力があるし、細部まで実に細かく作られている。何しろ、モーター走行ではなくて、本物と同じ惰性走行を再現させるというのだから徹底している。
 巨大ジオラマも圧巻。常時4つくらいの列車が走っていて、一度通過した列車がまた自分のところに戻ってくるのに2、3分かかるといえばその規模が想像できよう(途中で駅に停まったりはしている)。わざわざ遠方からかけつけるほどのものではないけれど、みなとみらい散策の際には、寄ってみて損はないところです。
 東神奈川で無事に指定券をゲット。5番の横浜駅もとれていたのでこちらはキャンセル。RAJAさんでフルリフレで癒して、ジャックモールでお買い物して帰宅してのんびり。

D120717a


|

« 2012/7/16:食あたりでげんなり | トップページ | 2012/7/20:ロンドン五輪プレビュー(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/7/16:食あたりでげんなり | トップページ | 2012/7/20:ロンドン五輪プレビュー(1) »