« 2012/8/20:川嶋あい My Room〜8月20日10回記念〜 | トップページ | 2012/8/25:碓氷峠鉄道文化むらへ! »

2012/08/21

2012/8/21:2017年型ファイターズ展望♪

◆横浜・東京:はれ:12080歩:東京の最高気温=34.0度

 朝、ニッカン裏一面が、なんと賢介メジャー。まだ、信憑性はなんともいえないけれど、輝く瞬間をずいぶん待った分、2006年から7シーズン活躍してくれたわけだから、GやDではなくてメジャーなら気持ちよく送り出してあげたい気もする。そのためにも、今年優勝して欲しいけどね。そして、いよいよ杉谷の時代だね。
 今日もあちぃけれど、難題もひとつ解決したし、旭川でファイターズ快勝ということで、足取りも軽く帰宅。GAORAの録画を見ながら、賢介メジャーに備えて、ファイターズ未来型の検討。先日のNPB抜きのWBCとちがって、みなさんあんまり関心はないとは思うけれど、ファイターズファンとしては、これもけっこうワクワクするだけのメムバーがそろいつつあるのだ。()内は、生年と出身。

1三 西川(1992・智弁和歌山)
2二 杉谷(1991・帝京)
3中 陽(1987・福岡第一)
4一 中田(1989・大阪桐蔭)
5右 糸井(1981・近大)
6指 ガイジン
7左 谷口(1992・愛工大名電)
8捕 近藤(1993・横浜)
9遊 中島(1991・福岡工)

 5年後くらいをイメージしてみたけれど、谷口くん以外は、すでに1軍実績もけっこうあるから、十分に現実味があるメムバー。鵜久森(1987・済美)も5年後にまだ30歳だから、糸井がメジャーに行ってたりするなら、代役を期待。あとは、ナカシが2割打てるようになるかどうかだけが問題だね。それにしても、こうしてみると、やっぱり野手は高校生を育てる方が夢があるね。5年後は、今いるメムバーでいけるのだから、今年以降のドラフトでは、2022年くらいを想定してまた高校生とればいいしね。

 実にワクワクする2017年型ファイターズなのだけれど、優勝を争うには、やはりピッチャーが大事。そう考えると、ちょっと不安も多くて、吉川(1988・広陵)以外は、計算できないのだけれど、佑ちゃん(1988・早大)、中村勝(1991・春日部共栄)はもちろん、乾(1988・東洋大)、榎下(1988・九産大)あたりにがむばってもらって、できれば、土屋(1990・横浜)、運天 ジョン・クレイトン(1992・浦添工)に期待だね。まぁ、こちらは、即戦力の補強が必要かしら。
 
 そんな妄想を膨らましたところで、19時半に帰宅して、GAORAで旭川の大勝の録画中継を堪能。5回裏40分の猛攻で11点!首位返り咲き!まったくもってすばらしいのだけれど、今日の功労者はみんな実力者ばかりで西川くんの3三振1失策をはじめとしてヤングファイターズの活躍はなし。まぁ、彼らは2017年型だからね。今はベテランにがむばってもらって、まずは今年優勝しましょかね。
 

 

|

« 2012/8/20:川嶋あい My Room〜8月20日10回記念〜 | トップページ | 2012/8/25:碓氷峠鉄道文化むらへ! »

コメント

2017年ですか~。
ちょっとホークスでオーダーを考えてみました。
6 今宮(1991 名豊)
5 明石(1986 山梨学院附)
3 白根(1993 開星)
8 柳田(1988 広島経大)
4 福田(1989 多摩大附)
9 中村(1989 帝京)
7 中原(1987 亜大)
D 内川(1982 大分工)
2 山下(1992 習志野)

 ポンチャン、マッチ、ハセはMLBにいるでしょうね・・・・
 うっちーは終生ホークスファンということで(^^)
 4番はギータで鉄板でしょう。
 それにしても、うっちーですら8番、なかなか楽しみなメンバーばかりですw

投手:
山田(1988)、岩崎(1989)、武田・吉本(1993)が4本柱で。。。
川原(1991)、千賀(1993)、下沖(1991)、あたりがローテ入りして、となりん・ヤン・かやま・たつみ・おおばっさんは中継ぎ兼用でしょうね・・・

投稿: buschan | 2012/08/23 00:20

一部異論もありますが(^^)ホークスも先を考えて高校生とってますから楽しみですよね。ダルビッシュが抜けたファイターズと主力が大量に抜けたホークスが優勝争いしているのが両チームのスカウト・編成・育成のすばらしさを証明してますよね。武田が大エースになると困ります。(-_-)

投稿: しんちゃん | 2012/08/23 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/8/20:川嶋あい My Room〜8月20日10回記念〜 | トップページ | 2012/8/25:碓氷峠鉄道文化むらへ! »