« 2012/8/21:2017年型ファイターズ展望♪ | トップページ | 2012/8/28:首位攻防戦の緊張に感じる秋の訪れ »

2012/08/25

2012/8/25:碓氷峠鉄道文化むらへ!

◆横浜→大宮→高崎→横川→軽井沢→東京→横浜:はれ:18006歩:軽井沢の最高気温=28.6度

 5時20分起床。朝風呂。6時15分のみなとみらい線から6時26分の湘南新宿ライングリーン車へ。ニッカンと日経電子版。そのNIKKEIプラスワンは、鉄道博物館特集。本日の目的地も上位にランクインしている。
 湘南新宿ラインは高崎行きだからそのまま乗っていけば安上がりなのだけれど、信越線の乗り継ぎが悪いので、遺憾ながら大宮で上越新幹線に乗り換え。新潟行きのとき号は、かなりの混雑だけれど、その後に高崎行きのたにがわ号が続行していてガラガラ。3人がけを回転させて6席を独占。

D120825a
(200系まだまだ健在)

D120825b
(信越線は久しぶり)

 高崎から信越線で横川へ。行き止まりになってしまったレールの向こうに、ふたたびレールが。そう、碓氷峠鉄道文化むらに待望の初参戦である。

D120825c
(横川で行き止まり)

 入場するといきなり189系あさま号がお出迎えしてくれてテンションがあがる。足下のレールはアプト式だ。そして、横軽といえば、EF63。こちらは、たくさん動態保存されていて、講習を受ければ、運転もできるらしい。奥に入ると、かつての機関区を活用してさらにたくさんの車両。こちらは、信越線とはとくに関係なく、関門用のEF30とか、DD51の1号機とか、キハ20とか、戦前の寝台車などなど。まったくもってすばらしい。

D120825d
(横軽といえば189系あさま号)

D120825e
(横軽といえばEF63)

D120825f
(講習受ければ運転もさせてもらえるとか)

D120825g
(なつかしいダイヤ)

D120825h
(横軽といえばアプト式)

D120825i
(アプト式といえばギザギザ)

D120825j
(昭和な感じのキハ20)

D120825k
(銀色のEF30は、関門トンネル用)

D120825l
(実際の線路の上も走ってくれます)

 軽井沢が近いから涼しいかというと、峠の手前は、全然そんなことはなくて、あちぃ。ということで、屋内展示も見学。鉄道模型のジオラマも長野新幹線の下で、EF63があさま号を引っ張ったりとなかなか芸が細かい。
 10時25分のトロッコに乗る。これは、かつての信越線の線路をそのまま使っているからすばらしい。峠の湯までの2.6キロを運行していたのだが、今は、旧丸山変電所までに短縮されてしまって残念。夏休みということで、2両のトロッコ列車は満席。機関車の後押しでゆっくりとのぼっていく。周囲の緑が近くていい感じ。
 トロッコはすぐに折り返すのだけれど、帰りは歩いてみることにした。複線だった線路の片方を遊歩道にしてくれたので、線路に沿って歩くことができるのもすばらしい。この遊歩道は、ずっと先のめがね橋の方まで行かれるようなので涼しいときにでもゆっくり歩いてみたい。

D120825m
(旧線の上をトロッコで)

D120825n
(上は上信越道)

 横川に戻って、駅前からバスで軽井沢へ。夏休み限定の旧道経由のバスは満席で途中駅までのお客さんは続行便にまわされるほど。峠の湯をすぎたあたりから本格的な峠越え。子供の頃、父の運転で軽井沢へ行くときは、上信越道はなかったけれど、碓氷バイパスはできていたから、旧道越えは記憶にない。200近いカーブの連続で、バスにとってはなかなか大変だ。めがね橋をはじめとして、ところどころで旧線の跡も見ることができる。渋滞はなく45分くらいで軽井沢へ到着。旧道のバスも悪くないけれど、やっぱりせっかくだから、軽井沢までトロッコを伸ばしたいよね。高崎ー横川間は、最近は、SLとかリゾート列車なんかも走らせているようだから、そういう観光列車で横川まで来て、文化むら見て、釜めし食べて、トロッコで軽井沢へ抜けて新幹線で帰るっていうのはスイスの山岳鉄道なんかにも負けない観光ルートになると思うけどね。

D120825o
(バスで旧道の峠越え)

D120825p
(めがね橋)

 さて軽井沢。駅前の日なたは、けっこう暑いけれど、せっかくなので、レンタサイクルで旧軽井沢へ。街はかなりの混雑なので、別荘地の方へ入ったところで、横川で買った峠の釜めしをいただく。木陰に入ればさすがに涼しい。だいぶごぶさたしているけれど、子供のころは毎年来ていたので、なんとなく土地勘はある。適当に別荘地を散策して、いい感じのカフェでブルーベリーのスムージー。
 東雲の交差点に戻って来たので、反対側へ抜けて、大賀ホールへ。ちょうど軽井沢音楽祭が開催中で、今日の午後は、30分500円のワンコインコンサートが開催中。せっかくなので、14時からの回に参戦。ドビュッシーの何だっけかな。マリンバみたいなやつだったけど、途中で仮眠していた気も。小さいけれど、なかなかいい感じのホールでここも涼しい時期にゆっくり来てみたい。
 レンタカーを返却して15時のあさま号で東京駅へ戻り、実家へ。今日は元々、夕方実家へ行く予定が先にあって、どうせ都心に出るならどっか行くか、じゃあ、涼しい軽井沢、だったら碓氷峠ということで急遽決まったのだけれど、なかなかすばらしかった。
 実家にて夕食をいただき、諸問題を検討して帰宅。

D120825q
(にぎわう旧軽)

D120825r
(木陰は涼しい)

D120825s
(軽井沢国際音楽祭。ワンコインコンサートは、30分500円から)

D120825t
(東京まで1時間10分)


|

« 2012/8/21:2017年型ファイターズ展望♪ | トップページ | 2012/8/28:首位攻防戦の緊張に感じる秋の訪れ »

コメント

小社製品も盛りだくさんで、楽しんだ思い出があります!

投稿: りくお | 2012/08/28 00:48

大人も子供も楽しめますよね。まったくもってすばらしいです。

投稿: しんちゃん | 2012/08/28 20:41

横川機関区ですか~、非常に感慨深いですね~。
新幹線開通前は、毎年家族で軽井沢に避暑に行きましたが、かならず横川で釜飯を買うのがルーティンでした。
今の横川の鉄道公園に収用されている旧国鉄の機関車は、元々国鉄時代から高崎機関区で独自に収集してあったものだと思います。
長野新幹線開通前に高崎に見学に行ったことがあります。
貴重な車両、日の目をみることができて本当によかったです。

投稿: buschan | 2012/09/05 14:02

なるほど、それでEF30とかいるんですね。すばらしいです。入場料だけだと維持がけっこう大変かと思いますが、いつまでも続けて欲しいですし、トロッコも延ばしてほしいものです。

投稿: しんちゃん | 2012/09/06 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/8/21:2017年型ファイターズ展望♪ | トップページ | 2012/8/28:首位攻防戦の緊張に感じる秋の訪れ »