« 2012/9/9:世界一の朝食と枝豆とビアと五島列島のアジ | トップページ | 2012/9/15:落合博満講演会「オレ流」@浜松アクトシティ »

2012/09/13

2012/9/13:今年も引き分け、呉越同舟のマリンスタジアム

◆横浜→東京→千葉→横浜:はれ:14072歩:東京の最高気温=33.8度

 お客様立寄りで午後出社、昨日が日帰り出張なので、雑務もたまっているけれど、なんとか最低限だけかたづけて、18時前に退社。東西線快速に乗れば、18時20分すぎには西船橋に着くのだけれど、ここで津田沼行きを2本見送って、千葉行きに乗って幕張本郷。バスもなかなかこなくて、なかなか進まない。1年ぶりのマリンスタジアム、なかなか着かなくてイライラしていたけれど、終わってみれば、そんなにあわてなくても試合はながーく、見所も後半にたっぷりあった。

◇2012/9/13:△F 6-6 M(千葉)

 うしという方のご厚意によりネット裏の良席。1時間遅れの参戦だけれど、まだ0−0。ビアを購入して態勢を整えているうちに、小野を攻略して2点先制。そんなに盛大に打ち込んだわけでもないのに早々に交代したのにも驚く。最近の継投は、中郷〜南〜益田〜薮田らしいということは知っていたけれど、左ピッチャーがひとりもいないのだという。ということで、ホフ様2ラン。このへんでは余裕ちゃんかと思われた。
 6回、谷元がいっぱいになったところで、モルケンでは抑えられるわけもなく、あっという間に4−3。しかし、7回表、ホワイトセルがピンチにひとりマウンドにかけよって、いいとこあるじゃんと話していたら、ファーストゴロをバックホームせずに1塁でアウトにしてしまう信じられないプレーで貴重な追加点。
 7回までくれば宮西で、2点あれば大丈夫と思っていたら、ホワイトセルの名誉挽回の一打が出てまさかの逆転5−6。でも、宮西で打たれたら仕方がない。
 このへんでもう十分にぐったりだったのだけれど、ドラマは延々と続き、8回表に益田からホフ様連発で同点。大野、飯山の1割打者にヒットが出てチャンスを広げるも無念。その裏は、増井がピンチを作るも、うし様が絶対打たないと太鼓判を押す大松が三振。清田も打ち取りなんとかしのぐ。到着してからほとんど三者凡退がないので政局談義をする時間もない。
 9回表、稲葉のバントは見たくないんだけどね。最後はニオカセンシュのいい当たりが出るも無念。そして、9回裏、ホワイトセルがもう引っ込んでいるので、先頭の根元さえ抑えれば大丈夫と思っていたら四球。。。とにかくすんなりいかない。しかしながら南の見苦しいバント失敗の三振。もう大丈夫かと思ったら、角中ヒット。こうなるといくら不振の井口でも敬遠するしかない。.000の早坂に代打が出るが田中雅彦ではどうにもならない。2死。そして、里崎を三振でなんとかゲームセット!引き分け!
 年に一度のうし様とのマリン観戦。実は、昨年も9−9の引き分けで、このときは3時間31分。今日は、たっぷり3時間56分。まぁ呉越同舟だから引き分けは無難といえば無難なのだけれど、決着は来年に持ち越されることになった。品川まで送ってもらっても帰宅は23時半。見所やポイントはいろいろある試合だったけれど、ライオンズは半歩先へ進んでしまった。

D120913a

D120913b

|

« 2012/9/9:世界一の朝食と枝豆とビアと五島列島のアジ | トップページ | 2012/9/15:落合博満講演会「オレ流」@浜松アクトシティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/9/9:世界一の朝食と枝豆とビアと五島列島のアジ | トップページ | 2012/9/15:落合博満講演会「オレ流」@浜松アクトシティ »