« 2012/11/12:tck参戦 | トップページ | 2012/11/20:PRINCESS PRINCESS TOUR 2012 ~再会~ »

2012/11/14

2012/11/13-15:JALチャーター便で行く!0泊3日ケアンズ皆既日食弾丸ツアー

◆横浜→福岡→ケアンズ→福岡→横浜:くもり→雨→はれ

 3日間お休みをいただき、0泊3日の弾丸ツアーに参戦する。弾丸ツアーというと、一部では、ソッカーと勘違いされた方もいたようだけれど、野球や競馬ならともかく、わざわざソッカーのために小生が40度近くもある中東の国へ行く必要はないわけで、皆既日食弾丸ツアーへの参戦である。
 日食といえば、5月の金環日食も記憶に新しいところだけれど、皆既日食といえば、3年前の夏休み、鹿児島から船の2等にざこ寝して奄美大島へ行き、日食は何も見えず、夜のテントでは、嵐に遭遇というあまりにもあんまりな体験からのリベンジの時がいよいよやってきたわけである。ケアンズならば、普通に無料航空券でもとって・・・と思っていたが、五輪などと同様にそんな甘いものではなくて、航空券もホテルも普通にはまったくとれず、かといってホテルに泊まるツアーは五輪なみの100万円近いものもあったりして、さすがに断念しかけたところで、0泊3日のJTB九州さんの弾丸ツアーを発見した次第。
 JTB九州の主催なので、集合は福岡空港。ツアーはJALチャーター便であるが、福岡までは、ANA株主優待券で飛ぶ。福岡の国際線ターミナルは初めてだが、案外きれい。今回もアメリカで味をしめたグローバルWi-Fiさんをゲットして、両替を済ませて、団体カウンターへ集合。弾丸ツアーだけで、バス4台200名の参加。小生が言うのもなんだけれど、正直、かなりマニアックな感じの方が多い。また、地元RKBのアナウンサーも参加して取材するとのこと。

D121113a
(まずは787で福岡へ)

 ロイヤルさんでラーメンをいただいていると突然の雷雨。我らの機材は成田から回送されたようで、この雨で到着が遅れ出発も遅延。小さなターミナルに200人が集まったため、出国後の両替所では、オーストラリアドルが足りなくなるなどのハプニングもあったようだが、18時半すぎには搭乗開始。

D121113b
(福岡空港国際線ターミナル)

D121113c
(チャーター便でケアンズへ!)

 チャーター便は、B767で、今回のツアーには、追加料金で利用できるらくらくシートコースというのがあって、これが扱い上はエコノミーだけれど、かなりくたびれた感はあるとはいえ、シートはビジネスシート仕様ということでなかなか快適。その割には、ビジネスシートほどの料金差がなくてお得感がある。飛行時間は、7時間半で、その間に夕食と朝食が出るけれど、全部つきあっているとほとんど寝る時間がないので、早めに就寝。
 時計を1時間進めて3時の到着だから、まともに眠れるわけはなくて、まぁそれはいいのだけれど、着陸間際にけっこう揺れる。揺れるのもまぁかまわないけれど、着陸間際に揺れるということは、低いところに雲があるということで、それは大問題である。今回、天気予報はずっと晴れ時々くもりみたいな感じだったので安心したが、どうにも怪しくなってきた。
 未明の空港で入国を済ませてバス4台で出発すると、なんと雨である。あまりにもあんまりなことになってきた。ツアーの一行は、当然、小生などよりは筋金入りの天文マニアばかりだから、沈痛な雰囲気に包まれる。ガイドさんが能天気にケアンズの観光ガイドを始めるものだから、ついに誰かが、
「そんなことより今日の天気予報は?」
 と詰め寄る。曰く、晴れ時々くもりだが連日朝は雨も多くて、海岸と内陸でも微妙にちがうとのこと。観測場所の何とか大学は少し内陸にあって、雲はかかりにくい場所とのことだろうが、果たして・・・
 4時すぎには、観測場所に到着。大学のグランドを借りているようで、広さは十分。深夜にもかかわらず、照明もついていて、お手洗いもあって、コーヒーの出張販売なんかもあって至れり尽くせり。マニア諸氏は、0泊にもかかわらずスーツケースの方が多いのは、もちろんカメラなどの機材のためで、みなさん思い思いにセッティングを始めるのは奄美のときと同じ。デジカメと日食グラスしかない小生はヒマ。とにかく晴れるのを祈るばかり。

D121114a
(各々好きな場所へ)

D121114b
(みなさん機材も本格的)

 日の出は5時40分。雲の中。ほぼ同時に日食開始だが見えない。皆既まではあと1時間。雲は低いところが中心なので、もう少したてば雲の上へ抜けるだろうか?あるいは、暖かくなれば雲が散るだろうか?

D121114c
(なんとかなるかしら?)

 しかしながら、時間が経過しても雲は動かずむしろ黒い雲も目立ち始めて、また雨が降り出した。あまりにもあんまり。機材のある方はビニールをかけたりして大変である。正直絶望的な雰囲気が漂ってきたのだけれど、みなさん慣れているのか、愚痴もこぼさずに、ただただ静かにその時を待ち、奇跡に備えてカメラの位置や設定を調整している。
「第2接触まであと8分です!」
 と隣の別の団体の幹事さんが声を出す。第2接触とは、すなわち皆既の始まりなのだけれど雲はますます広がってカウントダウンも空しいだけである。なんとも重苦しい雰囲気がただよう。そして。。。

D121114d
(むぅ。。。)

D121114e
(むぅ。。。)

D121114f
(?)

 時計の上ではそろそろ皆既、でも雲で何も見えず・・・というそのとき、なぜか一瞬雲の切れ間ができて、何やら三日月のような太陽が肉眼でも見えるではないか!
「おぉ!」
 歓声があがっている間もどんどん小さくなって豆粒みたいになったかと思うと、突然肉眼でもはっきり見える黒い太陽が!皆既日食開始のその瞬間に雲が奇跡的に散ったようだ!
 奄美の時に比べると今回の皆既日食は短くてたった2分しかない。歓声をあげて、ばたばた写真など撮って、でもやっぱり目に焼き付けよう!なんて思っているうちに終了。そして、月が右下に降りて行くところで、左の上にダイヤモンドリング!素人デジカメではどうにもならないのだけれど、これは本当にすばらしかった!
 激動の感動の2分間が終わり、太陽が戻ってくる。雲はどんどん散って、時々シャワーのような雨はあるものの、南半球の夏の日射しが照りつけて、反対側の山には虹もかかっている。。ツアーの一行も重苦しい雰囲気が開放されて、みなご機嫌である。いやぁ、よかったよかった。リベンジ成る!

D121114g
(お!)

D121114h
(おぉ!!!)

D121114i
(日食グラス越し)

D121114j
(すっかりいい天気に)

D121114k
(反対側には虹も!)

 皆既日食さえみればもう後はどうでもいいのだけれど、いかんせんまだ8時。バスで市内のホテルへ。弾丸ツアーだからお部屋はないので、宴会場を借りて朝食ヴァイキング。再集合は22時15分ということになるのだけれど、さすがにヒマすぎるので、3つあるオプショナルツアーの中からグリーン島へ参戦。ケアンズの港から船で50分のグレートバリアリーフの珊瑚礁の島。グラスボートみたいのに乗る方も多いようだけれど、小生は30$でパラソルを借りてビーチでビア♪

D121114l
(ホテルで態勢を立て直して)

D121114m
(オプショナルツアーへ)

D121114n
(グリーン島!)

 オーストラリアに来るのは、14年ぶり3回目で、14年前は?というと、あまり思い出したくないのだけれど、そのときもケアンズに泊まって船に乗った記憶があるので、もしかしたらこのグリーン島も2回目のような気もするのだけれど、いかんせんあまり思い出したくないので、詳しく考えずにぼんやりとビーチで、iPadminiで読書したりしながらすごす。

D121114o
(鳥さん)

D121114p
(きれいな珊瑚礁の海)

D121114q
(ヒトデさん)

 16時半の船でケアンズに戻ってもまだ再集合まで5時間近くある。時間を持て余すのがわかりきっていたので、日本からマッサージを予約しておいた。お食事を済ませて、巨泉の店などをひやかしてからCOOL BODYさんに参戦。ストーンマッサージ60分+リフレクソロジー30分の90分を堪能。ストーンマッサージは初体験だったけれど、暖かい石がなんともいえず気持ちよい。ホテルに戻ると、みなさんぐったりしていたけれど、おかげで小生は案外元気である。ちなみに、ちなみにマッサージは90分12000円くらいだからけっこう高いし、円高の昨今でも、オーストラリアドルはけっこう強いので、アメリカやヨーロッパに比べても、全般に物価は高めに感じられる。

D121114r
(ケアンズ市内へ)

 22時30分にバスで出発。日付変わって1時の出発。帰りもお食事をパスして、多少眠って、時計を1時間戻して、日本時間5時くらいに起きて朝食をいただき、機内でネクタイなど購入して、7時30分福岡空港に到着。定刻より多少なりとも早く着いたのはうれしいのだけれど、入国審査の準備ができていないとかで10分待たされる。チャーター便だから仕方ないとはいえ、1時間とかならともかく、10分くらいの早着には対応できるようにしておくのがプロの仕事というものではないかと思う。さすがはお役所仕事である。

D121115a
(無事に帰国)

 うわさには聞いていたけれど、日本は寒い。いったん博多駅へ出て、みどりの窓口で来月のサンライズのA個室の最後の1枚をゲットして、再び福岡空港へ。弾丸ツアーからかえってきて最初の仕事が金曜の仕事帰りのサンライズのチケットの確保というのだから我ながらあわただしい。
 万葉の湯でひと風呂とも思ったけれど、9時から10時はあいにく清掃タイムとのことなので、ANAラウンジで朝ビアをいただき昼過ぎには帰宅。ケアンズ滞在22時間、羽田から羽田でちょうど48時間くらい経っている。初体験の弾丸ツアー、とにかく奇跡的に直前に晴れてよかった。だけどこれやみつきになりそう。そして、2035年には日本の広い範囲で見られるので、それまでは元気でいたいものだね。

2009/7/22:月が太陽を隠し、雲が月を隠す・・・~皆既日食ツアー第2日&2009夏休み第5日~

|

« 2012/11/12:tck参戦 | トップページ | 2012/11/20:PRINCESS PRINCESS TOUR 2012 ~再会~ »

コメント

弾丸ツア-お疲れさま
同じツア-参加者です。どうも2009年の皆既日食の時も同じツア-に参加しているみたいです。私はテントではなく体育館で寝泊まりでしたので、嵐は防げました。
今回なんとか皆既日食が見れ、リベンジができました。
ビデオ、写真で見るより本物の皆既日食すごく感動しました。特にダイヤモンドリングは、これがダイヤモンドリングなのかと納得し、感激しました。
弾丸ツア-結構疲れました。家に帰ったら、すぐ爆睡してしまいました・・・

投稿: いけちゃん | 2012/11/18 23:57

いけちゃんさん、コメントありがとうございます。鹿児島に続いて、同じツアーに参加されてましたか。今回も天気が心配でしたが、最後の最後に晴れて本当によかったですね。なんといってもダイヤモンドリング、すばらしいですよね。あの一瞬のために、また行ってみたくなります。

投稿: しんちゃん | 2012/11/21 23:02

おつかれさまでした。
はじめまして。
同じツアーに東京から参加しました。
弾丸ツアーなのに、各所で時間が余るという不思議。。
RKB毎日放送の動画が上がっていたのでご報告です。

投稿: たなかつ | 2012/11/23 18:29

あっリンクつけ忘れました!
http://rkb.jp/kishoutenketsu/

投稿: たなかつ | 2012/11/23 18:29

たなかつさん、動画の紹介ありがとうございます。さっそく確認して、もう一度感動にひたりました!

投稿: しんちゃん | 2012/11/25 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/11/12:tck参戦 | トップページ | 2012/11/20:PRINCESS PRINCESS TOUR 2012 ~再会~ »