« 2013/2/12:がむばれ奈良競輪 | トップページ | 2013/2/17:全力応援!第30回日本カーリング選手権(2) »

2013/02/16

2013/2/16:全力応援!第30回日本カーリング選手権(1)

◆横浜→札幌:くもりのちゆき

 4時起床。YCAT5時15分の始発で出発する。この週末は、カーリングの日本選手権ということで、ずいぶん前から飛行機は確保してあって、6時20分発のANA便は10170円と圧倒的にお安い。しかしながら、肝心のカーリングの日程が直前まで分からず、結局、今日は14時からのプレーオフ(決勝トーナメント1回戦)のみということで、ヒマになってしまった。万葉の湯も10時からの営業ということなので、スーパーラウンジで奈良競輪の投票を済ませてから、快速エアポートUシートで札駅へ。東豊線で本日のお宿であるところのジャスマックプラザさんに早めに参戦して入浴。ビア。荷物を預けて出発。
 カーリング日本選手権、これまでは、名寄とか常呂町とかにはるばる参戦したこともあるのだけれど、今回は、札幌に待望のカーリング場、どうぎんカーリングスタジアムが完成。札幌ドーム近くの月寒中央から徒歩ということで実に便利ではあるけれど、先着順入場ということで、果たしてどうなることやら。はるばるやってきて満員では目も当てられないので、13時開場のところを、12時20分には到着。すでに30人くらい並んでいて、列も徐々に伸びている。目と鼻の先に住んでいるないるさんが緊急参戦してくれることになったのだが、もう少しで満員札止めになるところで危なかった。せっかく札幌市内に作ったにしては、観客席が少なすぎる。

D20130216a
(待望の新スタジアム)

D20130216b
(見やすいですが、席が少ない)

◇2013/2/16:○北海道銀行フォルティウス 6-3 ロコソラーレ北見(札幌)

 トリノ五輪で人気になった女子カーリング。当時の日本代表のチーム青森から、小野寺さんと林さんが引退して、バンクーバーでは、マリリンと目黒さんが後を受け継いだが、その後、マリリンが独立して作ったのが、ロコソラーレ北見で、チーム青森は、近江谷さん他で存続。その間に日本一を奪ったのが、中部電力で、常呂高校時代から日本選手権で活躍していたメムバーが進学した札幌国際大学も強豪の一角。そして、引退後、結婚・育児を経て、小野寺さんと林さんが、それぞれ小笠原さん、船山さんとして復帰して作ったのが、北海道銀行フォルティウスということで、5強の混戦模様。そして、札幌国際大には吉村さん、中部電力には、市川さんに藤沢さん、もちろんロコソラーレには、マリリンがいて、それぞれ美女揃いでもあるのだけれど、小生の一押しは、もちろん林さん改め船山さんのいるフォルティウスである。今回はホームリンクでの開催、6勝1敗で予選1位通過。変則トーナメントの今日の試合に勝てば、優勝に大きく前進する。

 男女4試合一斉に開始。テレビだといろいろ解説してくれるのだけれど、生で見ていると作戦など詳しいことがよくわからない。フォルティウスvsロコソラーレの試合は、前半からお互いに石をはじきだして、シンプルな戦いだが、隣の男子の試合などは、石がほとんど外に出ずにぐじゃぐじゃで、1エンドに4点入ったかと思えば、すぐに3点返したりして、見応えがある。

D20130216c
(ゴシゴシ!)

D20130216d
(石だらけ)

 休憩をはさんで後半にもなると、だんだん様子も分かってきて、勝負も佳境にさしかかるが、フォルティウスは終始安定した戦い。少なくとも小生が分かるようなミスらしいミスは、まったくない。先攻でもスチールのチャンスを作って、いい感じの展開なのだけれど、さすがに相手のマリリンも、肝心なところは確実にとってくるので、ダメ押しにはいたらず。

D20130216e
(小笠原さんと船山さんの名コンビ)

D20130216f
(マリリンも奮闘)

 それでも、第8エンドに待望のスチールで6−2として、第9エンドに1点とらせてしまえば、最終エンドは後攻で快勝。見事に決勝進出!まったくもってすばらしい。飛行機の関係で、明日は準決勝しか見られないけれど、決勝はBS生中継もある。マリリンや藤沢さんには申し訳ないけど、ここまで来たら、優勝して世界選手権に行って欲しい。札幌国際大は、例によって時間をギリギリまで使ってハラハラしたけれど、中部電力にはさすがに及ばずということで、明日の準決勝は、ロコソラーレ北見vs中部電力。これも好勝負間違いなしだろう。
 女子の試合が終わると、お客さんもぞろぞろと退場してしまったけれど、男子のチーム北見vs札幌の試合は、熱戦の末、延長に。チーム北見には、男子カーリングを引っ張ってきた敦賀選手がいるし、札幌の阿部選手は、チーム青森のコーチを務めていたこともある。ごちゃごちゃしたところへ見事に回り込んできたりして、なかなか見応えのある試合で、ないるさんにも堪能いただけたようで何より。
 カーリングの試合は、たっぷり2時間半。全試合終わると、外も暗くなって、雪もけっこう降ってきた。だるまさんをいただいて、ジャスマックさんにチェックインすると、奈良競輪快勝を確認。これでお金が転がるので、明日も応援車券を購入できる。
 この後は、第2回入浴後、早々に就寝のよてひ。

D20130216g
(だるまで大団円)

D20130216h
(いちごミルクで大団円)

|

« 2013/2/12:がむばれ奈良競輪 | トップページ | 2013/2/17:全力応援!第30回日本カーリング選手権(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/2/12:がむばれ奈良競輪 | トップページ | 2013/2/17:全力応援!第30回日本カーリング選手権(2) »