« 2013/1/30:春の遠征検討オフ開催 | トップページ | 2013/2/3:球春到来!ファイターズ沖縄キャンプ2013(2) »

2013/02/02

2013/2/2:球春到来!ファイターズ沖縄キャンプ2013(1)

◆横浜→那覇→名護→国頭:くもり時々はれ

 5時半起床。いよいよ今年も球春到来。小生も1日遅れでキャンプインということで、6時25分YCAT発のバスで出発する。ラウンジでお弁当をいただき7時45分のANAで熟睡して、1年ぶりの那覇空港でkecoさんと合流してトヨタレンタカーさんのヴィッツ号で出発。気温は20度を越えて、絶好のキャンプ日和ということで、はやる気持ちを抑えながら、沖縄自動車道を北へ飛ばし、12時すぎには、名護漁港の臨時駐車場に到着。シャトルバスで名護球場へ。
 昨年は2週目だったので、練習試合が行われていたけれど、今年は、まだ2日目ということで、普通の練習。12時すぎになると、連係プレーなどは終わってしまっているので、打撃練習をメインに、走塁や守備などを各グループのローテーションで。今年は、賢介とイトイセンシュが抜け、金子、小谷野、ニオカセンシュも故障で国頭の2軍調整のため、1軍の主力組は、稲葉、翔さん、陽くんともうひとりはなんとゆうじ。ヤングファイターズは、おなじみの杉谷、中島、西川に今年から谷口くんも加わって4人グループ。移籍の大引と赤田はいっしょに中堅グループ。人格者と期待される大引センシュは黙々とティーバッティング。金子が本人曰く「まだ5軍」とのことで、中島の成長はあるとはいえ、大引選手にかかる期待は大きい。

D130202a
(今年もやってきました名護)

D130202b
(打撃向上が期待される中島くん)

D130202c
(翔さんもサインしてます)

D130202d
(人格者として期待される大引選手)

D130202e
(仲良しキャッチャー組)

 報道陣がにわかに騒がしくなってきたと思うと、日本代表の山本浩二監督が登場して、稲葉と翔さんの練習を見学。午後からも翔さんのバッティング練習などを見学して、15時40分のバスで漁港へ。ホテルへ戻る通路のところで、帰って行く選手がファンにひとりひとりサインをしている。今年は、例年以上に、選手がファンにサインをする場面が多かったように思った。ご苦労様である。
 今年もお宿の方は、2軍キャンプ地でもあるおなじみのJALオクマさんということで、本部半島を北上して、瀬底島のfuucafeさんでくつろぐ。昨年の台風の影響か、ハンモックやブランコが壊れてしまったのは残念だが、ケーキも美味で、あいかわらずゆったりと時間が流れる。

D130202f
(おなじみのfuucafe)

 実は、小生、最近、近い将来の隠居に備えて、リゾート物件などをネットで検索しているのだが、瀬底島のおしゃれな一戸建てが気になっていたら、これがなんとfuucafeの隣に建っているではないか。ということは、絶好のロケーションなのだけれど、なんとお値段が3980万円!伊豆や熱海でもこんな高いリゾート物件はまずなくて、軽井沢レベルである。これが1000万円台とかだったら真剣に考えるのだけれどねぇ。無念。
 ということで、あきらめて、さらに北へ向かい、オクマさんへチェックイン。昨年はかなりグレードの高いコテージで、今年はワンランク下なのだけれど、それでも選手たちのいるパームコテージよりはハイグレードで、これが早割とかでツイン2人2泊朝食付きで2万円と格安。名護のルートインより割安である。

D130202g
(今年もお世話になります)

 ただし、ここへ泊まると、町らしい町はないので、お食事はホテル内ということになり、今年は鉄板焼きさんをいただく。青いお魚のお刺身などいただいてから、みなとみらいのランドマークの日航から出向してきて16年という高橋さんにいろいろとお話を伺いながら、アグー豚を焼いていただく。泡盛もいただいていい気分で就寝。

|

« 2013/1/30:春の遠征検討オフ開催 | トップページ | 2013/2/3:球春到来!ファイターズ沖縄キャンプ2013(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/1/30:春の遠征検討オフ開催 | トップページ | 2013/2/3:球春到来!ファイターズ沖縄キャンプ2013(2) »