« 2013/3/1:将棋界の1番長い日 | トップページ | 2013/3/7:1票の格差について »

2013/03/02

2013/3/2:ひきこもりでスポーツ中継三昧

◆横浜:はれ時々くもり

 0時すぎまで起きていたのに5時に目が覚めてしまう。そのまま起きてしまい、ニッカンと朝食を買いにマンション併設のコンビニに行くが、若者がたむろしていていかにも治安が悪い。店員さんとにらみあっている。まきこまれたくないので早々に引き上げる。
 この週末は、普通なら福岡遠征すべきところであろうし、一時は、台湾遠征も考えたのだけれど、結果的には見送り。以前として、体調がすぐれないので、近所のスーパーで食材を調達して早々にひきこもりの態勢を固める。
 10時からキッチンが走る(再)を見て、お昼は湯豆腐をいただき、午後からは、スポーツ中継と昼寝のくり返し。台湾にいかなくてもJSPORTSで台湾ラウンドが見られるのがありがたい。台中の野球場は、北京の予選の死闘を見に遠征したところで実になつかしい。台湾対オーストラリアは、オウ・ケンミン対オクスプリングでもあって、韓国、オランダとのA組は豪華であり、死の組である。(実際、夜には韓国がオランダに完敗した)

D130302a
(ヨウ・ダイカン選手も元気そうで何より)

 昼寝を終えて、今度は、GAORAでファイターズ戦。北の大地は、大荒れで千歳便も欠航しており、試合開始も遅れたりしているようだけれど、1万人を超えるファンが詰めかけてくれたようだ。札幌ドームは好きじゃないけれど、同じGAORAの中継でも名護球場から札幌ドームに変わると、音楽やDJも本番仕様になって開幕がまた少し近づいてきた感じにはなる。ファイターズ快勝。

 夜は、水炊きなどして、おじやで栄養をつけながら、一応WBC日本戦。しかし、ユウイチ率いるブラジル相手にいきなりマーくんが失点では話にならない。初戦は固くなるとはいえ、これまでに初戦を任せたエース達は、先制点は与えなかったのではないか?見苦しいので夜戦に備えて仮眠。

D130302b
(侍、大丈夫なのか?)

 本当に22時まで寝込んでしまって、コールド勝ちでもしているかと思ったら、辛勝に驚くが、相手にしていても仕方ないので、NHK-BSに切り替えてノルディック世界選手権全力応援。
 まずは、複合、個人戦で4位、団体で4位、そして、最終種目の団体スプリント。2位スタートだが、前もとらえつつ、後ろからも追いつかれて4強の戦いになってしまい、またしても4位の悪寒が。。。いったん脱落して、もはやこれまでと思ったところで、ドイツが転倒して、3位か?!と思ったが、ゴール前で差されて無念、また4位。0.6秒差。。。4位3回の渡部選手あまりにもあんまりであるが、1位との差もそれほど大きくないし、五輪での巻き返しを期待したいところ。

D130302c
(無念。。。)

 日付変わって0時半からジャムプ団体。個人では厳しいけれど、団体ならチャンスはある。1本目で、若手の清水が健闘して、5位とはいえ1位まで狙える僅差での折り返し。しかしながら、清水が2本目で失速。やはりプレッシャーがかかったか。そして、有力チームがゲートを下げてポイントを稼ぐ中で、日本チームは最後までゲートをいじらなかった。飛ぶ順番が先ということで、判断が難しかった面はあるけれど、葛西の2回目の時点で、普通に飛ぶだけでは、3位が苦しい状況になったのはわかっていたのだから、葛西と伊東の2回目は、ゲートを下げて勝負すべきだったと思う。実際、2人ともかなりいいジャンプをしたけれど、大きく差を詰めるには至らず、伊東に至っては、飛びすぎてテレマークが入らなかった。4位も5位も同じなのだから、勝負して欲しかった。結果、5位だけれど、こちらも1位までそれほど大きな差はなく、清水の成長があれば、十分五輪も期待できる。がむばってほしいものだ。

D130302d
(無念。。。)

|

« 2013/3/1:将棋界の1番長い日 | トップページ | 2013/3/7:1票の格差について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/3/1:将棋界の1番長い日 | トップページ | 2013/3/7:1票の格差について »