2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 2013/5/23:世の中捨てたもんじゃない?! | トップページ | 2013/5/25:聖地甲子園参戦も無念のサヨナラ負け »

2013/5/24:パラセリーニ号、3歳未受賞・未出走戦大敗!

◆横浜・川崎:はれ:9409歩

 本日はお休み。クラークコレクション展にでも参戦しようかと思っていたのだが、早起きして朝食をたっぷりいただいてから、またベッドの中でうだうだしているうちにお昼になってしまい断念。そごうに参戦して、スーツを購入して、資生堂パーラーでビーフカレーとビアで前祝い。そう、本日は、愛馬パラセリーニ号が川崎競馬場でデビュー戦を迎えるのだ。
 デビュー戦といっても、先日のダマスクインゴット号とちがって、こちらは1つ上の3歳馬。週末の日本ダービーで頂点を決めようとしている世代の落ちこぼれであって、ようやくデビューにこぎつけた。例によって社台ブランドで人気になっているが、父はキングヘイローで気性難もありそうで、いかにも人気を裏切りそうなタイプだが、デビュー戦くらいは応援にいかないわけにはいかない。口取りに備えてジャケット着用だ。
 横浜から京急川崎まで快特でわずか6分。大師線に乗り換えて1駅。高層マンションも増えてきれいになった港町から徒歩で久しぶりの川崎競馬場へ。ナイター開催とはいえ、1Rは15時半発走だから、まだ日は高く暑い。もちろんお客さんもまばらだが、大井とはまたちがった退廃的な雰囲気というか、ふるきよき時代の競馬場の空気があって、平日に会社を休んで川崎に来ている自分をちょっといいねと思ったりもする。
 肝心のパラセリーニ号はといえば、パドックで下痢したあたりでいよいよダメな予感がしてきて、スタートで出遅れてもはや不安は決定的なものとなり、押したり引いたりしながら追走して、最後だけ少し伸びて見せ場のまったくない4着。この時期の3歳未出走でこれでは、先が思いやられる。早々に撤収して、川崎競馬の売り上げには1円も貢献せず。

Img_0338


« 2013/5/23:世の中捨てたもんじゃない?! | トップページ | 2013/5/25:聖地甲子園参戦も無念のサヨナラ負け »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013/5/23:世の中捨てたもんじゃない?! | トップページ | 2013/5/25:聖地甲子園参戦も無念のサヨナラ負け »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録