« 2013/6/26:ホフ様奇跡の一発!最下位脱出! | トップページ | 2013/7/13:さくらんぼ山に参戦 »

2013/07/06

2013/7/6:Seiko Matsuda Concert Tour 2013 A Girl in the Wonder Land

◆横浜・東京:はれ:5582歩:東京の最高気温=33.7度

 梅雨明け。今年の梅雨は、雨は少なかったけれど、真夏日もほとんどなくてすごしやすかったのだが、一気に猛暑。そして、小生はというと、本日の聖子ちゃんライヴに備えて水曜日あたりから予習をしていたら喉を痛めたというか風邪を引いてしまって、体調不良。冷房を効かせて昼すぎまでひきこもって、14時すぎになんとか起きだしていざ武道館へ。

2
(今日が99回目ですと!)

 余裕をもって九段下駅に到着したつもりだったのだけれど、グッズ購入の列がお堀の外まで延びている。あちぃなか、なんとか行列を我慢して、Tシャツ、タオル、うちわ、パンフ、クリアファイルなどを購入して入場。おトイレでTシャツに着替えて準備OK。今年もスタンド1階の前方。アリーナよりもかえってこの方が見やすいと思う。老朽化しているとはいえ、なんだかんだいっても武道館の作りは見やすいのはたしか。

3
(うちわは欠かせないね)

 ニューアルバムのタイトル曲でもある「A Girl in the Wonderland」で幕開け。齢とともにテンションをあげるのに時間がかかるようになって、美里のコンサートなんかでもこちらがエンジン全開になるまで時間がかかるときがあるのだけれど、聖子ちゃんライブとなると、場内が暗くなって、レーザー光線がきらめくだけで、一気に聖子ワールドに吸い込まれる感じがするからさすがである。ニューアルバムからの曲をたて続けに5曲。例年、「一応ニューアルバム出したから何曲かやっておくけど、早く済ませておなじみの曲に行こうね」っていうのがお互いのお約束みたいなところはある。ただ、今年のアルバムは、最近の中ではなかなかよかった。久保田利伸作曲の「白い月」に続いて、「あなたに逢いたくて」でおなじみの世界へ。
 リクエストコーナーの替わって昨年から登場したアコースティックコーナー。「小麦色のマーメイド」〜「瞳はダイアモンド」〜「野ばらのエチュード」と続くと時代はあっという間にあの頃に戻りますね。トゥルリラートゥルリラー♪
 「赤いスイートピー」でブレイクを入れて、「時間の国のアリス」から恒例のメドレー。「マイアミ午前5時」が入ってたのもうれしいね。「青い珊瑚礁」〜「渚のバルコニー」〜「天使のウィンク」〜「チェリーブラッサム」と熱唱して、最後はもちろん「夏の扉」!
 アンコールは、「SQUALL」〜「20th Party」。昨年あたりから、ダンサーが踊るブレイクタイムが何度かあったり(お客さんの方もトイレに行ったりしてる)、アコースティックコーナーでは座って歌ったり、アンコールも短めなど、多少年齢に配慮した構成にはなっているけれど(下山直美さんがダンス引退して、振り付けに専念したのにも時代を感じたけど)、その分純度が高いというか、美味しいところだけぎゅっと詰め込んでくれた感じもあって、昨年よりもよかった。もう少しいろんな曲を聞きたい気もするけれど、そのあたりは、年末のバラードコンサートのお楽しみかな。
 そういえば、途中で、暴言を吐いて退場したファンがひとりいたけれど、あれはなんだったんだろう?お客さん同士のけんかかしらん?

Photo
(今年も堪能しました♪)

|

« 2013/6/26:ホフ様奇跡の一発!最下位脱出! | トップページ | 2013/7/13:さくらんぼ山に参戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/6/26:ホフ様奇跡の一発!最下位脱出! | トップページ | 2013/7/13:さくらんぼ山に参戦 »