« 2013/8/17:AIRDOで行くファイターズと北海道遺産の旅(1)〜幸福駅、翔さん、大谷くん、ばんえい、モール温泉〜 | トップページ | 2013/8/20:One song〜Ai Kawashima 10th Anniversary〜 »

2013/08/18

2013/8/18:AIRDOで行くファイターズと北海道遺産の旅(2)〜タウシュベツ橋と旧士幌線アーチ橋ツアー〜

◆帯広→上士幌→然別湖→千歳→横浜:あめ時々くもり:10787歩:ぬかびら源泉郷の最高気温=26.0度

 旅の2日目の朝も早い。3時に目が覚めて2度寝して5時50分起床。モール温泉の朝風呂、朝食ヴァイキング、オレンジジュース2杯。道スポは省略して、7時15分にはチェックアウトして国道241号線を北へ急ぐ。kecoさんは、道東はお初ということで、2日目はやきうはパスして観光。といっても、おなじみの阿寒、摩周、釧路湿原なんていうのは、イッキマンの夏休みにでも任せておけばよいということで向かうは、上士幌町のタウシュベツ橋梁。数年前に参戦したときは、林道に普通に入れたのだけれど、最近は、ツアーでないと不可ということで、NPO法人東大雪自然ガイドセンターさん主催のアーチ橋見学ツアーにエントリー。クーパースタウンのときのように我らだけか?と思ったら、地元の婦人2名が合流して、ガイドさんと5人でワゴン車で出発。
 もちろんまずは、タウシュベツ橋梁へ。戦前に作られて、戦後ダム湖に沈んだ橋は、毎年のように水没、凍結を繰り返しているため、いよいよ老朽化し、あと何年持つかという状況。たしかに数年前に来たときよりもさらに亀裂や崩壊が進んでいる。触ってもいいですよとのことで、触ってみると、ポロポロと崩れる。保存の議論もあったが、断念せざるを得ないとのこと。たしかに堤防を作って水をとめないとどうにもならないだろう。普通の橋の10倍のスピードで老朽化が進んでいるとのことだが、なんとかもう少しがむばってもらって、あと1回、冬の凍った姿を見ておきたいものだ。あいにくの雨になってしまったけれど、今年はここまで雨が少なめで、例年なら8月はもっと水に沈んでしまうところをけっこういい感じで見られたのはラッキー。

D130818a

D130818b

D130818c

D130818d

D130818e

 士幌線は、タウシュベツ橋梁以外にもさまざまなアーチ橋があるので、ガイドさんの解説を聞きながらいろいろ見学。タウシュベツ橋が数年で終了してしまうので、後継者を育てたいのだけれど、なかなかあそこまでの味が出ないとのこと。第4音更川橋梁などは、上に松の木が生えたりしてなかなかいい感じなのだけれど、周囲に木が多くてどうしても景色としては地味になってしまう。国立公園だからうっかり木もきれないのですよね?と聞いてみると、広葉樹を切って針葉樹を植えるとかいろいろと調整はしているとのこと。ガイドさんは、保存活動にかなり力を入れているようで愛情が伝わってくる。ちなみにファイターズファンでもあるようで、「タウシュベツ橋梁では、稲葉ジャンプは無理」とか、「タウシュベツ橋梁亡きあとの上士幌町は、ダルビッシュの抜けたファイターズのようなもの」だと。。。
 アーチ橋以外でも、幌加駅の廃線跡は、線路だけでなくポイントも残っていて、手で動かせることができて楽しい。このあたり林業が終了した後は、何とかさんという耳の遠いおばあさんの温泉宿と、何とかさんの喫茶店と全部で5人くらいしか住んでいないとか。そもそも戦後ダムが作られるときも、線路は10キロくらい沈んだけれど、家は1軒だけしか移転交渉がなかったというのだからすごいところである。
 最後に、ふるさと納税を活用して保存に力を入れているという第3音更川橋梁を見学して楽しいツアー終了。ガイドさん曰く、この橋を下から眺められるように何とかしたいとのことなのだけれど、釣り人がひとり、へんてこなボートで下から眺めていたのもびっくり。

D130818f

D130818g

D130818h

D130818i

D130818j

D130818k

D130818l

D130818m

 早起きしたのでまだ午前中だけれど、十分に堪能したので、ぬかびら源泉峡・糠平舘観光ホテルさんにて入浴&ランチ。源泉かけ流し(高温のため一部加水)の露天風呂を堪能して帰途へ。天候も回復して、然別湖から十勝清水へ抜けて千歳へ高速を飛ばす。お盆の最終日でさすがに交通量も多く、千歳が近づくと雨も激しくなってちょっと焦ったけれど、空港に着くと、18時30分の羽田行きは使用機到着遅れで遅延。ところが、なぜか18時15分の臨時便が設定されていて、株主優待なので急遽変更して、ラウンジでビアとお弁当をいただき、予定より早く帰宅できた。
 昨日の日記に書き忘れたけれど、野球場では、鈴木宗男さんが大地のTシャツで健在ぶりを発揮。あと、帯広市内は、やたらと「8888」とか「888」ナンバーのクルマが多かったのだけれど、あれは何だったのだろう?

D130818n

D130818o

D130818p

NPO ひがし大雪自然ガイドセンター
アーチ橋ツアー


|

« 2013/8/17:AIRDOで行くファイターズと北海道遺産の旅(1)〜幸福駅、翔さん、大谷くん、ばんえい、モール温泉〜 | トップページ | 2013/8/20:One song〜Ai Kawashima 10th Anniversary〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/8/17:AIRDOで行くファイターズと北海道遺産の旅(1)〜幸福駅、翔さん、大谷くん、ばんえい、モール温泉〜 | トップページ | 2013/8/20:One song〜Ai Kawashima 10th Anniversary〜 »