« 2014/1/31:ソチ五輪プレビュー(1) | トップページ | 2014/2/2:美女と祝杯♪ »

2014/02/01

2014/2/1:ソチ五輪プレビュー(2)

◆横浜:はれ時々くもり

 プロ野球キャンプイン。朝からGAORAのファイターズキャンプ中継を見ながらひきこもり。淡々と生中継してくれるので、こちらまで名護にいるような気分になれるので実にありがたい。週末の参戦に向けてワクワクしてくるけれど、まずは、五輪展望の続き。
(◎:金有力 ○:銀有力 ▲:銅有力 △:メダル可能性はあり)

・スピードスケート

 以前は、1000mや中長距離にもメダル候補がいたのだけれど、最近は、世界に通用するのは500mのみ。しかも若手の台頭がまったくない。結局、期待は、男子500mの加藤と長島のみ。
 今季の男子500mは、W杯8戦で勝者が7人の大混戦。唯一2勝しているのが長島なのだけれど、どうも年末から調子が下降気味。ここから再び上昇できるかどうか。加藤も1勝して、タイムでは、トップタイ。ただし、とにかく混戦で読みづらい。混戦になれば、ベテランのメダル獲得経験が生きるようにも思うが、どうだろうか?
 女子のパシュートは、前回が出来すぎなので、今回はどうだろうか。小生応援している小平奈緒選手の500mも、メダルまでは厳しそうな感じ。

・フィギュアスケート

 冬季五輪でもっとも人気のある種目に、男女ともに史上最強レベルの布陣でのぞむ日本。特に男子は3人とも金メダル候補といっても過言ではないが、問題はチャンを負かせるかどうかにかかっている。ただ、グランプリファイナルで羽生が勝った価値は大きく、なんとなくチャンに五輪金を逃す悲劇のヒーローっぽい雰囲気も感じる。高橋は、同じベテランのプルシェンコが出てきてしまったのがなんとなくマイナスになりそうな感じもするのだけれど、最後の五輪でらしさを存分に発揮してくれれば、もちろんチャンスはあるし、町田も一発やりそうな雰囲気は十分ある。幸い、金曜日深夜の生中継なので、じっくりと楽しみたい。
 予想の難しい女子。キム・ヨナはどうなのか?真央ちゃんは、今季は安定しているけれど、なんかトリプルアクセスを2回飛ぶことが目標になってしまっているようで、五輪を勝ち切るイメージが湧かない。ライバルがロシア勢というのも怖い。一方で、鈴木さんも、全日本の演技なら、十分勝負になりそう。予想は、男女で◯1・▲1としたが、なんとか男女合計で金1を含む3つのメダルをとれないものか?
 初めて実施される団体は、やはり3位以内は難しそう。となると、個人に疲れを残さないようにして欲しいもの。4回滑るプルシェンコに比べれば楽だけれど。
 
・カーリング

 トリノの小野寺さんと林さんが復帰して、最終予選を勝ち抜いてくれたので、楽しみが増えた。メダルは厳しいけれど、カーリングは、1試合2時間半のリーグ戦。世界トップレベル相手でのチーム北海道銀行の戦いをじっくりと楽しみたい。祝日や土曜日にもけっこう組まれているのがありがたい。そして、解説は、ぜひ小林さんにやって欲しいね。

・その他

 アイスホッケーなんかもがんばっているけれど、さすがに上位は厳しい。ソリ系は、今回もおそらく参加するだけだろう。

◯:フィギュア・男子・羽生
▲:スピードスケート・男子500m・加藤
▲:フィギュア・女子・浅田
△:スピードスケート・男子500m:長島
△:スピードスケート・女子500m:小平
△:スピードスケート・女子チームパシュート
△:フィギュア・男子・高橋
△:フィギュア・男子・町田
△:フィギュア・女子・鈴木
△:フィギュア・団体

 金1銀1銅3の予想としたが、メダル候補は多いので、もっと増える可能性も十分あるし、惜しいところで入賞ラッシュになる可能性もある。いずれにしても、今回もかなり期待できる布陣。東京五輪へ向けた第一歩としても盛り上がった欲しいものである。

D140201a

|

« 2014/1/31:ソチ五輪プレビュー(1) | トップページ | 2014/2/2:美女と祝杯♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014/1/31:ソチ五輪プレビュー(1) | トップページ | 2014/2/2:美女と祝杯♪ »