« 2014/8/15:tck連敗! | トップページ | 2014/8/17:ハヤトくんのためのNゲージレイアウト開通! »

2014/08/16

2014/8/16:ぐったりパ・リーグ史上最長から2番目の試合

◆横浜→練馬→所沢→横浜:はれのちくもり時々あめ:練馬の最高気温=31.3度

 朝起きると喉が痛い。夏風邪の気配あり。しかしながら、朝から予定が詰まっているので9時半出発。床屋、ワイモバイルさんで携帯の修理。順調に終わったので、予定より早い湘南新宿ラインで池袋へ。夏休みでグリーン車も大混雑。
 西武池袋線でだいこんの町へ。35度超えの猛暑を覚悟していたのだが、予報より天気が悪く、蒸しているけれど、猛暑というほどではなかった。ココネリとやらで時間調整して、京王バスに乗って、バス停でkecoさんのお迎えを受けて、だいこんの町の名店野中さんへ。遅めの時間ということもあって、幸いすぐに入場を許される。外は暑いけれど、メニューは、早くも秋に変わっていて、天せいろ(秋)は、松茸も入っていてなかなか豪華。お蕎麦はあいかわらず美味で、これで2000円はお得。喉が痛いので、ビアはパス。

D140816a

 再びココネリに戻って、練馬和菓子屋事情、キングカズでも真央ちゃんでもない第3の道問題、ダニ問題など検討して快速急行にて西へ。ジャングル大帝シリーズの西武ドームへ参戦である。

D140816b

◇2014/8/16:△F 8-8 L(所沢)

 初回、いつものように北の三振王がアウトになって試合が始まる。ライオンズ先発のレイノルズは、そのうち打てそうな感じは漂うが、それは、ファイターズ先発の光夫も同じ。今日もストライクをとるのに汲々とする感じで前途多難。一昨年のあの輝きはもう戻らないのだろうか?
 4回まで両軍チャンスの応酬だが、もう忘れてしまった。5回表に翔さんポテンヒットで待望の先制点。これで試合の主導権を握ったかと思ったが、そんな甘いものではなく、その裏すぐにピンチで近藤くんに見苦しいエラーがひとつでるともう光夫は持ちこたえられず、メッタ打ちとなって、不振のおかわり君にも特大の一発が出てあっという間に5失点。白村くんに交替して、さらに稲葉のエラーもからんでもう1点追加されて1−6。
 見苦しい大敗で早々に終了かと思いきや、直後の6回に反撃。北の三振王がついに奮起して、1死満塁から走者一掃の3塁打。さすがに北の三塁打王だけのことはある。これで、4−6。しかし、ここで中島にスクイズというのはどうなのか?5−6にはなったけど、クリーンアップの前にわざわざ2死無走者の場面を自分から作るという作戦は見ていておもしろくない。長い試合を後で振り返ったとき、この1点が効いたじゃないかともいえるのだけれど、逆に、こういう点の取り方だから常に後手後手で追いつくのがやっという戦いになったともいえるのではないか?この間、武田勝やコバヒロや岡本篤が登板してそれなりにいろいろあったのだけれど、長くなるので省略。
 8回、増田を攻めて1死3塁から、西川タイムリーでついに同点。しかし、押せ押せの1死1塁で走者西川、打者中島で送りバントはあまりにも消極的ではないか?同点に追いついたんだから、盗塁でもエンドランでも押せ押せでいって欲しかった。結局、同点のままで終わってしまったのが響いて、その裏、カーターが踏ん張りきれず6ー7。今季ここまでカーター4敗、宮西5敗、増井6敗。防御率はそんなに悪くないのにいかんせん攻撃が同点までで止まってしまうから、中継ぎにあまりにも負担がかかる。
 すでに4時間ゲーム。9回は高橋。中継ぎは信用できないライオンズだが、このクローザーはそれなりにしっかりしているので、もはやこれまでかと思われたが、まったく打てそうもない鵜久森(負けている展開でなぜ稲葉から代えたのか理解不能)が1死の後、左対左で打てそうもないミランダが1、2塁間を抜くヒット。代走杉谷。大引ヒットで1、2塁。こうなれば、とっておきの代打小谷野。チャンステーマももう何度目かわからないくらい。そして、3塁線のゴロがベースで跳ねて同点タイムリーに!奇跡である。しかし、なお1死満塁で、西川、中島終了。4打点の西川だが、ここで犠牲フライが打てないのはやはりいただけない。結局同点で終わってしまったではないか。
 9回裏、宮西が簡単に2死をとってこの試合両軍初の三者凡退か?と思わせたが、斉藤ヒット、おかわり四球、ひちょり死球で2死満塁。浅村三振。延長戦。すでに4時間半。9回で4時間半といえば、昨年の東京ドームでのホークス戦の6時間ゲームを思い出す。今日は17時開始だからまだいいようであるが、いかんせん所沢である。横浜方面の終電の時間が気になり始める。
 延長10回表、ここまでブレーキだった陽選手の一発!ついに勝ち越し。22時すぎの電車に乗れば、乗り継ぎもまずまずでなんとか今日中に家に着けそうだと思ったら、甘かった。。。
 翔さんの足の具合が悪そうで、DHをはずして増井を4番にいれて小谷野ファースト、飯山サード。復帰後の増井は好調なので、大丈夫だろうと油断していた。秋山の2塁ゴロは、中島のファインプレーで1死。そして、ここで、代打森くん!今日はライオンズが終始先行していたので代打の出番がなかったが、初めてビハインドとなったここで満を持しての登場。敵ながら楽しみではあるが、まぁ、増井の150キロは高校生にはそうそう打てないだろう、格の違いを見せてやれ!と思ったら、バックスクリーンに特大の一発!同点!格が違いすぎるようだ。大阪桐蔭恐るべし。
 そして、11回表。8番からの攻撃ということは、2死満塁になったらDH解除の増井に回ってしまう。代打を出そうにももう野手は残っていない。(大谷くんが登録されているけれど、明日の登板に備えて宿舎に帰ってしまったとのこと)となると、その前の陽くんで決めるしかない。そして、中島がネバネバと粘って四球を選んで1死満塁!最高のお膳立てとなったのだが、なんと陽くん三振!2死満塁で増井!交流戦でもないのに、いきなり投手が打席に立つハメになってしまった。そもそもは自分が森くんに打たれたせいということで、増井もかなり気合いは入っていたのだが、無念セカンドゴロ。

D140816d

 11回裏、二刀流増井が奮起して、この試合両軍初の三者凡退。12回表ファイターズ初の三者凡退。勝ちはなくなった。そして、すでに22時30分。終電ギリギリということで、ここで撤収。22時35分の所沢行きへ乗車するが、試合はさらにもつれにもつれているようで、乗客のほとんどが携帯で結果をチェックしているが、2死満塁まで追いつめられているとの情報。あまりにもあんまり。もはやこれまでか?
 そうこうしているうちに所沢駅へ到着。池袋行き準急を待っている間に、鍵谷が渡辺直をうちとって試合終了、引き分けとの知らせが。やれやれと一息つくと、なんと同じホームにもがちゅー夫妻を発見。先日の広島といい、何万人も見にきているなかでよく会うものだ。
 3度目の練馬駅でもがちゅー夫妻、kecoさんと別れ、もう湘南新宿ラインはないので、池袋から山手線を半周まわって、品川から東海道線最終。横浜からは、みなとみらい線、終電の一本前で25時前に帰宅。5時間48分は、昨年9月のホークス戦に次ぐパ・リーグ史上2番目の長い試合。両軍合わせて28安打25四死球4失策38残塁。ぐぅぅぅったり。

D140816e


|

« 2014/8/15:tck連敗! | トップページ | 2014/8/17:ハヤトくんのためのNゲージレイアウト開通! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014/8/15:tck連敗! | トップページ | 2014/8/17:ハヤトくんのためのNゲージレイアウト開通! »