« 2014/9/13:live image nouveau2014 | トップページ | 2014/9/15:上沢くんプロ初完封! »

2014/09/14

2014/9/14:シーズンファイナル美女オフ

◆横浜→札幌:はれ

 会社に遅刻しそうになる夢を見て、え?遅刻なんて絶対にしないはずなのに、と思ったら、目覚ましに叩き起こされて6時15分起床。3連休の遠征は中日からの出発。渋滞が怖いので、京急で羽田へ。今日は第1ターミナル。賢人が作ったゼリーをおみやげに購入して、スカイマークさんで北の大地へ。新型機A330は、全ての席で、前との間隔が広いグリーンシート。たしかにこれはいい。ちょうど在来線の特急くらいの感覚で、正直、これくらいがまぁ先進国の交通機関の最低水準であるべきだと思うけれど、よくがむばってくれた。しかも事前予約で、早朝便でもないのに札幌までなんと9600JPYだからすばらしい。38番搭乗口=バスでの出発はご愛嬌。せっかくなので、普段は座らない窓側を堪能。一部機材では、Wi-Fiも対応しているとのことで、そうなれば完璧。たまにしか応援できないけれど、なんとか第3の翼としてがむばって欲しいものである。

1
(まさかのバスでの出発)

2
(快適!A330グリーンシート)

3
(電子機器使用制限緩和でこういう写真も撮れますね)

 10時すぎに北の大地に到着。快速エアポートは、発車時刻が1分繰り上がって、37分運転に変えたみたいだけれど、結局40分くらいかかって、札駅へ。朝晩はだいぶ冷え込んできたようだけれど、よく晴れて日なたは暖かいし、空気も爽やか。北の大地は、今頃が一番いい。そして、その一番いい時期のイベントといえば、オータムフェスト。あいかわらず大混雑だけれど、なんとかラーメンとビアにありつき、7丁目BARに転戦してワインをいただくと、普段あまり食べないチーズも欲しくなって、最後は、ジェラートで〆。すばらしい。

4
(爽やかな秋の北の大地といえば)

5
(オータムフェスト♪)

11
(ワインとチーズをいただき)

31
(ジェラートで〆て)

21
(いざ札幌ドームへ!)

◇2014/9/14:●F 2-7 B(札幌)

 秋の祭典は、いつのまにか女子DAYになってしまい、女性はいろいろもらえるけれど、小生は何ももらえず。C指定席でkecoさんと合流。S席のすぐ上だから実にみやすい。これで1600円(ファンクラブ価格)は実にお得である。
 浦野vsディクソンの再戦。浦野はがむばっているけれど、あいかわらずディクソンを打てない。これでは、CSも厳しくなりそうだ。淡々と試合が進み、眠くなってきたので、散歩をかねてイベント広場へ。おふくろの味ということで、稲葉家の味噌カツと谷口家のオムライス、さらに陽くん推薦の小籠包を購入。その他にも、160キロ体験コーナーとかあって、なかなかにぎわっている。以前よりは運営の手際も少しだけよくなってきた。

41
(谷口家のオムライス)

 そうこうしているうちに、平野に被弾すると、Tー岡田にも被弾して0ー3。しかし、その裏、すぐに反撃して、陽くんタイムリー、翔さんタイムリーで2点返して、なおノーアウト1、3塁!稲葉ジャンプ!盛大に決めたいところだったが、稲葉が歩かされてしまい、ノーアウト満塁で、打てそうな雰囲気のない近藤くんが三振すると、いかにも点は入らなそうで、案の定終了。まぁ、本当は、試合はここで事実上終わっていたのかもしれないけれど、8回にカーターが出てきて、3万8000大観衆が不安にかられる中、先頭の駿太を歩かせると、いよいよ終了の気配濃くなり、満塁で交替した石井が押し出し。9回には勝さんまで打たれてだらだらと4時間かけて見苦しい敗戦。1軍に上げたなら、8回は、宮西じゃなかったか?
 ぐったりな負け方だけれど、札幌観戦は、明日で今季最後となるので、ヨーカドーで買い出しをして、ないるさん家に集合。みきさんとかん姉妹も合流して、シーズンファイナル美女オフが開催される。女子DAYにふさわしいイベントである。

51
(試合はぐだぐだ)

 稲葉家の味噌カツや谷口家のオムライスに、北の大地の旬なお刺身やホッケをいただきながら、日本酒もちょこっといただきつつ、シーズンを振り返り、最後は、賢人の放送をみんなであらためて確認し、アレキ問題、伊勢丹のバイヤー問題など勝手なことを言いながらも、賢人の作品であるところの、フルートジュエリーをいただき解散。

Photo
(ないるさん家でシーズンファイナル美女オフ)

|

« 2014/9/13:live image nouveau2014 | トップページ | 2014/9/15:上沢くんプロ初完封! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014/9/13:live image nouveau2014 | トップページ | 2014/9/15:上沢くんプロ初完封! »