« 2014/11/22:ファイターズファンフェスティバル2014 | トップページ | 2014/11/29:東京競馬大敗! »

2014/11/23

2014/11/23:未から午へ

◆札幌→苫小牧→長沼→千歳→横浜:はれ

 今回のお宿はオークラ。一昔前のスタイルのお部屋だけれど、ロビーや朝食会場の雰囲気も含めて、なんだかんだいっても落ち着くのはたしか。お部屋に届けてくれた道スポ持参で朝食ヴァイキング。オークラといえばカリカリベーコン。オムレツ、サラダ、フルーツ、フレンチトースト、オレンジジュース2杯、コーヒー。

Img_2428

 ファンフェスの翌日というのは、優勝した年はパレードがあるわけだけれど、そうじゃないシーズンはヒマであって、例年、日帰り温泉あたりでお茶を濁しているのだけれど、豊平峡も丸駒も滝本も行ってしまったし、ネタ切れ感が否めない。札幌国際スキー場参戦も検討したのだけれど、kecoさんが最後のスキーから25年くらい経つとのことで断念。諸々検討の結果、来年は未年ということで、羊ヶ丘展望台に参戦することに。
 札駅南口からニッポンレンタカーさんで出発。高速に乗るまでもなく東豊線に沿って36号線を南下してドームの交差点を右折すると羊ヶ丘。果たして普段から羊がいるのだろうか?と心配されたのだけれど、ちゃんと展望台のすぐ下に20頭くらい放牧されている。ただし、黙々と草を食べていて、愛想がない。昨日とちがって今日はよく晴れているけれど、展望台の上は北風が冷たく寒すぎる。クラークさんにご挨拶して、ファイターズが北の大地でスタートした10年前の記念碑を見学して早々に撤収。2004年のベンチ入りメムバー全員の手形とサインがあって、金子の引退で当時の選手はみんないなくなってしまったのかなと思いきや、我らがさとぼうがすでに2004年開幕戦にはベンチ入りしていたことが確認された。
 
Img_2431

Img_2432

Img_2435

 36号線を南下して北広島から道央道に少しだけ乗って千歳。来年が羊年なら今年は午年。帰りの飛行機にはまだまだ時間があるので、ノーザンホースパークへ参戦して、以前からあやさんに強くおすすめされていたポニーショーを見学することに。冬の園内は入場無料。お客さんもほとんどいないのでは?と思っていたが、レストランでタマネギカレーをいただいてからポニーショー会場へ行くと、すでに小さな子供を連れたファミリーでけっこうにぎわっている。
 ポニーはけっこうたくさんいて、日替わりで出演するようで、本日の出演は、NHP48総選挙でホースパーク内のすべての動物たちの中で人気第1位を獲得したスーちゃん。しかも、習得したばかりの新ネタを披露してくれるという。アンパンマンのマーチに乗って、軽快?なダンスと障害飛越を披露。まぁ、そんなにすごい技を繰り出すわけではないのだけれど、イルカショーとかとおなじで、お姉さんのトークがすばらしいと、客席も一体になって盛り上がる。キスされた子供が泣き出すなどのハプニングもあったけれど、なかなか楽しめた。

Img_24371

Img_2438

Img_2451

 園内には、たくさんの馬たちがのんびりしているのだけれど、放牧地の中でも1頭格の違いを主張しているのは、3冠馬ディープインパクトの母、ウインドインハーヘア。23歳ということで繁殖を引退してパークで余生を送っているのだけれど、帰りの機内で読んだ翼の王国によれば、半血種の仔馬の乳母をかってでるなどまだまだ元気なようだ。

Img_2454

Img_2455

 旅の最後はやはり日帰り温泉。丸駒や支笏湖は夕方の日帰り入浴はできないようなので、ここも2度目になる長沼温泉へ。地元の人向けの入浴施設だけれど、ここは源泉かけ流し。露天風呂も温度もちょうどよくいつまでも入っていられるし、出てからもしばらくホカホカである。

Img_2457

Img_2456

 337号を戻って少し早めに空港へ。4時すぎにはもう山の向うに日が沈んでしまう。空港のお弁当も食傷気味なので、ラーメンをいただき白鵬の32回目の優勝と呼び出し秀男の引退を確認してANA76便で帰京。

|

« 2014/11/22:ファイターズファンフェスティバル2014 | トップページ | 2014/11/29:東京競馬大敗! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014/11/22:ファイターズファンフェスティバル2014 | トップページ | 2014/11/29:東京競馬大敗! »