« 2015/3/2:社杯打ち上げでまたぐったり | トップページ | 2015/3/8:ロウリュウ参戦 »

2015/03/07

2015/3/7:首都高速中央環状線全線開通!

◆横浜→新木場→練馬→横浜:くもり

 花粉もいよいよ盛大になってきた年度末3月。北陸新幹線の開業もいよいよ来週に迫ってきたけれど、東京生まれ東京育ちの小生としては、北陸新幹線よりも思い入れの強いのが、首都高速中央環状線。2007年の西新宿JCTまでの開通2010年の大橋JCTまでの開通の際も熱く語ってきたけれど、とうとう大井で湾岸線とつながって、全線開通の日を迎えることになった。開通は16時。たまたま新木場にいるkecoさんを拾って、走り初めに。
 新木場から湾岸線西行きでスタート。9号線と11号線の間に10号線もできたので、辰巳、東雲、台場と合流と分岐のくり返し。地方から来た人がディズニーランドから都心へ初めて運転したりしたら本当に難しいだろうと思う。そして、東京港トンネルを抜けて、大井ICからいよいよ開通区間。以前は、1号線上りへの連絡線として使われていた大井JCTの分岐から山手トンネルへ。開通30分後ということで、まだ標識もかけかわってないので、わかりづらい。全長18.2キロというのは、関越トンネルなんかよりもはるかに長いよなぁと思ったら、やはり日本一で、道路トンネルとしては、世界でも第2位になるとのこと。

D150307a

D150307b

D150307c

 山手トンネルは、基本的に山手通りの下を通るのだけれど、前半は、目黒川の下を掘ったとのことで、けっこうなカーブが続き油断できない。ただ、天井が高く照明もけっこう明るいので、閉塞感や圧迫感はなく走りやすい。五反田に出口ができたはずなのだけれど、気がつかないうちにすぎてしまって、あっという間に大橋JCTへ。ここまでの9.4キロが新規開通区間。

D150307d

 山手トンネルをそのまま北へ。5年前に開通した区間を通過し、西新宿JCT。ここからは、7年前に開通した区間で、すでにけっこう使い込まれている感じだし、トンネルの形も違う。工法などもいろいろあるのだろうか。タモリさんにでも教えてもらいたいところである。
 大井からゆっくり走っても15分くらいで、早くもだいこんの街が近づいてきたので、西池袋ICで山手通りへ。kecoさんはクルマに乗らないからあんまり関係ないけど、山手トンネルの開通で、だいこんの街から、みなとみらい、羽田、お台場、千葉マリンなどはずいぶん短縮されそうだ。
 まだ明るいうちにだいこんの街に到着して、せっかくなので、野中さんへ参戦。炭火の上に網をおいて、アジとかフグとかサヨリとかを焼く。これが雰囲気もあってすばらしい。周囲のお客さんもけっこうみんな焼いている。地元のkecoさんも知らなかったというから新メニューなのだろうか。春の天ぷらは山菜が美味。もちろんお蕎麦も美味しい。クルマなので飲めないのがあまりにも遺憾。バーバーつばめ問題、鹿児島はそんなに楽しいのか問題、同じスカーフを売り続けるA社にも問題があるのではないか問題など検討して早めに撤収。

Img_3009

Img_3010

 帰りも同じルートをもう1回走って、大井から湾岸線で帰宅。子供の頃、高松出口ができて、これが将来の中央環状線になると聞いて、あるいは、3号線池尻で上下線が離れているのは、中央環状線の分岐のためと聞いてワクワクしてから30年以上、山手通りの拡幅から始まって、よくぞまぁ完成したものである。小菅ー堀切と同様に、熊野町ー板橋が5号線と重複しているのに3車線しかないので、当面この区間の渋滞は必死だけれど、4車線化工事もすでに始まったようだ。圏央道も来年度中にはかなりのところまでつながるし、絶対に無理だろうと思っていた外かんも東名までは、五輪に向けて動き出した。これに横浜環状北西線ができれば、東名と湾岸がつながるので実質的には3つめの輪になる。個人的には、北の大地と沖縄以外ではほとんど運転しなくなってしまったけれど、子供の頃の夢の実現はうれしいものだ。

Img_3011

Img_3020

Img_3022

Img_3043

D150307x

2007/12/22:東京っ子の夢、中央環状新宿線奇跡の開通!

2010/3/28:のぞみ、つながる。未来へ、つながる。~中央環状線、奇跡の開通Part2~

|

« 2015/3/2:社杯打ち上げでまたぐったり | トップページ | 2015/3/8:ロウリュウ参戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015/3/2:社杯打ち上げでまたぐったり | トップページ | 2015/3/8:ロウリュウ参戦 »