« 2015/3/14:斉藤由貴 30TH ANNIVERSERY CONCERT♪ & 北陸新幹線開業! | トップページ | 2015/3/21:カーリング世界選手権観戦! »

2015/03/15

2015/3/15:越乃Shu*Kuraで乾杯♪

◆金沢→上越→十日町→東京→横浜:はれときどきくもり:12967歩

 5時45分起床。朝食ヴァイキングをたっぷりいただいて6時40分チェックアウト。一夜明けて少し落ち着いた朝の金沢駅からIRいしかわ鉄道で出発。一昨日までの北陸本線であって、券売機こそ独立したものの、改札もJR在来線といっしょだし、車両もJR車両だった。貨物列車を先に通してから出発。東北線や北陸線まで第3セクターに分離してしまったのは、正直どうかと思うけれど、地方分権にはそういう側面もあるのだろうから、がむばってもらうしかない。倶利伽羅から先は、あいの風とやま鉄道になるのだけれど、県境の駅には何もなく乗務員交替もなかった。そういえば、車掌の放送にも、特に新会社をPRしている感じもない。当面は、ほとんどJR運行ということなのだろうか。

Img_3102
(IRいしかわ鉄道として再出発)

Img_3103
(ホームもJRと共用)

Img_3104
(車両も変わらず)

Img_3105
(県境=会社境ですが、特に変化なし)

 高岡で3分乗り換えで城端線へ。こちらはJR。本線が分離されて、支線が飛び地のようにJRで残るという妙なことになってしまう。我孫子先生の故郷ということで、忍者はっとりくん仕様のキハで一駅、新幹線乗り換え駅として新設された新高岡へ。在来線側は無人駅。

Img_3107
(JR城端線は忍者ハットリくん)

Img_3108
(新高岡駅)

 8時12分発のつるぎ702号で富山へ向かう。金沢ー富山間シャトルのつるぎ号だけれど、いかにも供給過剰。2号車自由席は、定員100名に対して小生ともう一人だけで乗車率2%。前途多難だよなぁと思っているとわずか9分でもう富山到着。たしかにこれは早い。早いけどね。

Img_3110
(つるぎ号)

Img_3113
(がらがら・・・)

 富山駅も朝から郷土芸能の方々やらチンドン屋らが盛大。特筆すべきは、新幹線開業にあわせて、路面電車が駅構内へ乗り入れたことで、これはすばらしいこと。新幹線降りたら、目の前に路面電車が止まっている。市内の公共交通はこうあるべきだよね。さすがは、コンパクトシティを提唱する富山市。いずれは、北側のライトレールともつながるはずでこれからも期待したい。

Img_3122
(風の盆でお出迎え)

Img_3120
(富山駅も工事がほぼ完成)

Img_3115
(路面電車が駅構内に乗り入れて便利になりました)

 富山からは、はくたか556号。これで新しい列車に一通り乗ることになる。こちらは指定席をとっておいたけれど、富山発車時点で乗車率は3割くらいかしら。まぁ、長野まで各駅停車だから途中のお客さんを拾っていくのだけどね。糸魚川付近は、海が近くて、新幹線の車窓からこれだけ海が見えるのはけっこう貴重。40分弱の乗車で上越妙高に到着。

Img_3124
(富山から)

Img_3123
(はくたか号で)

Img_3125
(さらに東へ)

Img_3140
(糸魚川付近、海が見えます)

Img_3141
(上越妙高到着)

 目の前に雪をいただいた山々が美しい上越妙高駅。ここからの信越線は、越後トキメキ鉄道。そして、本日のお目当ては、日本酒トレイン、越乃Shu*Kuraさん。キハ40改造の3両編成で、1号車が団体専用、2号車がイベントカウンター、小生は3号車普通車。出発前からさっそく、カウンターで飲みくらべセットを購入して自席へ。グッズも充実。

Img_3145
(美しい駅前の景色)

Img_3144
(これに乗ります!)

Img_3146
(ここの在来線は、越後トキメキ鉄道)

Img_3148
(キハ40改造の)

Img_3149
(越乃Shu*Kuraで)

Img_3147
(十日町をめざします)

Img_3153
(さっそく飲み比べセットを購入して)

Img_3156
(指定席で)

Img_3155
(いただきます♪)

 9時51分定刻の出発。雪景色に春の陽射しがまぶしい。考えてみればまだ10時前なんだけれど、飲まずにはいられない雰囲気。高田、直江津で車内もほぼ満席になった模様。
 直江津からは日本海に沿って進む。イベントカウンターでは、クラシックとジャズの生演奏。途中、青海川駅は、日本海にもっとも近い駅のキャッチフレーズで、目の前が海。列車交換のため8分停車がうれしい。みなさん思い思いに記念撮影。無料のふるまい酒も配られている。お天気にも恵まれて最高の気分。飲もう!飲もうじゃないか!

Img_3163
(青海川駅到着)

Img_3166
(日本海が目の前)

Img_3168
(停車時間があるので一休み)

 青海川を出ると、今度は、日本酒カクテルの実演。こちらも無料でいただける。のどかな景色をバックをバックに桜色の美しいカクテルを堪能♪

Img_3170
(クラシックとジャズの演奏)

Img_3173
(シャカシャカとやって)

Img_3174
(オリジナルカクテルがふるまわれます)

Img_3181
(雪景色をバックに♪)

 長岡でスイッチバックして、上越線から飯山線に入る。日本有数の豪雪地帯で、今日はポカポカ陽気だけど、線路沿いの雪はまだまだ高い。今度は雪見酒。いろんな企画列車に乗ってきたけれど、ホント、これ最高ですよ。快速だから、乗車券と指定席で3000円くらいだしね。そんなに飲めない小生でもこんなに楽しいんだから、ホント、飲んべえにはこたえられないと思いますです。

Img_3188
(飯山線に入ると雪が深くなります)

 まったく退屈しない2時間半で十日町到着。少し時間があるので、駅前でざるそば。これも手打ち蕎麦でなかなかのお味で満足。

Img_3190
(終点十日町到着)

Img_3191
(また踊りのお出迎え)

Img_3192
(駅前のお蕎麦も美味)

 十日町からは、飯山線ではなくて、ほくほく線へ。旧はくたかが廃止になって、過疎地のローカル鉄道になってしまったので、応援しておかないと。ゆめぞら号は、トンネルばかりのほくほく線の特徴を利用して、トンネル内で、天井に星空を上映。特急も走っていた高規格路線なので、普通列車もびゅんびゅん飛ばす。意外とお客さんも多くてうれしい。

Img_3193
(がんばれほくほく線)

Img_3197
(ゆめぞら号は、天井に星空を投影)

Img_3203
(六日町到着)

 六日町で上越線に乗り換え。ほんと天気がいいので、スキー場見てるとちょっと滑りたくなるよね。越後湯沢からは、上越新幹線。北陸新幹線開業で本数も減らされ、車両もお古ばかりですっかり影が薄くなってしまったけど、とき号は、なんと指定席満席。はくたかもつるぎもガラガラだったのにね。飛行機との競争がないので低サービスであぐらをかいてる感が強いけれど、これだけ乗ってくれるなら、速達列車を増やしたり、車両をグレードアップしたり大事にして欲しいものだ。

Img_3204
(とき号満席!)

 上野で降りて、締めくくりは、上野東京ライン。ちょうど特急が来るようなので、贅沢だけど、品川まで新着席システムも体験。もっとも、直前で購入したせいか、小生の席のランプは緑(販売済み)にならなかった。自由席を廃止して、売れなかった席を開放するこのしくみは、慣れれば絶対合理的で公平なので、今後、どんどん広げてほしい。
 品川駅は、かつての臨時ホームが常磐線折り返し用に活用されている。横須賀線に乗り換えて、ちょっと早いけど、お墓参りもすませて17時すぎには帰宅。充実の週末。

Img_3207
(しめくくりは、上野東京ライン)

Img_3211
(ひたち号で)

Img_3214
(新着席システム体験)

Img_3213
(指定席を購入するもなぜかランプは点かず)

|

« 2015/3/14:斉藤由貴 30TH ANNIVERSERY CONCERT♪ & 北陸新幹線開業! | トップページ | 2015/3/21:カーリング世界選手権観戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015/3/14:斉藤由貴 30TH ANNIVERSERY CONCERT♪ & 北陸新幹線開業! | トップページ | 2015/3/21:カーリング世界選手権観戦! »